遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:ハワイ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:アメリカ
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:トルコ
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:ニュージーランド
旅行:インド 
旅行:グアム
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

2019年ホーチミン1か月間暮らし⑤ 近代化が進んでもホーチミンの匂いは不変

ベトナムの食の代表の一つが、フォーであろう。
フォーはベトナムの国民食で、日本でいえば、ニュー麺、あるいはうどんというところか。

f0155477_10040185.jpg

f0155477_10041652.jpg

f0155477_17031358.jpg

こちらの人は、朝から晩までフォーを食べており、もちろん小腹が空いたときなどにピッタリ。
フォーの醍醐味は、クラクラするほど暑い炎天下で、熱々の丼の中にライムを絞り入れ、輪切りの唐辛子を放り込み、パクチーを入れ、噴き出す汗を拭いながら食べることである。
フォーは軽食のせいか腹にたまらぬので、私も街歩きの際によく食べるが、あら不思議、食べ終わると身体が爽やかで元気になる。

ホーチミンの街歩きで感じるのが、確かに都市自体は猛烈に近代化が進んでいるのだが、昔ながらのホーチミンを色濃く残す街の情景にここかしこで出会う。
もちろん生活がどんどん便利になっていくほうが、べトナムの人達にはいいのだろうが、昔ながらの匂いを感じる街の情景のほうが私は好きだ。
でも自分が生活する環境は、最新の超贅沢なマンションがいい。
なんてったって、旅行者は、自分に都合がいい好き勝手なこと云うから困る。

f0155477_10214418.jpg

f0155477_10222639.jpg

f0155477_10224999.jpg

f0155477_10231731.jpg

ベトナムはコーヒーの一大産地で、その美味しさは世界的にも有名である。
だから街の中は、いたるところにいろんなカフェがあり、そこに男たちは一日中たむろしている、もちろんたむろしているのは場末のチープなカフェだが。

ベトナムの女性は働き者なので、女性はカフェでのんびりなんてしない。
ベトナムは、女性は生活力旺盛で、男はヒモ状態が多そうだ。

話を、べトナムのコーヒーは美味しい!に戻す。
いまでは、海外のコーヒー専門店もたくさん進出してきて、紙コップで出すところも増えたが、べトナム本来の正調コーヒー抽出方式にこだわるカフェもたくさんある。

f0155477_10482774.jpg

私が勝手に正調べトナムコーヒー抽出方式と呼んでいるのが上の写真。
お客が、一人づつ目の前でドリップして飲む。

ただし正調べトナムコーヒーは黙っていると、最初からグラスの中に1~2㎝の練乳が入ったものを出され、その上からコーヒーをドリップし、ドリップが終わるとスプーンで混ぜて飲むのだが、とうぜん死ぬほど甘い。
ブラックコーヒーしか飲まぬ私は、これに最初大失敗し、一口飲んでギブアップした思い出がある。

ベトナムの食といえば、何といっても数十種にものぼる春巻き。
その春巻きすべてが食せる、春巻き専門店のWrap&Rollを紹介。

f0155477_17202079.jpg

まずは春巻きが出来るのを待つ間のビールの肴に、青マンゴーのピリ辛サラダをオーダー(タイでいうソムタム)、干しエビやピーナツがかかり私の大好きなおつまみで、エビせん付き。

f0155477_17303607.jpg

そして、揚げ春巻きや生春巻きなど6種の春巻きをオーダー。
ベトナム料理は、それぞれ山のように生野菜が付くのでとても健康的である。

f0155477_17211002.jpg

f0155477_17224713.png

そしてお決まりのバインセオ。
大型のフライパンを半分に折ったほど、円形座布団を半分に折ったほど、毎度そう思うほど大きいこの店のバインセオ。
玉子地のパリパリの薄皮の中に、各種野菜や豚肉やエビが入っているベトナム風お好み焼なのだが、大好きなのでどこの食事処でもオーダーすることが多い。

f0155477_17333815.jpg

鶏とキノコの五目ご飯のクレイポット炊き。

f0155477_17443373.jpg

この味は、ほとんど日本の五目御飯、だから食べるほどに胃が落ち着くから恐ろしい。

過剰オーダーし、さらにビールを浴びるほど飲むのだから、毎食後反省しきりである。
ベトナム食が美味しいのがいけない、昼食は毎日必ず外食をしているのだが、その度に料理を過剰オーダーし過ぎる私の性格に問題があるのかも。

なのでホーチミンに来てからは、私もヨメにならい、夕食を100%抜いている。
夕刻以降は、ひたすらウィスキーを飲むだけだ。
夕食を抜いて、ひたすらウィスキーを飲んでいることが、逆にいいのか悪いのかよく判らぬが・・・



# by hiriver | 2019-03-07 20:50 | 旅行:ベトナム

2019ホーチミン1か月間暮らし④ ホーチミンの朝は早い、朝市に買い物

いつものように早朝5時前に起き、洗顔と朝食を済ませ、この日はジムで汗を流す前に、朝市に果物などを買いに出た、まだAM6:00前である。

ホーチミンの朝は早く、朝市はAM5:00前からやっているし、勤め人のバイクはすでに道路に溢れている。
というか、ホーチミンではバイクが一日中、蟻の大群状態で溢れている。
みんな、なんばしょうとかいなね~?

f0155477_09532330.jpg

f0155477_09534251.jpg

いやはや、そのバイクの群団がハンパない。
毎日の街歩きは、こんな危険地帯を何度も何度も、エイヤー!と横断しなくてはならぬ。

いまでは私も現地人並みに、というかそれ以上に慣れたもので、疾走するバイク群団の中に我が身を放り出す度胸と覚悟ができた。
コツは、疾走するバイクと自動車の前に我が身を放り出したら、同じスピードで歩き続けること、そしたらバイクや自動車のほうがこちらの一定の動きを予測し、すれっすれで無事よけてくれる。
もちろんすれっすれなので、我が身の前後左右に死の風を感じる。

もし自殺志願者がいたら、ホーチミンに来てタイミングの悪い歩き方をするといい、簡単に轢いてくれるよ。
ただし本懐を遂げず、寝たっきりの人生も覚悟しておかねばね。
私の云うことだから、当てになるハズがないが。

朝市に到着。
一帯は早朝から熱気と人いきれでむせ返り、バイクの警笛と人々の大声などが入り混じり、活気が爆発している。


f0155477_10145239.jpg

f0155477_10151126.jpg

f0155477_10152900.png

f0155477_10161658.jpg

f0155477_10162890.jpg

朝市の果物は極めつけに安い。
マンゴー、パパイア、ドラゴンフルーツ、バナナの房などみな量り売りだが、一番巨大なものを選んでも1つ100円程度だから安さに驚く。

で、おもしろいのは、支払いの際にお釣りの端数がでると、小銭の準備がないのであろうが、お釣り分を、ほうれん草やネギでくれる。
ネギもらって、ど~するのよ!と思いながらも、そこはそれ、にっこり笑ってサンキューと云うのが旅行者の礼儀。
あーた、お釣りたって5円前後とか10円程度である、男がそれをもらってど~するのよ。

ホーチミン1か月間暮らしと書いているが、正確には40日を暮らす。
40日間、毎日、昼食は外で食べるのだが、それでも私のお気に入りの食事処の半分も回れぬのが辛い。
さらに自分が行った食事処の中でも、このブログにUPできるのはせいぜい1割程度だろう、なぜならUPの回数が限られているからだ。

ホーチミンにお気に入りの美食処数あれど、その中でも私のベスト3の一軒がニャーハンゴン。
この美食処に行くと、全部は食べきれぬと思いながらも、気分が舞い上がり過剰オーダーをしてしまう。
店の雰囲気は抜群である。

f0155477_09551504.jpg

f0155477_09554596.jpg

f0155477_09560224.jpg

f0155477_09562137.jpg

ゆっくりとメニューを見るために、まず飲み物をオーダー、ヨメがチャダー(蓮の葉のお茶)で私がサイゴンビール。

f0155477_11053540.jpg

最初は、はやっぱりべトナム名物の、美味しい揚げ春巻きと生春巻きから・・・

f0155477_10422344.jpg

f0155477_10423472.jpg

ベトナム料理名物といえば、薄皮の卵生地に野菜やエビや肉をたっぷり挟んだ、べトナムお好み焼:バインセオ。

f0155477_10460999.jpg

新鮮なプリプリのエビの串焼き。

f0155477_10484257.jpg

私の一押しはグリルド・チキン、この地鶏のBBQは、鶏のクセも臭みもまったくない鶏本来の究極のうまさを味わえる。
ちなみに私は、この食事処に来たら、揚げ春巻きとグリルド・チキンだけは必ずオーダーする。


f0155477_10582777.jpg

平打ち麺を使ったベトナム風焼きそば、タイでいうところのパッタイ。
たくさんの野菜とたっぷりの牛肉が入ったヨメの大好物の一品。


f0155477_11024683.jpg

あまりの美味しさに、結局すべての皿を二人でペロリと食べあげた。
やはりニャーハンゴンに来ると満足度が違う。
この店は、滞在中に何度か訪れぬともったいないと思っている。

ホーチミンに来ると、繰り返し行きたい、美味しいお気に入りの食事処が多過ぎて、それはそれで頭をかかえる。
こりゃ~、来年からは、ホーチミン2か月間暮らしをせぬと、気が済まぬかな!?
せっかちで、気が早い私は、すでにそんなことをふと考えた。



# by hiriver | 2019-03-03 20:50 | 旅行:ベトナム

2019年ホーチミン1か月間暮らし③ 名所と蟹料理で舌鼓

私の宿泊先の近くから、ホーチミン市内の観光名所は始まる。

ホーチミンはミニ・パリともいわれるほど、食だけではなく美しいヨーロッパ様式の建造物が目を引く。
まずは気品ある立ち姿が美しい「サイゴン聖母大聖堂」から。

f0155477_09550514.jpg

次はこの大聖堂と向かい合う、あのパリの建築家エッフェルが手掛けた「サイゴン中央郵便局」。

f0155477_09592484.jpg

街歩きで紹介しておかなくてはならぬのが、ホーチミン像が街を見守る、フランスのコロニアル様式が美しい「人民委員会庁舎」。

f0155477_10115789.jpg

f0155477_10122413.jpg

美しいコロニアル様式ついでに、ドンコイ通りに建つ「ホーチミン市民劇場」も紹介、サイゴン・オペラハウスとも言う。

f0155477_10201028.jpg

ホーチミンの街歩きをすると、フランス占領下時代が、食に文化に建造物にいい意味でいまだ色濃く残っている。
パリ大好き人間の私が、ホーチミンに毎年訪れるのは、フランス文化の香りがするからなのかも知れぬ。


ホーチミンの数ある楽しみな食事処の一軒が「クワン94」。
クワン94は、蟹料理の名店であり、どの料理も蟹の身だらけで圧倒される。
一度食べると、とうぶんは蟹は遠慮します!というくらいこれでもかと蟹だらけである。
でも、1か月間暮らしの間に2~3度は行く予定なので、早々に1回目を行くことにした。

ホーチミンの食事処は、料理をオーダーすると、まず大量の野菜がテーブルに運ばれる、そのうえおかわり自由だよ。
いやはや、その健康的な食のスタイルに感心する。

クワン94ではまず、野菜の盛り合わせ、ウリの酢漬け(good)、ライムと唐辛子、ブン(米粉の麺)、これらすべておかわり自由のサービスである。


f0155477_10552803.jpg

まずは蟹のスープから・・・

f0155477_10564458.jpg

次は、ソフトシェルクラブのフライ。

f0155477_10575021.jpg

そして何といっても一押しは、蟹の揚げ春巻き。

f0155477_10592302.jpg

で、もう一品が蟹と春雨炒め。

f0155477_11004990.gif

はっきり云って、どの料理も蟹が入り過ぎで、蟹のほうが多い、揚げ春巻きなんて中は蟹だけ。
いい加減にしろ!というくらい蟹、蟹、蟹だらけである。
ある意味、うんざりする、が、心意気が嬉しい。

言っておくが、二人で注文するなら、たくさんあるメニューの中から2品でいい、私みたいに4品もオーダーすると後悔するよ。
私はバカだから、蟹に舞い上がり毎度4品はオーダーしてしまう。
ヨメは4品は多過ぎと判っているが、私に呆れて黙っているというか、あきらめている。

悲しいかな、食に関しては、私はいつまでもド素人である。
だからホテルなどのバイキングに行くと私は興奮し、皿に各料理をどれだけ乗せると残さずに食べることができるかが判断できぬようになる。

ヨメに云わせると、私にはバイキングの学習能力が皆無らしい。
たしかにヨメの食後の皿を見ると、見事にすべての料理がなくなる。
ヨメは大食いなので、何度も料理のお代わりに立つが、それでも自分の皿に乗せた料理は綺麗に完食するので、じつに食べ方が美しい。

学習能力がない私の皿は、いろんな料理の残骸で見苦しい。
そんなアホでマヌケな私の皿の残骸は、ヨメが必ずすべて食べてくれる。
なのでいつもヨメに云われるのは、小学生を連れてきているみたいだ、である。
そりゃ~、ないだろう、オマエ。

たしかにバイキングに行き、私は興奮し、最初にドリンクバーの前で、立ったままオレンジジュースを3杯もたて続けに飲み、それがたたり皿に美味しい料理を盛りだす頃にはすでにお腹が一杯となり、ほとんど手を付けず全部残した経験がある。
この時に限って、1人3500円もするランチバイキングだった。
そうとう昔のことだが、ヨメはこのときから私のバイキング作法をまったく信用していないようだ。

話が、逸れたので、ホーチミンの続きは次回。



# by hiriver | 2019-02-27 20:50 | 旅行:ベトナム

2019年ホーチミン1か月間暮らし② ホーチミンでの日常が始まった

寒さに超弱な私にとっては、2月中旬の極寒4度の福岡は地獄なので、今年も一日千秋の思いでホーチミン行きを指折り数え、やっとその日を迎え機上の人となった。
やっぱり、ホーチミンは連日35℃超えが当たり前の、刺すように痛い陽射しが容赦なく降りそそぐ天国であった。

こうなると私の格好はもちろん、半袖、短パン、ゾーリ、サングラス、野球帽と強気である。
それでも真夏なみの陽射を浴びると、汗は吹き出し、頭はクラリとする。
これが南国の醍醐味であり、待ってました!である。
う~ん、気持ち良くて、たまらんぜ!

毎年、ホーチミン暮らしでの、日常のスケジュールは毎日ほぼ同じである。

早朝5時前に起き、洗顔し朝食。
なんでそんなに早く起きるの?って、そりゃ~早く寝るからである。
何で早く寝るかは、このあとわかります。

朝食を終え、6時からの1時間は、ヨメとスポーツジムで汗を流す。
部屋に戻り、熱い風呂に入り恍惚。

9時過ぎに街に繰り出し、午後2~3時頃にはサービス・アパートメントに戻る、この間に毎日ほぼ1万5千歩は歩く。
昼食は必ず外食で、ホチーミンの溢れんばかりの美食の食事処を廻り堪能しなくてはもったいない。
もちろんただ同然に安いビールも、溺れんばかり飲む。
部屋に戻ると熱いシャワー。

夕刻はプール、私はプールにつかる程度で自室に早々に引き上げるが、ヨメは長いこと泳いでいる。
私は熱いシャワーを浴び、そのあと軽食でビールとウィスキーが始まる。

夕刻6時前からウィスキーをロックでガバガバやった私は、夜8時過ぎには自分の部屋のベッドで気絶している。
なんとヨメは、夜7時頃にはまたまたスポーツジムに行き、1時間以上は戻つてこぬみたいだ。
みたいだとは、すでに私はベッドで意識不明なので、ヨメの夜の行動は知らぬ。

知らぬが、私が早朝5時前に起き出すと、ヨメも自室から出てきて朝食の準備をしてくれる。
これが我々夫婦の、ホーチミンでの1か月間暮らしの日常である。

朝食はごく軽め、食後すぐにジムで運動を始めるので軽めである。
果物数種、トースト、コーヒー、トマトジュース(えごま油、チアシード、コラーゲンを入れて)、ヤクルト。
食後はサプリメント(総合ビタミン、フィッシュオイル、ビタミンC、葉酸、コンドロイチン、整腸剤)を飲む。

f0155477_10271758.jpg

f0155477_09385228.jpg

いよいよ街歩き。
そしていきなりバイク軍団、The is ホーチミン。

f0155477_10324257.jpg

f0155477_10335406.jpg

f0155477_11030698.jpg

f0155477_10570334.jpg

現代と近代が色濃く混ざる混沌のホーチミンは、魅力もパワーも満点で大好きである。

f0155477_10593807.jpg

f0155477_10595578.jpg

f0155477_11010264.jpg

一発目の昼食は、すでに日本にいるときから決めていた。
それはベトナム料理の名店:クックガッククワン。

オーダーは、揚げ春巻き、イカと野菜の甘辛炒め、肉詰め豆腐のトマト煮、スチームライス、ビール(333)、チャダー。

f0155477_11162882.jpg

f0155477_11165374.jpg

f0155477_11174617.jpg

f0155477_11190205.jpg

美味しく懐かしい味だ、今年もホーチミンへ来たぞ!という感じ。
まずは挨拶代わりに伝統のベトナム料理を、まさにただいまという味だ。

さて、街歩きの際に、毎日最低1度は飲むココナツジュースを。


f0155477_11241351.jpg

ココナツジュースは、人間の体液と同じ成分が多く含まれているのだろう。
照り付ける太陽の下、汗を噴き出し弱った身体に、ココナツジュースを入れてやると、数分で我が身がシャキーンと一気に元気づく。
これはヨメも、まったくの同意見である。

このことを覚え知ったのは、同じ南国のマレーシアはペナン島に7年弱ロングステイしたときで、焦げ付くような陽射しを浴びる街歩きは、シャワーを浴びたように汗をかく。
こんな弱り切った千鳥足の身体にココナツジュースを入れてやると、数分後には元気を取り戻し、またまた普通に歩き出せた。
なるほどヤシの実は、その果汁が必要とされる地域に多く実るものだな、と感心したものだ。



# by hiriver | 2019-02-23 20:50 | 旅行:ベトナム

2019年ホーチミン1か月間暮らし① 最高のコンドミニアムに到着

2月中旬、寒中の福岡を離れべトナムはホーチミンへ飛んだ。
待ちに待った毎年恒例の、ホーチミン1か月間暮らしの始まりである。
福岡からのフライト時間は5時間強、もちろん直行便だ。

毎年この時期に常夏ホーチミンで1か月間暮らしをする目的は、寒さにことのほか弱い私の風邪防衛対策のためと、ゴージャスな最高級のコンドミニアムに泊まり、まさに遊び放題食べ放題をするためと、さらにいろんな買い物をするためである。

ホーチミンの食については、一昔前はフランス領だったので、フランス人の食通達により高水準の食文化が作り上げられたおかげなのか、とても東南アジアとは思えぬ美味しいもので溢れている。

それとアルコールが世界一安いのがいい。
ビールなんて水より安いので、レストランではビールを飲まなくては損をする、というか水なんて飲んでいる場合ではない。

もちろんビールはなんぼ飲んでもいいのだが、私の場合ホーチミンにいると、寝酒にウィスキーを飲み過ぎる危険がともなう。
ウィスキーボトルを二日で1本は、いかんだろうと思う。
なにせ部屋に、ウィスキーボトルがゴロゴロ状態になる。

アルコールが安いということは、すべての物価が安いということであるから、ホーチミンでは海外の他所以上に買い物三昧となる恐れがある。
たとえばシルク製品なんて、日本のゆうに3分の一以下なので、衣食住で日常に必要な掘り出し物を買いあさる。
シルクでいえば、シーツ類、パジャマ、クッションカバー類などなど・・・

さらにたとえば、スポーツシューズやスポーツウエアなども。
ナイキでいえば、ナイキはもともと自社では商品デザインをするだけで自社工場は一切持たない、だから製品化は海外に委託し、そこから世界中にばらまく仕組みの会社である。

ナイキの製品化はほぼべトナムの工場でなされており、だからその横流し商品が(シューズやウエア)が安く出回っている。
純正のナイキ製品を作っている工場からの横流しなので、バッタ物ではなく本物が安く当たり前に市場に出回っている。
どのくらい安いかというと、一般的な値段の5~10分の1、日本で1万円の物が2千円以下で手に入るということだ。

ベトナムにはスポーツメーカーだけではなく、フランスやイタリアやアメリカのいろんなブランドメーカーの工場がたくさんあるので、同じように横流しが当たり前に出回る。
なぜべトナムで作るかというと人件費が安いからであり、横流しについては、工場はメーカーから発注される倍の量を作り、半分は正規のルートで世界中に発送し、あと半分は横流しをする(このぶんは工場の丸儲け)・・・これ昔から当たり前に繰り返されている既成事実。
もちろんニセ物もいたるところで売っているのでご注意を。

ただし、タイや中国や朝鮮などで売られているブランド品のバッタ物は、100%完全なコピー商品なのでそんな品と勘違いせぬように。
あたりまえだが、コピー商品は見つかると税関で即没収。
まあそれらのことは、ここでは置いといて・・・

まずは今回利用する、ホーチミンでトップクラスの最高級コンドミニアム:シャーウッドスィーツから紹介したい。
もちろん5つ星。

f0155477_19541988.jpg

f0155477_19114962.jpg

f0155477_19120279.jpg

f0155477_19121526.jpg
1か月間暮らす部屋は2LDK最上級のグランドスィーツ130㎡。
2ベットルーム、2バスルーム、2トイレット、ワーキングルーム、リビングルーム、ダイニング、キッチン、洗濯室。
1か月50万円の部屋、ちなみにホーチミンの物価は日本の三分の一くらいなので、部屋のグレードたるやすごい。
室内は総大理石造りで、部屋の調度品などはすべてイタリア製仕様とのこと。

チェックインの際にウエルカムドリンクのウォーターメロンジュースが運ばれた。
それを飲み終わるとレストランに案内され、今度はウエルカムスィーツセットで歓迎。

f0155477_09335872.jpg

やがて部屋へ案内、エレベターも5基と豪勢だし美しい。

f0155477_10210266.jpg

部屋に入るとダイニングテーブルにはウエルカムフールツが・・・

f0155477_09395774.jpg

すると今度は、サービスだというキンキンに冷えたシャンパンのフルボトルが運ばれてきた。
それではと、さっそく栓を抜き頂戴。

f0155477_09430370.jpg

まずは、リビング、ダイニング、キッチンなどを紹介。

f0155477_10143252.jpg

f0155477_10144970.jpg

f0155477_10150313.jpg

f0155477_10155382.jpg

f0155477_10170766.jpg

f0155477_10173313.jpg

マスターベッドルームとバスルーム。

f0155477_10362249.jpg

f0155477_10235056.jpg

上記の写真の奥にあるのがバスルームで、その間の左部にウォーキングクローゼットがある。
バスルームを。


f0155477_10302089.jpg

f0155477_10303771.jpg

f0155477_10305694.jpg

セカンド・ベッドルームとバスルーム。

f0155477_10395000.jpg

f0155477_10401446.jpg

f0155477_10410636.jpg

f0155477_10412600.jpg

洗濯室とワーキングルーム(書斎)。

f0155477_10433837.jpg

f0155477_10440418.jpg

この書斎のテーブルを頭の高さくらいまで上げると、ガバっとベッドが出てくる仕様。
リビングのソファーを含め、今回の部屋はいったい何人泊まれるのだと驚く。

さて、このゴージャスな最高級のサービスアパートメントのグランドフロアーには、ラウンジ、カフェ、レストランもそろい、もちろんプールやサウナやジャグジー、スポーツジムや娯楽室もある。

f0155477_10595151.jpg

f0155477_11001038.jpg

f0155477_11005421.jpg

f0155477_11011423.jpg

f0155477_11013198.jpg

ヨメも同意見だが、このサービス・アパートメントは、我々夫婦が世界各国で利用した豪勢なサービス・アパートメントやコンドミニアムの中でも、トップクラスというかほとんどトップといってよいほどすべてに圧倒的である。

ここはすべてがそろう最高級ゴージャスマンションといったほうがいいのかも。
もちろん毎日ハウスキーピングが入るので、ベッドメーキングも室内掃除もキッチン清掃などおこなわれ気持ちがいい。

ここをベースに1か月間を暮らすと思うと非常に嬉しい。
さて2019年ホーチミンでの、遊び放題、食い放題の始まりである。




# by hiriver | 2019-02-19 20:50 | 旅行:ベトナム