遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

ツバメのかーさん 相変わらず

4月4日。

ヨメといつものように隣のガーニープラザのスポーツジムへ向っていると。
ア!! gホテルのシンボルが変わっとる。

このシンボルのgは大きさが3m位あり、その時々によって様相が変わります。
ホテル内の催し、マレーシアの祭り、クリスマス、正月などの大きな行事があると、行事に合わせた飾りつけが施されます。

ホテルの入り口を見ると、From 4 Apr pool championchip open と書いとります。
pool(玉突き)のチャンピヨンシップが4月4日から開催。
それで、キュー(玉突きの棒)と玉が
f0155477_13184117.jpg


ジムの帰りに外で昼食をすませ部屋でくつろいでいると、隣のツバメのかーさん(シャーリー)が、今日もまた!

まずは3時のおやつ。
竜眼入りぜんざい。(何度も頂いているのでヨメは好物に。ココナツミルクを入れて食べます)
f0155477_18452874.jpg

次は5時頃に来て、「粥を今から作って上げるから外に出るな」のお達し。
ハ~~イ!!

・干しサツマイモ入り粥
・厚揚げとヒジキの甘辛煮
・干しアジの焼き物
・ワカメ入りオムレツ
f0155477_18565355.jpg

シャーリー、いつもありがとう!
今日もごちそさん。

夕食後、大きく潮が引いた海と、暮れ行く空とが一体になるのをのんびりと眺めつつ、ガーニードライブの海沿いの道を、腹ごなしの散歩したとです。

(花シリーズ)
なんの花?
f0155477_19503032.jpg

なんの花?
f0155477_19532522.jpg


# by hiriver | 2008-04-03 23:27 | ペナン:日常ごはん

ランカウイ 三日目

4月3日。

三日目は帰る日、朝食の後AM8:00にチェクアウトを済ませAM9:15まで部屋でゴロリ。

フロントにPM2:00まで荷物を預かってもらう件と、PM2:00に免税店ランカウイ・フェアーまで車で送ってもらう件を例のホテルマンに手配してもらい、ケーブルカーへGo-。
タクシーで30分位かかり、RM24。

最近作られたような新しく綺麗な結構広い敷地には、ホテル、ショッピング街、大きな日本庭園、ラビット園等が有り、その中央からケーブルカーがそそり立つ山へと伸びています。

ホテル。
f0155477_14343665.jpg

チケット売り場。(一人、25RM)
f0155477_14385534.jpg

乗降口。
f0155477_144572.jpg

スタート。
f0155477_145092.jpg

いざ上へ。
f0155477_14532086.jpg

下界の海側。(高さ、景色共に相当の迫力です)
f0155477_1459930.jpg

山頂側。(空へ向っている様です)
f0155477_1543363.jpg

山頂の展望台。(島の全てを見下ろして、絶景です)
f0155477_1510508.jpg

空中遊歩の橋。(ここが一番の見所です。橋の上は、ド迫力!)
f0155477_15173640.jpg

f0155477_15204076.jpg

絶景の中、降りてます。
f0155477_15255241.jpg

いやー!満足でした。

ホテルに着いたのが12時過ぎ。

約束の2時には早すぎたのですが、例のホテルマンを捕まえすぐにランカウイ・フェアーまで送ってくれと言うと、運転手の手配をしてくれOK!

帰り際に、大変楽しかったこと、色々とお世話になったこと、大満足だったことを例のホテルマンに告げると、両手で私の手をしっかりと握り締めてきました。

また来ることを告げると、本人のメールアドレスを書いてくれて、「次に来る時は、ホテル代を格安にするから自分に直接、ホテル予約をメールしてくれ」とのこと。

最後の最後まで、泣かせる奴でした。
「ナイスガイ!!本当にありがとう。また来るからナ!」

運転手(アルマーニ)にランカウイ・フェアーに落としてもらい、別れを言いました。

まずはホテル入り口の喫茶でサンドイッチとビールとレモンジュースで昼食。

ここのレモンジュースは2度目ですが強烈にすっぱく美味しいです。
充分に甘みを足して飲んでください。
値段は少々高めですが、即効、元気がでます。

最後にいろんな物を見て廻り、買い物をし最後の最後に重いバーボンウィスキーを10本買いました。

それも一本が750mlでなく、1000mlの大瓶。
コロコロの上に縛り付けましたが、重いのなんの!!

フェリーの積み下ろしが大変でした。
次からは買いません。
それと帰りは疲れているので、これも次からは飛行機にします。

良い旅でした。
良い思いでが沢山出来ました。

マングローブ・クルーズ、サンセット・クルーズ、アイランド・ホッピング、ケーブルカー、どれも思い出です。

アイランド・ホッピングの時、いつの間にか写真を取られ、皿に焼き付けていました。(一皿 10RM)
f0155477_16495478.jpg

旅は偶然悪いことも起きれば、良い事も起きます。

今回は心豊かな旅となりました。

何が起きるか判らない事も含め、旅なのです。


# by hiriver | 2008-04-02 23:39 | 旅行:ランカウイ島

ランカウイ 二日目

4月2日。

一日目のマングローブ・ツアーが格安で盛りだくさんだったのは、我々が相談したホテルマンの親友がツアーガイドをしていたためで、それで連絡を取ってくれ、ホテルマンもさぼって参加してくれたのです。

だから我々二人のために、ガイド三人、船チャーター。
通常2時間のツアーが5時間のツアーに。

マングローブ・ツアーとサンセット・ツアーのドッキング、川へ沼へ海へ、5時間は掛かるはずです。
でも、あっと言うまでした。

おまけに通常一人600RMコースが一人175RM、文句なしの感激ツアーとなりました。

二日目はアイランド・ホッピングツアー。

通常一人、250~280RMのツアーを40RMで参加。
今回もホテルマンが紹介してくれました。

今回は昨日とは別のツアー会社、当然ガイドも別人、船にも10名が同乗、まずは桟橋へ。
f0155477_15474647.jpg

いくつかの島巡りを繰り返し、ランカウイ群島中最大の湖がある島へ、まずは、沢山のサル達のお出迎え。
f0155477_1558204.jpg

木々の生い茂る丘に囲まれた伝説のダヤン・ブンティン湖(妊婦の湖)があります。

この島と湖の名は地上の王子と結婚した美しい妖精の王女の伝説からだそうです。

王女は生後まもない子供を亡くし、悲しみに打ちひしがれた王女は、透明な湖に葬りました。

王女は天上に戻る時、この湖の水を浴びた子供のいない婦人に子供を授けるちからを湖水に与えたそうです。

湖の足こぎボート。(30分、30RM)
f0155477_16173328.jpg

ボートで湖へ。(周囲3Km位)
ばってん、一緒にボートに乗っただけで、妊娠したらどげんしょうかいな??
f0155477_16265737.jpg

f0155477_16593794.jpg

f0155477_16302033.jpg

湖のナマズ達に足を綺麗に(飛び上がりそうな感覚です)
f0155477_1636725.jpg

この後も島巡りは続き、島遊び、水泳、シュノーケリングと楽しい時間が過ぎて行きました。

PM4:00位からは、プールサイドでカクテルを飲みながら、のんびりと本を読んでいました。
いい時間やナー!

プールサイドの木陰でカクテルと本。
南の国に求めていたひとつは、これやもんナー!

夕食はホテル近くのテーブルクロスの掛かった、ちょいと洒落た店へ。

フカひれスープ
・イカのかりかり揚げ
・ムール貝と玉ねぎのトマトソース炒め
・ベジタブル炒め
・シンガポール風焼きビーフン
・ライムジュースのジン割り 1杯
・ハイネッケンビール 3本

時をかけ、空を真っ赤に染そめながら落ちて行く夕日を眺めつつ、ゆっくりとグラスを傾ける。
ありがとう!乾杯!!

三日目は天空へのケイブルカーのお話と、書けないくらい色々とよくしてくれたホテルマンとの契りのお話です。


# by hiriver | 2008-04-01 23:37 | 旅行:ランカウイ島

ランカウイ 一日目

4月1日。

2泊3日のランカウイの旅、一日目。

クアジェティーに、約束通りにはホテルからアルマーニが迎えに来ておらず、しかたなくタクシーでThe City Bayview Hotelに金曜サービスランチの飲茶ビュフェへ行きました。

サービスランチはやっぱりたいしたことはなく、ガッカリ。
(サービスランチではない他の日は、まあまあです)
二人で50RM弱。
別に、ビールをがぶ飲み。

タクシーで宿泊のAseania Resort Langkawiへ。
20RM.
タクシー代はホテルが払ってくれました。

ホテル入り口。
f0155477_1751350.jpg

ロビー。
f0155477_1811165.jpg

ロビーから見える滝。
f0155477_1871745.jpg

色んな趣向をこらした、150mの長いプール。
f0155477_1817771.jpg

ホテルマンの一人と直ぐに仲良くなり、サービス価格でなんでも手配してくれるとの事。
(後にこれがとんでもなく最高の結果になるのです。)

初日、マングローブ・リバークルーズ 二人で350RM。(通常一人250~280RM) 
2日目、アイランドホッピング 一人40RMと大サービス。(通常一人250~280RM)
当然、すぐに予約。

まずはPM4:00にマングローブ・リバークルーズへスタート。
通常は2時間のツアーです。

しかし、ここからがホテルマンとガイドのやりたい放題のサービスの始まりです。
まずは船は一艇貸切。(他の船は何人も乗っとりました)

なぜかホテルマンもガイドのため同行。
他に、ツアーガイド二人同行。

われわれ二人のためにガイドが三人ですばい!!
三人で代わる代わる、至れり尽くせりのガイドをしてくれましたヨ。

コースは、これが追加、追加の盛りだくさん。

 ・マングローブの生い茂る沼地廻り。
 ・鷲へ餌を。(30匹位、目の前に集まりました)
 ・船のまま狭い、狭い洞窟内のくぐり抜け。(操縦が、マー見事!)
 ・魚牧場で餌やり。(30種類位)
 ・マングローブ林の散策。
 ・コウモリの洞窟探検と鍾乳洞探検。
 ・カニ食いサル探し(見つけました)
 ・クロコダイル探し(見つけました)

もうすでに2時間はゆうにオーバー。

ところが三人のガイドが・・・
「今から海へ繰り出し、美しい名も無い島のビーチへ案内するから泳いでいいよ」
「そして、ビーチと船の上からサンセットを見せてあげる」
と言ってくれます。
当然、「Go!!!」です。

海に出ると「その前にフィッシングツアーをしている連中を見せてあげる」とのことで寄り道をし、しばし見学。(ヒエー!と言う位、結構波高の所)

そのあと、最高に美しい、美しいサンセットを海上からとビーチから見せてもらいました。

通常2時間の予定が、サンセット・クルーズツアー付きの約5時間。
至れり尽くせりのツアーとなりました。

最後のほうは、ガイド三人で、いけいけドンドンでした!

後でガイドが言うとりました。
本来これはマングローブツアーと、サンセットツアーをドッキングした、船チャーターのツアーで、一人600RMコースとのこと。

ナルホドの納得のツアーでした。

マングローブ・リバークルーズ桟橋。
f0155477_1834217.jpg

太古の自然に出発。(12~15人乗り)
f0155477_18423344.jpg

マングローブ
f0155477_18505434.jpg

集まってきた鷲たち
f0155477_18555377.jpg

船で進入する洞窟の小さな入り口と洞窟内。
f0155477_1921954.jpg

f0155477_1933138.jpg

魚牧場入り口
f0155477_1984170.jpg

スズキ、エイ、うなぎ、海ガメ、など約30種類。
f0155477_19155361.jpg

マングローブの林の散策。(ガイド二人とヨメ)
f0155477_200218.jpg

鍾乳洞とコウモリ。(コウモリが無数にいる所は撮影禁止)
f0155477_20101536.jpg

サンセット
f0155477_20181032.jpg

f0155477_20201385.jpg

二日目、三日目では島巡りのアイランドホッピングと、結構迫力あるケーブルカーと、空中遊歩の話に続きます。


# by hiriver | 2008-03-31 23:18 | 旅行:ランカウイ島

ビザ

3月28日。

27日の美しい夕焼け。
f0155477_21212220.jpg


ビザの仮認証が下りたとのことで、いつも大変お世話になっているロングステイサポートセンターの方と手続きに行きました。

まずは Island Hospital にて健康診断。
身長、体重、血圧、問診、簡単な診察。

次に、保険に加入。
最低限必要な保健に加入しなければいけません。
年間一人 151RM。
初回は印紙代として 10RMが別に必要です。

次回はビザ収得のために必要な、マレーシアの金融機関へ定期預金の手続きに。

その後、クアラルンプールにて最終手続き。
これについては、代行で行って頂きます。
上記は当然、段取り、同行、代行等、全部込みの正当な手数料が必要です。


話は飛びます・・・

今の部屋で満足なんですが、敷金約4000RMを捨ててでも、もし最上階(40階)に空き部屋が出来たら、いつでも引っ越す旨を告げる。

その後は長く住むつもりで、家具も自分達の好きなものを取り揃えようかな~と思っています。

今日28日からはヨメと二人でランカウイへ行きます。

予定は、マングローブツアー、シーカヤックツアー、ロープウェイ、ウィスキー買出し、何かおいしい物、ビール、ナイトマーケット。

その模様は四日後にご報告します。

(花シリーズ)
なんの花?
f0155477_15405480.jpg

なんの花?
f0155477_15434591.jpg


# by hiriver | 2008-03-27 23:15 | ペナン:日常ものおもい