遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

生活を彩る花もあれば、散りゆく花も・・・

春の魅力の一つは花々の多さだろう。
ウォーキングやジョギングのときに、いろんな花々を見かけ心がなごむ。

その際に、野に咲く花々の一片だけを頂戴し、食卓に添えている。
ほんの一片の花々で部屋は輝き、食卓は豊かさに彩られる。
草花のもつパワーは凄い。
f0155477_09363875.jpg


f0155477_09365292.jpg


f0155477_09370868.jpg


このところヨメの母の具合が悪く、まさに散ろうとしている。
痴呆症がすすみ、介護施設に入りすでに長いのだが、いよいよ終末期を迎えたようだ。

10数年前に父と母は、なぜか同時に痴呆となり、最初は父母の家にヘルパーを付けた。
痴呆は日々進み、ヨメとヘルパーの手に負えなくなり、二人を介護施設にあずけた。

介護施設にあずけるころには、なにもわからなくなっていたが、二人が少しでも快適に暮らせるようにと、高級な介護施設に別々の部屋を用意してあげた。

とうぜん月々の費用は高価だった。
部屋代、食事代、医療代、オムツなどもろもろの雑費、諸経費など合わせると一人月額30万円くらいかかり、二人で毎月60万円が必要だった。

父は施設暮らし3年目で亡くなり、母はすでに10年を超えいまだ施設で暮らしている。
その間、何度も母は大病を患い、介護施設と病院の行き来も繰り返した。
もちろん理解できぬ本人も大変だったろうが、長い間いろんな山ほどの雑用をこなしてきたヨメも、精神的にさらに大変だったと思う。

母は、ここ5年くらいは、食事の時以外、ほぼベッドに横になり寝ている。
ヨメの心中では、それこそ来る日も来る日も何年もかけ、母の看取りを続けてきたと思う。

母のベッドの横に座るたびに、一時間でも母の手や足や背中をマッサージをし、あるいはさすっているのは、別れを肌で感じ会話をしているのであろう。

不思議なもので、ヨメが触るときだけは母は目を覚まし、ヨメをじっと見ている。
なにもわからない母がである。
夫婦の、あるいは親子のスキンシップって、何か理屈ではなものがあるのだと思う。

サクラから始まり、春のいろんな花々の美しさに心打たれているが、その美しさが大きいほど、散り際の悲しさや寂しさが、いつもの年より強く辛く感じている。


# by hiriver | 2018-04-23 20:50 | 日本あれこれ

天神の居酒屋でお昼を

この日は家でランチを作る意欲がなかったので、天神に出てお昼から開いている居酒屋で酒の肴と冷酒とビール。

まずは春野菜の煮凝りと野菜サラダをオーダー、そして生ビール。

f0155477_21140392.jpg


f0155477_21141442.jpg



これでビールを飲んでいると、オーダーしていたイカシューマイとギョーザが・・・

f0155477_21254625.jpg


f0155477_21255857.jpg


次にオーダーしていたのは揚物で、季節的に最後であろうカキフライと鶏のから揚げ。

f0155477_21282738.jpg

f0155477_21284074.jpg

から揚げのあとは肉、カモ肉と牛ヒレをローストで。

f0155477_21320411.jpg

f0155477_21321588.jpg

両方ともウエルダンでオーダーしたのだが・・・まあカモ肉のほうはギリギリ我慢できるが、牛ヒレのほうは赤すぎたので再度やり直しさせた。

いい肉なので味は申し分なし、甘口の冷酒で。

どういうわけか最後に、季節の天麩羅の盛り合わせとレタスの焼きめしを出してもらった。

f0155477_21415564.jpg

f0155477_21421277.jpg

食べ過ぎである、量を食べたということはそれだけアルコールも飲んでいるので眠たくなったが、ヨメの手前そんなことはいえぬ。

彼女は飲まぬので、昼食後のデパート巡り気分、満々である。
私が、酔ったなどとヘタなこと言うと「さっさと一人で帰ってもらっていいわヨ」、と無視されそうなので気力を奮い立たせる。

30分ほどしてスタバでコーヒーを飲み、やっと気力充実。

ウィーンドーショッピングをしていたら、イヤリングとネックレスを一つづつヨメが購入。
勢いづいたのか、ヨメはベットの横に置く、高さが160㎝ほどのお洒落なLED電気スタンドを捜し始めた。

本虫のヨメは、ベッドで本を読むことが多い。
寝る前に、あるいは深夜目が覚めたら、あるいは早朝に、と時間をかまわず本を読んでいる。
そのため毎週、図書館から10冊の本を借りてくるのだが、それを4~5日で読み上げるので、私の図書カードもヨメに貸している状態。

で、本を読むための、お洒落な電気スタンドが欲しいのだろう、そして好みの品を見つけ購入。
いままで使用していた、枕元のテーブル用電気スタンドは廃棄するという。

ならばと、私の枕元で現在使用しているテーブル用電気スタンドも廃棄し、私もLEDテーブル電気スタンドを購入することにした。

新しい物を買うのはすごく嬉しい。
家の中の備品はすでに飽和状態なので、ほとんど新規に欲しい物はない。
だからたまに購入目的があり、品物を見て廻るのは精神が高揚する。
物を買う歓びというのは、値段の高低ではないとあらためて感じた。

ただし、一つ買ったら必ず一つ捨てる、の精神を忘れてはいけない。



# by hiriver | 2018-04-19 20:50 | 日本あれこれ

サクラの次は可愛いチューリップが咲いた

サクラの季節が終わり、次はチューリップが全開である。

毎日、我が家の目の前にある大濠公園で早朝トレーニングをしているのだが、この時期になると公園中央にある大きな湖の廻りには、ボランティアの人達が色とりどりのチューリップを育てており、おかげで可愛く清楚に咲いているチューリップが楽しめる。

f0155477_09085364.jpg

f0155477_09090475.jpg

f0155477_09091358.jpg

陽気のせいか3日に空けず天神に出かけ、ウィーンドーショッピングをしたりコーヒーを飲んだりしている。

天神をご存知ない方もおられようから説明しておくと、天神はデパートやビル群が建ち並ぶ九州一の繁華街である。

その天神までは、歩いて20分くらいなので、ヨメは当たり前のように往復を歩く。
私は当たり前のように往復ともバスか地下鉄を利用し、ヨメと天神で待ち合わせをする。

家で昼食を食べて天神に行くことがほとんどなので、ヨメも私もすでに朝のジョギングやウォーキングを終えている。
だから昼食後さらに、歩いて行こうよ!とヨメに云われても、私は無理である。

だって天神に着いてからもショッピングで歩き回るのである。
そりゃ~、無理も無理、大無理若葉である??

そんな辛い思いをするなら、家で昼寝をしておくよ!と云い、バスに乗ることを主張する。

そして天神に着きヨメと合流したら、バスで来た私は疲れたといい、まずスタバでコーヒーを飲む。

そのあと街を徘徊するのだが、そうすると今度は菓子やアイスクリーム好きのヨメが、私を強引に甘味処へ連れ込む。
若い時なら、私が違うところに強引に連れ込んでいたのだが・・・R15指定。

この日のお昼は揚物。

出来立ての揚物は文句なしにウマイ。
そして口を火傷しそうなほど熱々の揚物をかじって、ビールを飲む満足度はたまらぬ。

ヨメはアジフライ定食、私はチキンの南蛮漬け。


f0155477_09201991.jpg

f0155477_09204678.jpg

ヨメと早朝のトレーニングをし、自然の美しさに身をおき、美味しい空気をたくさんいただき、なんでもない食事を食べ、街歩きを楽しみ、疲れるとコーヒー休憩・・・

こんな普通の日常を、ヨメと毎日楽しく過ごしている。
これ以上の幸せはないと思っている。

一年中、国内外を旅しているが、そんなことは付け足しにすぎぬし、人生に変化と刺激を加えているにすぎぬ。

ヨメと二人、健康で楽しい生活が送れるならば、どこにいようとかまわぬと思っている。



# by hiriver | 2018-04-15 20:50 | 日本あれこれ

ああ、ジャム作りが止まらない

つい先日、大量のマーマーレードジャムを作ったのだが、近くの果物屋さんの前を通ったら、美味しそうなキウイフルーツと真っ赤なあまおうイチゴが、ジャムにして!と私を手招きしているように見えたので、え~いと多めに購入してしまった。

キウイは一歩間違うと、顔と口が歪むほどすっぱい物を買ってしまう。
口が歪むほどすっぱい果物は、多めのグラニュー糖を入れジャムにしてもすっぱさがそのまま残り、美味しい出来上がりとはならぬ。

ジャム作りをUPするときにいつも書いているが、必ず果物は完熟かほぼ完熟にちかい物を購入せぬと、風味豊かな美味しいジャムとはならぬ。

かといつて、完熟がすすみ過ぎた腐りかけの安物で作ろうなんて甘い考えは止めた方がいい。
美味しくないし日持ちがしない、ちゃんとした果物で作ると冷蔵庫で1か月~1か月半は楽に保管できるし美味しさは続く。

すっぱいキウイの話に戻すが・・・
かといってゴールデンキウイのように、1個で100円以上もするような高価な品は生でそのまま食べるのが常識で、ジャムにするにはもったいない。

ジャムにするには普通のキウイでいいので、そこそこ甘いか店の人に聞くか、家でキズを入れナメて顔が歪んだら数日間ベランダに置いておくとジャム作りにOKの状態になる。

で、今回のジャム作り・・・
イチゴは3パック、キウイは18個。

イチゴはヘタを取り中指の先っぽくらいに切り分け、キウイは皮をむきイチゴと同じくらいの大きさにカット。
f0155477_16223691.jpg


f0155477_16222577.jpg


これにそれぞれ、果物の量の3~4割のグラニュー糖と大さじ2杯程度のレモンを入れ、全体にまぶし15~30分置いてく。

f0155477_16224897.jpg


すると果汁が出てきて浮き上がってくる。

f0155477_16312414.jpg


果汁が出たら、あとは強火にかけ沸騰したら中火にし、ヘラで果実をつぶしながら15分くらい煮ると出来上がり。

f0155477_16571794.jpg

f0155477_16581594.jpg


出来上がった直後のジャムはかなりサラサラで水ぽいが、冷蔵庫で一日寝かせると柔らかいジェリー状になりバッチリOK.

あとは熱々でカリカリの、バターをぬったトーストにたっぷりのせて食べるだけ。
混じりっけなしの、果実100%のジャムの美味しさを存分に知ることになる。
市販のどんな高価なジャムも、まったくかなわぬ美味しさ。

いろんなジャムをどんどん作り、ジャム屋さんをしょうかいな!?という気分だ。


# by hiriver | 2018-04-11 20:50 | 日本あれこれ

春の庭園で開放的な気分に

この日も春の陽気に誘われて、昼食の後に友泉亭へ庭を見に行こうということになった。

昼食は歩いて3分のところにある寿司屋さん。
オーナーは福岡の有名寿司店で修業を積んでおり、私のお気に入りの一軒。
この日はランチセットをオーダー。

まずは茶わん蒸しからスタート。
そのあとアルコールがすすむ酒の肴とおかずの盆が出るのだが、この日は食後に友泉亭園に行くので、アルコールは泣く泣く我慢。                                                              
             
f0155477_12401632.jpg



f0155477_12403005.jpg


毎度ことながら美味しく頂戴。
ビールをコップ1杯でいいから欲しかったな、と店を出てもみれんが残る。

食後は予定どうりに・・・
我が家から車で10分のところに、友泉亭公園なるものがある。
友泉亭公園(有料)は黒田藩のお殿様の別荘で、中に入ると別世界が広がっている。

だいたいどの県にも昔の城や城跡があろう、さすれば当時のお殿様が使用していた別荘も存在していると思う。

その別荘内に広がる閑静で粋な庭園を拝見し、さらに別荘内でぜんざいとお茶でも頂戴しながら休憩しようと出かけた。

ちなみに黒田藩(福岡城のお殿様)初代城主は、数年前にNHK大河ドラマで扱われた黒田半兵衛(岡田准一主演)である。


f0155477_12141996.jpg

f0155477_12143494.jpg

f0155477_12153694.jpg

f0155477_12160934.jpg

f0155477_12164416.jpg

f0155477_12170031.jpg

f0155477_12173698.jpg

心地よい陽射しの陽気に誘われて、春を体一杯に感じることができた。

寒い冬を抜けた今の時期は、自然の中かに身を置くと色んなもので春の息吹を感じる。

柔らかい木漏れ日、樹々や野草の新芽や新緑や花々、鳥のさえずり、水の流れさえも春を感じるから不思議だ。



# by hiriver | 2018-04-07 20:50 | 日本あれこれ