遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ヨーロッパへ、旅に行ってきます!

南九州は先週梅雨明けを発表したのに、福岡の梅雨明け宣言はまだで、晴れたり曇ったり雨だったりと、いつまでもパッとしない天気が続いています。

でも、今週中には梅雨が明けるでしょう・・・??


我が家廻りの紹介。

マンションの目の前のビーチの左手の奥は、マリノア・シティーというところがあり、大型アウトレット・モールや、東洋一の観覧車(高さ:約150m級)や、ヨット・ハーバー等が集まっています。
f0155477_13174878.gif

f0155477_13194236.gif

右手奥は室見川を挟み、福岡タワー、福岡ドーム、シーホーク・ホテルなどが、あたかも海上に浮かんでいるかのように見えます。
f0155477_1561283.gif

目の前のビーチでは天気の良い日には、ビーチ・バレーや、海水浴を楽しむ人達で賑わいつつあります。
f0155477_1511866.gif

f0155477_151365.gif

裏にはビーチの雰囲気を壊さないような造りの、ダイエーの近代的な大型ショッピング・モールがあります。
f0155477_1520197.gif

ビーチに沿って、ジョギングやウォーキングのための4~5kmにわたる長い道路が整備されているため、年中走ったり散歩をしたりしている人が数多くいます。

昔から毎朝晩にジョギングをしている私は、ここら辺りは自分の庭だと勝手に思い込んでいますし愛着もあるので、福岡に戻って来た時も食を含め、案外色んな事を楽しんでいます。


さて、ヨメのダイエット針の途中報告ですが(たぶんまだ一ヶ月にはならないと思いますが)、2Kg減とのことです。

ちゃんと三食しっかり食べており、間食も時々しています。
ただ、ヨメは多忙なのですが、私の朝か晩かのジョギング(5~6Km)のどちらかは付き合わせています。

だから、針の効果か?ジョギングやストレッチの効果か?はハッキリとは判りません。

しかしヨメも私も以前からスポーツ・ジムへ通ったり、ジョギングやウォーキングはやっていたので、針の効果が十分に出ていると思われ・・・?

でも、もうすぐヨーロッパを旅しますので、食べ過ぎて・・・さて、どうなることやら??


食生活と言えば、日本の食文化(和・洋・中)は改めて凄いとつくづく思います。

外食にしても、家で作っても、美味しい物や料理が多過ぎ、食べても食べても追い付きません。

アメリカの著名な食の評論家や、ミシュランの編集長が「他国の追随を許さないほどの、食のレパートリィーや、美味しい料理が溢れる日本の食文化」と言うのはよく判ります。

海外に住み、色んな国々を廻るほどに、思い知らされることです・・・

でもこれは、外国の料理が不味いと言っているのではなく、私の中での平均点以上の料理の種類量を言っているのであって、美味しい料理は海外の地域ごとに存在し、生活していくには全く問題ありません。

いざとなれば、どうしても食べたい料理は自分で作ればいいわけで・・・


政治混乱が続いている今、世間は約50年ぶりの皆既日食が見れるかどうかの話題でいっぱいです。
なんと日本は平和なことか・・・諦めか?投げやりなのか?


話があっちこっちと飛びますが、7月26日からヨーロッパへ2週間ほど行って来ます。

フランス、ドイツ、スイスを廻ります。

そろそろ旅支度を始めなくては・・・
旅の模様は、日本に帰り次第UPします。
尚、旅の間はコメントをストップします。

 (花シリーズ)
  なんの花?
f0155477_16243019.gif


by hiriver | 2009-07-21 09:22 | 日本あれこれ

博多祇園山笠

今年も博多は山笠の季節を迎えており、祭りのクライマックス「追い山」に向け七流(ななながれ:七つの山)が勇壮に挑みます。

毎年、7月1日の「飾り山公開」から7月15日の「追い山」まで、いくつもの主要行事が続いていきます。

750年以上の歴史をもつ男の祭り山笠は迫力満点で、特に最終日の七つの山が男衆に担がれ、それぞれの山がタイムを競いながら勇猛に走る「追い山」は、鳥肌が立つほどのド迫力です。

博多には「山笠があるけん、博多たい!」という名文句があるのです。

私は今では博多区を出て暮らしていますが、生まれは博多のど真ん中で、子供のころには「子供山笠」を担ぎ、得意満面になった頃のことを、この時期になると思い出します。


福岡は毎年、山笠が終わると真夏に入っていくのです。

すでに今日も、梅雨の合間の焼けつくような初夏の陽射が降り注いでいます。

マンションのベランダの目の前に広がる博多湾は、その照り返す光が煌めき揺れています。

白く輝く海には、早朝からヨットやクルーザーを楽しむ人達が・・・

目の前にはビーチが続き、その先に白魚(しろうお)が上る室見川が横たわり、川向こうには福岡タワーや福岡ドームやシーホーク・ホテルが建ち・・・この一帯の造りや景色は海外のリゾート地に引けを取ることはありません。

梅雨の合間の曇り空で人影もないのですがUPしてみます。
天気のいい日は、海で遊ぶ人達や、ウオーキングやジョギングをする人達が沢山来ます。
f0155477_1952266.gif

f0155477_1956310.gif

f0155477_1958393.gif


それでも長年住むと変化が欲しくなり、海外に住むことを求め、そして、旅行をしながら他国を楽しみたくなるのです。

と言うより、外国でのセカンド・ライフは、私とヨメの以前からの「決めごと」だったわけで・・・


腰の具合は50パーセントくらいの回復でしょう。

今では毎日、朝食後と夕食後に軽めのジョギングを6Kmしています。
ジョギングといっても200mくらい走ると腰が悲鳴をあげるので、次の50mはストレッチをしながら歩き、また200mを走り・・・50mを歩き・・・と、これの繰り返しの6Kmです。

これを朝と晩を合わせると毎日12Km(雨の日は、区の体育館で)するわけですから、腰の負担も大きく完全に炎症が治るハズはありません。

それで、整骨医院と針灸医院通いも日々続いています。
というわけで、相変わらずバカなことを繰り返しています・・・

ヨメの事務処理(法務局や税務署や銀行に提出する書類)のほうは、次々と益々増えていく一方で、リビング・ルームのテーブルや絨毯の上は、各種書類のファイルで占領され尽くし拡がっていく一方です。

このうち税関係の処理を税理士に依頼すると、その事務処理手数料に60~80万円かかると言われたほどの、書類の量と面倒さ難しさがあるという、税理士からの見積もりが出たとヨメが言っていました。

あまりのも大変そうなので「金で済ませてしまえ!」と、私は言うのですが、事務処理が好きなヨメは、意地があるのかフウフウ言いながら日々格闘しています。(いつ終わることやら・・・???)

はっきり言って、書類一枚として私にはチンプンカンプンです!

そしてこれ以外に、司法書士の分野の書類作り、さらに銀行分野の書類作り・・・
気が遠くなります!

できるものなら本人が生前に、できうる手続きを全て済ましておくと、大袈裟ではなく、事後の事務処理の面倒さは、百分の一以下で済むでしょう。

とは言っても、生前は本人がなかなか「OK」とは言わないのでしょうが・・・


海からの潮風に乗ってくるセミの鳴き声は、日に日に多く、大きくなっており、夏の匂いも一層強く薫ってきました。

冷えた完熟のトマト、塩もみのキュウリ、塩ゆでの枝豆などを皿に盛り、ギンギンに冷やしたビールをゴクン!

ゴクン!とやっていると、夏の昼下がりの怠惰な天国の時間が、いつまでも流れていきます・・・

「あとは昼寝でもして・・・」

ヨメは今日も朝から、法務局へ飛びだして行ったキリですが・・・

 (花シリーズ)
  なんの花?
f0155477_20102214.gif


by hiriver | 2009-07-17 11:55 | 日本あれこれ

信州の旅模様

信州へ旅に行ってきました。
福岡は出発日の前日までの数日間は、梅雨の大雨による水災害でハチャメチャの状態でした。

「旅のほうは、大丈夫かいな??」と、雨の中での観光を覚悟していました。
ところが出発してからは運良く天気に恵まれ、雨に降られることはなかったのです。

さてまずは、福岡空港から羽田空港へ飛び、関越自動車道をひた走り軽井沢へ。

軽井沢の中心部、軽井沢銀座はさすがに観光地で、平日にもかかわらず人が沢山でした。
f0155477_1337963.gif


軽井沢の有名所を三つ紹介。
・ジョン・レノン絶賛の「ミカド・コーヒー」のコーヒー・アイスクリーム。
f0155477_13434924.gif

・「さわや」の各種ジャム。
f0155477_1347528.gif

・「浅野屋」の各種パン。
f0155477_1352155.gif

避暑別荘地の軽井沢に何度来ても思うのですが、軽井沢銀座以外にあまりにもなにもなさすぎて、私だったら一週間も住むと飽きてしまうでしょう。

森の中に建つ家々は、雰囲気があるというより、うら寂しさを感じます。
まあ、人それぞれの好き好きでしょうが・・・

軽井沢をはじめ、今回廻る各地はどこも標高が高く、初夏とはいえ涼しさ満点でした。
そして、大自然と温泉を満喫してきました。

お次は、上信越自動車道を抜け「白糸の滝」へ。
f0155477_1492687.gif

f0155477_14113989.gif


今回のお宿は、斑尾高原(まだらお)にある東急リゾート、「タングラム斑尾 Hotel」

ゴルフ・コース内にあるこのホテルはとてもゴージャスなホテルで、沢山のリゾート施設が隣接していました。
ゴルフ、スキー、テニス、バトミントン、プール、トレッキング、遊覧船、等々・・・
f0155477_1427378.gif

f0155477_14293469.gif

f0155477_1432563.gif

温泉好きな私とヨメは、翌日の朝出発するまでに7回も内風呂と露天風呂に入り、大満足でした!

翌日は、野尻湖から松川渓谷・雷滝(裏見の滝)へ。
f0155477_14401153.gif


そして今回のメインイベント、上高地へ・・・
やはりここは日本有数の絶景地で、その大自然に圧倒されました。

もちろん海外に行けば、絶景ビュー・ポイントは沢山ありますが、それぞれに趣も雰囲気も空気も違います。

遠くに穂高連峰などを望む上高地は、凛とした自然の中に神々を感じる地域でした。

 (大正池)
f0155477_16215637.gif

迫力ある穂高連山が迫ってきます。
f0155477_1627823.gif

f0155477_16291446.gif

大正池から河童橋までゆっくり歩いて一時間半、その行程は上高地の色んな顔を見せてくれました。
f0155477_16361221.gif

f0155477_164012.gif

f0155477_16423621.gif

そして、河童橋が向こうに見えてきました。
f0155477_16484170.gif


上高地散策も終わり、今日の宿の奥飛騨温泉郷の「本陣」へ。
 (本陣 玄関口)
f0155477_1656732.gif

夜は暖房が欲しくなるほどの涼しさの中、何度も温泉に浸かり、のんびりと温泉地を堪能しました。

翌日は早朝から高山植物が群生する乗鞍スカイライン(省略)を見て歩き、そのあと霧ヶ峰ビーナスライン(省略)を抜け車山高原へ行き、ロープ・ウエイで山頂まで上りました。

あいにくの曇り空で、突き抜けるような景色ではありませんでしたが、360度見渡す限りの絶景に息を飲みました。
f0155477_20442522.gif

f0155477_20461013.gif

 (眼下に諏訪湖が・・・)
f0155477_20485869.gif

 (山頂から・・・)
f0155477_935238.gif

f0155477_955426.gif

 (帰りのロープ・ウエイから・・・)
f0155477_975788.gif


今回の旅は、涼と温泉を求めての信州への旅でした。

信州はいつ来ても期待に十分答えてくれ、旅の満足を与えてくれます。

次回は紅葉の時期に、同じコースをもっとゆっくりと廻ってみたいものです・・・


by hiriver | 2009-07-07 09:25 | 軽井沢・上高地