遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
タグ
画像一覧

カテゴリ:岡山:倉敷( 2 )


京都、和歌山2週間ドライブ旅① 出発

ヨメと二人、半月間におよぶ、気楽で気ままなドライブの旅に出た。

コースは、福岡の自宅を出発し、岡山で1泊、岡山から京都へ入り10泊、京都から和歌山へ入り那智勝浦で1泊、さらに南紀白浜で1泊、帰りは和歌山から岡山へ走り1泊、岡山から一気に福岡の自宅まで。

ドライブ旅の利点は、必要かも?と思う物はぜ~んぶ、車へ放り込んでおけばいいこと。
ほ~んと、必要なら使い慣れた枕でも持っていけまっせ。

我が家の2週間を超えるようなドライブ旅は、ホンマに「お引っ越しですか??」と思われるくらいの荷を詰め込む。

2人分の、衣類、クツ類、日用品類、水、アルコールがほとんどだが、なんで引っ越し状態の量になるのか理解不能。

荷物はほとんど、大きな風呂敷数枚に包むのかコツ。
風呂敷の利点は、開くとどこに何があるか一発でわかること。

風呂敷以外には、空のバック数個と空の小さめのスーツケースを持参する。
1泊しかしない宿には、1日分の荷物を、車の中で風呂敷からバックへ移しチェックイン。
連泊する宿では、バックとスーツケースに必要な荷を風呂敷から移しチェックイン、荷が足らなければいつでも車へ取りに行けばよい。

それとついでに、国内の旅では、1泊だろうが、半月間だろうが、1か月間以上だろうが、保険証だけは絶対に持参必須。
私は、ほんとよく保険証を使う、歯医者だけでも北海道と東京と沖縄で必要になったのだが、どれも突発的な1回で治療が終わるレベルだがありがたかった。
毎年11月に1か月間行く沖縄では、毎回インフルエンザ予防接種も受けている。

さて、今回の旅の始まりといこうか。

まずは1泊目の岡山へ向け、福岡の自宅をAM8:00に出発し高速をひた走る。
昼食は、AM11:30に着いた広島の安芸SAで、楽しみにしていたカキフライとアナゴ丼の定食を。

f0155477_18090670.jpg

これに小鉢と味噌汁と香の物などが付くのだが、カキフライもアナゴ丼も美味しい、ちなみにこれで1500円くらいとお手頃価格。

福岡からドライブで、京都まで一気に入るにはちょいと辛いので、今回の中継地点にした岡山のこの日の宿、岡山国際ホテルにPM3:30に到着した。
このホテルは丘の上に建ち、岡山の市街地から遠くの山並みまで一望できる。
いぜんはオークラホテルだったので、建物もロビーも内装もサービスも一流なのがいい。

f0155477_18470070.jpg

f0155477_17532644.jpg


帰りの岡山泊の際もこのホテルを利用することにしているのだが、ここにしておいてよかったと思った。

とり急ぎ、今回はここまで・・・

次回は京都から、本格的にUPしていきたい。



by hiriver | 2018-09-10 20:50 | 岡山:倉敷

倉敷、京都、伊勢、有馬温泉、六甲、15日間ドライブの旅

岡山:倉敷1泊、京都9泊、三重:伊勢1泊、兵庫:有馬温泉2泊、兵庫:六甲山2泊のドライブ旅行に行ってきた。

15泊16日のドライブ旅行である。
数ヶ月前の、四国お遍路ドライブ旅行があまりにも楽しかったので、味をしめ、今回の旅につながった。

いや~、ドライブ旅行は最高である。
車に、必要と思われる衣類や日用品をすべて乗せられるし、時間もコースも食事も自由自在である。
そして、座ったままで、目的地に到着できる。

いまの時代、ナビがあるので、旅先でまったく道に迷うことがない。
楽ちんちんの、大満足の旅であった。

スタートは福岡の自宅。
1泊目は、岡山県の倉敷美観地区内にあるホテルを目指す。

一気に走ると自宅から5時間の行程だが、小休憩や食事休憩をしながら、ヨメと1時間づつ運転を交代し、7時間をかけ倉敷に入る。

途中、広島の宮島SAで昼食。
食事のUPの前に、下世話だがトイレの話。

f0155477_926309.jpg

こんな男子用便器、私は初めてなので驚き。
なんと、各便器に手洗いが一体化しているのだ。
なるほどね~、なんでいままでこのアイデアが出なかったのだろう?と納得。

さて、広島といえば、そろそろカキのシーズン突入である。
それで昼食は、カキフライを狙い撃ちする時間帯に、宮島SAに入ってきた。

 宮島御膳
f0155477_9393141.jpg

f0155477_9395080.jpg

とうぜんカキフライは満足のうまさであった。
さらに驚いたのが、御膳に付いている〝煮アナゴどん〟のうまさだった。
宮島は、煮アナゴも超名物らしく、また一つ食の知識を得た。

ヨメはなぜか、ハンバーグ。
f0155477_940223.jpg

私よりヨメのほうが、カキフライは好物なのに、ハンバーグときた。
彼女は、まず私と同じ料理はオーダーしない。
美味しい~!と、食べてはいたが・・・
「バカめ~ッ!!カキフライのほうが、うまいに決まっとるだろうが!」

煮アナゴのうまさに参り、おつまみ用にパック入りを購入。
f0155477_9561615.jpg

ついでに、栗あんのモミジ饅頭と、燻製とり手羽も購入。
この燻製とり手羽は、テレビ番組の秘密のケンミンショーで以前紹介され、記憶にあったので買ったが、云うほどそんなにうまくはない。

昼食もすみ、車に乗ろうとすると、ヨメの手になにやら別の土産が・・・
聞くと、〝ふりかけ〟と云う。
それも、二種。
f0155477_16143584.jpg

なるほど。
ヨメはいま、ふりかけにハマっており、マイブームなのだ。

倉敷では、美観地区内にある有名ホテル:倉敷アイビースクエアーに泊まった。
美観地区はこのホテルの目の前に広がる。
高級ホテルだが、なんでこのホテルにこだわったかというと、倉敷にはこの美観地区以外、それこそ何も見るべき所がないからだ。

 倉敷アイビースクエアー
f0155477_10134997.jpg

f0155477_10141156.jpg

f0155477_10154324.jpg

三枚目の写真(裏ゲート)の前から美観地区は拡がっていた。
むこうに広がる庭園は、ホテルの広大な敷地。

 美観地区
f0155477_10175236.jpg

f0155477_1018196.jpg

f0155477_10184287.jpg

美観地区内にある〝大原美術館〟
f0155477_10203428.jpg

f0155477_10205642.jpg

あいにく館内は撮影禁止。

 美観地区夜景
f0155477_1021468.jpg

f0155477_1022745.jpg

夜景が美しいというので期待したが、期待ハズれ。
寂し過ぎ、川辺の柳から幽霊が出そうな雰囲気。
四谷怪談が始まりそう。

次回からは、京都生活の始まり。


by hiriver | 2014-10-14 20:50 | 岡山:倉敷