遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:旅行:ハワイ( 43 )


2018年ハワイ暮らし:最終話 ドライブと食と

UPしたいことはまだまだたんとあるのだが、ビジネスクラスで飛ぶインド・ツアー旅行記の番になったので、ハワイ暮らし記はこのあたりで終わらせたい。

もっともハワイ暮らし記は、ワイキキビーチと、コオリナに所有するコンドミニアムの部屋と外観のケタ違いな美しさやゴージャスさをUPしたら、あとの食や観光や遊びは割愛してもいいと最初から思っているので、今年のハワイは強引に今回でということに。

コオリナに来ると、ランチは車を走らせ外食と決めているので、昼食前後の時間はほぼ毎日どこかへドライブしていた。

その中から、カイルアとノースショアだけは別格なのでUPしておこう。

オアフ島でNo1の美しいビーチといわれているのがカイルアのビーチ。
カイルアは、オアフ島をコオリナから真横に横断したところに位置し、いわゆる左のはしにコオリナ、右のはしにカイルアがあり双方とも海の美しさが自慢である。

 カイルアビーチ

f0155477_10061387.jpg

f0155477_10063912.jpg

ね、凄く綺麗。

お昼はロコモコが美味しいという店で、ヨメはロコモコで私はバーガー。
なんで私はバーガーかというと、ロコモコが美味しい店なんて存在しませんから!というかロコモコってもともとがウマくない。
でもこの店のロコモコを、ヨメはまあまあと言いながら食べていた。
それでも私は一口も味見はしません。


f0155477_10143186.jpg

次は、世界中のサーファーの聖地であるノースショア。
ノースショアは、オアフ島の最北端の街で風の街、いわゆる大波のビーチである。


f0155477_10215672.jpg

f0155477_10220734.jpg

ノースショアといえばガーリックシュリンプ。
で、昼食は、ガーリックシュリンプとヨメの大好きなパンケーキ。


f0155477_10255070.jpg

f0155477_10260741.jpg

こちらの食は、両方とも大合格の美味しさ、文句なし。

さて、私がハワイに来る目的の一つに、ヤミーのカルビー・セットとコア・パンケーキハウスのカルビー・セットを食べることが含まれている。
私がハマっているというか、もともとどちらも超人気店だが・・・

まず、ヤミーから。

f0155477_10395057.jpg

美味しい4枚の骨付きカルビーが付く。
12種のトッピングメニューから4種選べる、この日の私は、マカロニサラダ、コーン、モヤシ炒め、キャベツ炒め。
どうだ!まいったか!!というくらいウマい。

コア・パンケーキハウスのほうは、黙っていても最高のパンケーキが3枚重ねで付いてくる、ワォ~。
なんてったって、あ~た、ハワイ最高のパンケーキ店のパンケーキですぜ・・・
でも、パンケーキやカルビー以外に、ニューヨークステーキなど他にたくさんのメインメニューがある。

f0155477_10444198.jpg

f0155477_10450194.jpg

どうせだから、このパンケーキの上からメープルシロップやハチミツを洪水のようにたっぷりとかけ、池に浮かんだ中の島のようにして食べると、ぞ~~っとするくらいウマい。

ハワイでカルビーといえば、ほぼ骨付きカルビーのこと。
日本でも、夏場になるとコストコで味付けされたアメリカン骨付きカルビーが売り出されるが、まあ、あれに近いかな。
コストコで見つけたら一度試すといいが、タイミングが合わぬと売っていないか売り切れているのが残念。
見つけると私はハワイを思い出すので必ず買う、1パック3000円前後と思う。
これ、調理コンロの魚焼きグリルを使い、焦げ目が付くまで焼くと最高。

あとね~、高級店じゃなく、ファミレスのデニーズとかジッピーズのメニューも捨てがたいのでUPしたいのだけれども、これ以上はストップしようと思う。

だから今年のハワイ暮らし記は、このあたりで終わりたい。

帰りは飛行場までレンタカーを走らせ、ビジネスクラスラウンジでアルコールと食事で優先搭乗の時間になるまでのんびりと過ごした。

機内でも、アルコールと食事と新作映画を楽しみ、あとはフルフラットの広いシートで爆睡。

大満足のハワイ暮らしで、今回も感無量の、めでたしめでたし。

次回は、福岡の我が家の目の前に打ちあがる、圧巻の大濠花火大会の予定で、その次からインド・ツアー記となる。



by hiriver | 2018-07-28 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし⑦ 早朝ウォーキングと食事など

早朝6時前に起き、スカイブルーに輝くラグーンと、爽やかな朝の空気を吸いながらバルコニーで朝食。

f0155477_10453098.jpg

朝食は、マンゴー、パパイア、ロックメロン、パイナップル、バナナ、アメリカンチェリーと果物がメイン。
あとは、パン、コーヒー、トマトジュース、オレンジジュース。
サプリは、総合ビタミン、フィシュオイル、ビタミンC、カルシュウム、葉酸、腸整剤。

準備万端、早朝ウォーキングへ出発。
エレベーターでロビーに降り、広いロビーを抜ける。

f0155477_11054566.jpg

f0155477_11061190.jpg

f0155477_11064023.jpg

中庭に出て・・・

f0155477_11081996.jpg

f0155477_11094146.jpg


プールサイドを抜け・・・
f0155477_11125461.jpg

f0155477_11181434.jpg

ラグーンが見えてきて・・・

f0155477_11201669.jpg

中庭の広い芝の上では、早朝からフラダンスやストレッチの教室が・・・

f0155477_11224425.jpg

f0155477_11232227.jpg

ラグーン横のビーチではヨガ教室も・・・

f0155477_11264829.jpg

それらを横目にウォーキング開始・・・

f0155477_11283727.jpg

f0155477_11285877.jpg

f0155477_11291571.jpg

往復4kmを超えるプロムナードが、4つの連なる美しいラグーン沿いに続いているので、いつまでウォーキングをしていても飽きも疲れもしない。

f0155477_11381027.jpg

コンドの部屋からラグーンを見ると・・・

f0155477_11421031.jpg

f0155477_11422529.jpg

ウォーキングを終え部屋へ戻り、浴槽に熱いお湯を張り、ゆっくりと入る。

風呂から上がると、コーヒーをたっぷりと作りポットに入れ、再度中庭に降り、プールサイドでバスタオルを4枚もらい、日陰のチェアーで熱いコーヒーを飲みながら日経新聞と英字新聞とWi-Fiでニュースチェック。

ヨメも遅れてきて、横のチェアーで私と同じことをしているか、本を読んでいる。

10時半ころになると部屋に戻り、昼食へ行く準備。

この日はコオリナの敷地内にある、ハワイ屈指と評価されているメキシコ料理店で、毎年食べている名物三種のタコスとバーガーをオーダー。

f0155477_13531465.jpg

f0155477_13533912.jpg

f0155477_13540276.jpg

普段日本でメキシコ料理を食べるなんて皆無なので、コオリナに来てこの味に触れると嬉しくなる。

食後は部屋に戻り休憩後、水着に着替えプールとラグーンで4時頃まで、泳いだり、浮き輪で遊んだり、カクテルを飲んだりしながら大いに楽しむ。

部屋で風呂に入りバルコニーでビールを飲んでいると、夕焼けがはじまった。

f0155477_14114181.jpg

f0155477_14072730.jpg





by hiriver | 2018-07-24 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし⑥ マリオットコンドミニアムの屋紹介

コンドの外観の紹介は前回UPしたので、今回は我々夫婦の部屋があるコンド内を紹介したい。

その前に、我々夫婦の部屋がある高層階のゴージャスなエレベーターフロアーと、部屋へと続く素敵な廊下を。

f0155477_10385557.jpg

f0155477_10393047.jpg

さて・・・
我々夫婦の部屋は2LDK造りなのに、広さはなんと200㎡を超える。
分かりやすいように、上部から見た立体図面があるのでUPしよう。

f0155477_10503321.gif

左側長方形にヨメのメインベッドルームがあり、真ん中長方形部分がリビングダイニング・キッチンで、右側長方形に私の部屋がある。

LDK部分だけで70㎡、私の部屋はベットルームとクローゼットとバストイレとバルコニーで60㎡、メインベッドルームのヨメの部屋は、洗面とバスタブの部屋以外に、もう一つ洗面とシャーワーとトイレの部屋があり、さらに金庫付きの大きなクローゼットなどがあり広さは70㎡、これにリビングの横にはバルコニーが付いている。

さらに云うとなにせベッドが広く、キングサイズよりさらに大きいので、ベッドの上で親子4人が暮らせそう。

f0155477_09351767.jpg

f0155477_09353971.jpg


f0155477_09375592.jpg

f0155477_09381766.jpg

f0155477_09390628.jpg

f0155477_09393348.jpg

次は、キッチン。

f0155477_09420173.jpg

f0155477_09422444.jpg

f0155477_09424882.jpg

もちろん食洗器もシンクの下に大きなものが内蔵。
上の写真の見えているドアの中に、洗濯機は収納されている。

ちなみに当然だが、呼べばいつでもハウスキーパーは来る。

次は、メインベッドルームのヨメの部屋。

f0155477_09471199.jpg

ベッドの横の開閉式窓は、洗面と浴室が見えすこし卑猥。

f0155477_09495674.jpg

f0155477_09502462.jpg

サイドテーブルとワークテーブル。

f0155477_09523357.jpg

テレビ。

f0155477_10123180.jpg

下の写真は、左ドアがクローゼット、右がバスタブ付き洗面所、奥がトイレともう一つの洗面所とシャワー室。

f0155477_10180044.jpg
洗面室とバスタブ。

f0155477_10193367.jpg

f0155477_10195513.jpg

シャワールームの洗面とトイレとシャワー。

f0155477_10213622.jpg

f0155477_10223699.jpg

私の部屋。

f0155477_10241387.jpg

f0155477_10262256.jpg

f0155477_10273486.jpg

f0155477_10281033.jpg

f0155477_10285639.jpg

私の部屋のテレビと一番奥のドアがクローゼット。

トイレと洗面とバスタブ。

f0155477_10324488.jpg

f0155477_10332545.jpg

今回最後は、バルコニーから見下ろす、中庭のプールと美しく輝くラグーン。

f0155477_11364956.jpg

f0155477_11375155.jpg
f0155477_11382564.jpg

昼間のラグーンでは、けっこうな人達が泳ぎや甲羅干しを楽しんでいる。
毎日、ヨメも私も、プールとラグーンで大はしゃぎする。


そしてすべてを真紅に染め、水平線の彼方に落ちてゆく夕陽を毎日眺め感動。

f0155477_11421957.jpg

自慢のコンドミニアムの外観と部屋のUPが済むと、あとのことはどうでもいいのだが、とは言えとうぶんはここで暮らすので、食事やドライブなどのUPを次回からもう少し続けたい。


by hiriver | 2018-07-20 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし⑤ 今年も来たぞ!コオリナのmyコンドへ

ワイキキのヒルトンHで一週間過ごし、いよいよコオリナの我が家へとレンタカーを走らせる。
車はホンダセダン4ドア。

f0155477_11243229.jpg

アメリカ仕様のこの車のうしろのドアって、ガラス窓の最後部のところにドアノブが付いていてビックリしたけど、こんなのあるの、そうとう格好いいよ!

f0155477_11271067.jpg

まあそれはいいとして・・・
ワイキキからハイウェイ1にのり、コオリナの出口をめざしカッ飛ばすこと45分。
コオリナの出口からは、アッと云う間の20秒、そこにはゲートがあり、そこを入ると東京ドーム100個分はあろう敷地に、マリオットとディズニーとフォーシーズンの利用者だけの空間が広がる。

この広大過ぎる敷地のビーチには、半径500mほどのラーグーンが4つ、アメリカPGAプロトーナメントもおこなわれる18コースのゴルフコース、レストラン街、ショップ、そしてマリオットとディズニーのコンドミニアムとホテル、フォーシーズンのホテルがそれぞれ離れて建つ。

コオリナは大自然の美観を守るために、マリオット、ディズニー、フォーシーズン三社独占の広大なエリアである。
いわゆ強烈な裏金が動いた、この3社のただならぬ政治力と力技だろうと推測する。
ヒルトンやシェラトン等々の超大手ホテルチェーンでさえ、建設許可が出されていないのだ、それはリッツカールトンなども傘下にもつマリオット・グループに比べると格下だからもあろう。

さて・・・
マリオットの我がコンドミニアムに到着した。


f0155477_12025293.jpg

f0155477_12032496.jpg

f0155477_12043511.jpg

f0155477_12045486.jpg

2階がロビー。

f0155477_12061898.jpg

ロビーからの風景。

f0155477_12072983.jpg

f0155477_12075006.jpg

ロビーから1階レストランが少し見えている。

f0155477_12115376.jpg

f0155477_12122842.jpg

天井が異常に高いゴージャスで巨大な造り。

マリオットのコンドミニアムの敷地内には、レストランが2つ、バーが3つ、スポーツジム2つ、マッサージ室、ジャグジーやシャワー室、娯楽室(玉突き、卓球、図書室など)、そして極めつけはラグーンとは趣向が違う5つのプールなどがある。

私の部屋へ案内するまえに、今回はプールとラグーンの紹介までとしよう。

プールといっても四角いありきたりのプールなどは一つもなく、どれもとても素敵過ぎる造り。
まず最初のプールは、本を読んだり、カクテルを飲んだり、安眠をむさぼる、静かにすごすがコンセプトのプール。
私は朝歩きのあと、昼食に出かけるまでは、ほとんどこのプールサイドのリクライニングベンチでのんびりと過ごす。

f0155477_12304372.jpg

f0155477_12310759.jpg

f0155477_12314580.jpg

それでもお昼頃になると、泳ぐ人達がぼちぼちと集まる。

f0155477_12335879.jpg

f0155477_12342175.jpg

このプールは、中央に中の島があり、ぐるりとプールが続いている。

次は、ラグーンに隣接するプール。

f0155477_13113103.jpg

プールのうしろはラグーンが広がる。
f0155477_13131546.jpg

f0155477_13171379.jpg

バーがあるプール。

f0155477_14161146.jpg

f0155477_14163945.jpg

次は、子供が遊べるプール。

f0155477_14181528.jpg


f0155477_14183850.jpg


f0155477_14191326.jpg


最後は、老若男女問わずバレーボールやバスケットボールをして遊ぶプール。

f0155477_14223993.jpg

さて、今回の最後は、目の前に広がるエメラルドに輝く美しい完璧なラグーン。

f0155477_14263867.jpg

f0155477_14265378.jpg

部屋のバルコーニーから見ると、中央にバーがあるプールのむこうは、ラグーンが美しく広がっている。

f0155477_14271233.jpg

次回は、コンドミニアム内紹介のUP。


by hiriver | 2018-07-16 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし④ コオリナへ移動するので、ワイキキを凝縮して一気に

世界がどうであろうと、ワイキキの街は毎日が絶好調で素晴らしい。

f0155477_15284763.jpg


f0155477_15292345.jpg



アラモアナショッピングセンターでもUPしようと思ったが、世界中のブランド店、デパート、フードコートなどをUPしても面白くなかろうからカット。

ワイキキには一週間滞在し、けっこうな回数の食事をしているので、食べ物系を主体にUPしたい。

超本格高級イタリアンで、ハワイ最優秀レストランに選ばれたタオルミーナ(東京にも支店あり)。
少々気取った感じのレストランだが、味は本場イタリアに負けぬ美味しさ。


f0155477_14540578.jpg

f0155477_14543561.jpg

f0155477_15013780.jpg


f0155477_15022366.jpg

f0155477_15025313.jpg


値段は張るが、味は間違いないのでこのレストランには毎年来ている。
私は、こういうところでは気取って絶対にワインなどは頼まぬ、ビール、ビール、ビール・・・

ハワイなので、息抜きにフラダンスもUPしておこうか。

f0155477_15074873.jpg

f0155477_15084895.jpg

上記のタオルミーナと双璧のイタリアンレストラン、アランチーノも毎年訪れているのでUP。
私はどちらかというと、アランチーノのほうが好きである。

f0155477_15153393.jpg

f0155477_15161978.jpg

f0155477_15164905.jpg

f0155477_15171911.jpg

フランス料理はイタリア料理が元になっているのだから、美味しいイタリアンに出会うと感動する。
ここでも、もちろんビール、ビール、ビール・・・

日本では昼食後は、翌日まで一切何も食べぬヨメが、旅に出ると激変し、食べたいときに食べたい物をしつかり食べる。
ハワイでは、3時のおやつにと大好きなパンケーキにハマっていた。

f0155477_15283995.png


f0155477_15292564.jpg


f0155477_15295494.jpg


私の大好きなテディービガーバーガーもUPしておこう。
なんてったってオーダーしてからパテを焼き出し、オニオンリングを揚げるので、時間がかかるがウマいわけだ。
パテの焼き加減も聞かれる、もちろんウエルダン、ウエルダンもウエルダンで、ベリーベリーウエルダンと言うのがステーキ店でもバーガーショップでも私の口癖である。

f0155477_15420497.jpg


ハワイにくると、ほとんど毎日私が行くのが、2~5時くらいまでのハッピーアワー。
ちょうど遊び疲れて飲みたくなる時間なので、非常にありがたいシステム。

酒の肴にはピザやカラマリフライなどなど・・・

f0155477_15534218.jpg


f0155477_15542737.jpg


f0155477_15545937.jpg


こうなると、ビールやカクテルをどんどん持ってこい!ということに・・・

f0155477_15572991.jpg


f0155477_15583802.jpg


f0155477_15594556.jpg


f0155477_16001432.jpg


ハワイ、いいね~、まさにこの世の楽園である。
ただし、一歩間違えると、アル中になるぞ・・・

そして落日の時間となり・・・

f0155477_16045044.jpg


f0155477_16050609.jpg


だいぶん割愛し一気にワイキキを終わらせた。

ちなみにハワイの物価は東京の倍くらいだろう。
ハワイ、ニューヨーク、パリなどと比べると、いまの日本の物価は驚くほど安い。
一昔前は、東京、ニューヨーク、パリが世界三大物価高であったが、いまの日本は衣食住ともに超ハイレベルなものが格安で手に入る、世界最高に恵まれている国と思ったがいい。

国としてなんだかんだ問題は山積しているが、だが
日本の政治や企業努力はすごいと思う。
自分では何もできないくせに、日本国家の現状をとやかく言う人間は、そうとうにアホでマヌケな常識なしで、世間と云うか世界情勢を知らな過ぎる。

次回からは、コオリナに所有するマリオットのコンドミニアムからのUPとなる。
コオリナはワイキキから車で45分くらい。
もちろんレンタカーで移動する。

コオリナは、ワイキキよりさらに数段と美観がグレードアップしたエリアであり、マリオットかディズニーかフォーシーズンの会員しか立ち入れぬエリアで、世界一美しいラグーンが広がる。

数年前に、我がコンドミニアムのすぐ目の前で日本の嵐のコンサートが開催され、コンサートチケットをもった者だけだけ立ち入りが開放された、もちろんコンドの人間は上からタダ見である。

話は横道にそれたが、次はコオリナから。


by hiriver | 2018-07-12 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし③ ワイキキ朝歩きと、ハワイお手軽食と、夕間暮れのカクテル

朝6:30に朝食。
部屋のバルコニーで、英字新聞を読みながら果物とパウンドケーキとトマトジュースとコーヒー3杯。
果物は、マンゴー、パパイア、ロックメロン、それぞれ少量。
朝食はこの程度で十分。


f0155477_14574739.jpg

ヒルトンでは、朝のコーヒーがなんぼでも無料でサービス、それがハワイアン・コナコーヒのアメリカンで最上に美味しい。
去年と同様に、毎朝、カップに6杯ほど頂戴してくる。

朝食が終わると、ワイキキビーチをウォーキング、気の早い連中はすでに波に乗っている。
それらの風景を含め、ワイキキの美しさに感動する。

f0155477_15073769.jpg

f0155477_15081855.jpg

f0155477_15091037.jpg

ワイキキ通りはビーチの場所取りなのか、たくさんの人達が早朝からせっせとワイキキビーチへと急ぎ足。

f0155477_15144742.jpg

f0155477_15152000.jpg

昼食は2度ほど訪れたロイヤル・ハワイアン・センターの気楽なフードコート、美味しいことで有名なハワイアン御用達しのチャンピオンとマハロハバーガーでオーダー。

チャンピオンでは、ニューヨーク・ステーキと、フィシュフライと、ステーキとガーリックシュリンプのセット、マハロハ
バーガーでは照り焼きバーガー。

f0155477_15241768.jpg

f0155477_15244874.jpg

f0155477_15134829.jpg

f0155477_15254893.jpg

どれも超ウマ、毎年私の行きつけで、なんなら毎日でもOKだ。
この記事を書きながら、また食べたくなったもん。
といいながら、まだまだ私の一押しの食事処は今後なんぼでも出てくる。


この日の夕刻は、ワイキキ最高のホテルといわれるハレクラニホテルで、カクテルを飲みながら生音楽演奏とフラダンスを楽しむ。
さすがにハレクラニ、カクテルはどれも一杯2千円くらい、さらにそれに20%の税金とチップ。
とはいえ雰囲気を考えるとあたりまえかな、と文句をいいながら毎年行って夕陽を見て感動している。

カクテルは、まずはブルーハワイとチチをオーダー。

f0155477_15463438.jpg

f0155477_15475384.jpg

こんどはカンパリとチチをオーダー。

f0155477_15491760.jpg

さらにカンパリを何杯か飲んでいると、あたりは夕間暮れに・・・

f0155477_15522443.jpg

f0155477_15525416.jpg

ここはビーチサイドのバーなので、落ちてゆく紅の夕陽が目の前に・・・

f0155477_15581980.jpg


昇る朝陽と沈む夕日を目の当たりにすると、人ってなんでこんなにも清々しくなれるのだろう。
汚れがこびり付いた私の心が、洗われる思いがする。

その度に、生まれ変わった気がするのだから単純である。



by hiriver | 2018-07-08 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし② ワイキキビーチ、そしてウルフギャングなど

ワイキキといえばワイキキビーチ。

世界にはワイキキビーチよりも美しい海や美しい砂浜をもつビーチはあるが、ダイアモンドヘッドを含む美的風景の総合力が強烈過ぎるのか、ワイキキビーチの魅力に一度はまってしまうと、観光客もサーファーも必ずリピーターになってしまうようだ。

私もヨメもその種の人間の代表なのか、毎年、ワイキキで一週間は泳ぎ遊び食べ飲み、そしてときどきショッピングをしなくては収まらぬ。

というわけで、まずはワイキキビーチから・・・

f0155477_02461656.jpg

f0155477_02464005.jpg

f0155477_02522487.jpg

f0155477_02524639.jpg

f0155477_03085399.jpg

f0155477_03090640.jpg

f0155477_02533610.jpg

f0155477_02541468.jpg

f0155477_02543295.jpg

この日の昼食は、ロイヤルハワイアンセンター内にある世界三大ステーキ店の一つ、ウルフギャングで最高のステーキを満喫。

f0155477_03232590.jpg

入店時は満席だったため、まずはバーカウンターでラガービールを飲みながら待つことにし、ビールのあてに二品ほどオーダー。

そのメニューは、テンダーロインステーキケバブとハンバーガースライダース。

f0155477_03335041.jpg


f0155477_03323413.jpg

f0155477_03325414.jpg

f0155477_03332820.jpg

そのうちにテーブルに案内され、メイン料理としてオーダーしていた店最高のTボーンステーキが運ばれた。
Tボーンステーキは、片側がフィレでもう一方がサーロイン、つまり一度で二度楽しめるステーキ。

f0155477_03402200.jpg

バカみたいに味をクドクドとは書かぬが、折り紙付きのウマさに決まっている、日本の支店に行かれた方はお判りだろう。
まあこの日は、ハワイ遊び開始ということで大奮発した。

午後からはほぼ毎日、ワイキキかアラモアナでウィンドー・ショッピング。

歩き疲れたら、カクテル。
マイタイ、ブルーハワイ、チチ、カンパリなど一日に数杯は必ず飲む。
ハワイで、海とビーチを見ながらのカクテルは最高、ある意味このためにハワイにいるようなものだ。

f0155477_04025202.jpg

f0155477_04043152.jpg

しびれるほどウマい。
遠い海から強い潮の香を含んだ風がビーチのヤシの木を揺らす。
あまりの心地よさにカクテルがすすむ。



by hiriver | 2018-07-04 20:50 | 旅行:ハワイ

2018年ハワイ暮らし① ビジネスクラスで飛び、まずはワイキキのヒルトンへ 

今年も福岡の蒸し暑い梅雨時期を避け、ハワイのコオリナに所有する別荘へ飛んだ。

ハワイでは毎年の恒例だが、コオリナへ入る前にワイキキで一週間ほど過ごし、世界中の観光客おのぼりさん気分を味わう。

さて・・・
ハワイへと、出発は福岡空港から。
使用機材はコウリャ・エアラインをチョイス、以前はいつもデルタ・エアラインを利用していたが、ここ数年はサービスが良いコウリャ・エアラインを使用している。

まずは福岡空港のビジネスラウンジでアルコールや食事を楽しみ、いまから出発するゾ!の気分を高める。
その後、ビジネスクラスで韓国仁川空港へ移動する、機内食は茶そばセットで美味しかった。
仁川空港到着後は、ホノルルへの出発時間まで、ビジネスラウンジで各種アルコールや食事やシャーワーを浴びリラックス。

やがて出発時間となり、飛行機に優先搭乗し、シャンパンを飲みながらエコノミークラスの人々が乗り込むのを待つ。
待つ間に、夕食のメイン料理4種の中から、何を食べたいかサービースアテンダーが聞いて回る。
私はいつもビビンバだが、ヨメがオーダーしたテンダーロインステーキは焼き加減まで指定できる。

ビジネスシートや食事はこんな感じ・・・

f0155477_04322643.jpg


f0155477_04325561.jpg


f0155477_04332424.jpg


食後にフルフラット(180°)になるシートで、映画やカクテルを楽しんだあとは毛布をかぶり爆睡。
ちなみに観た映画は最新作トゥームレイダー、女版のレイダーズ(ハリソン・フォード)みたいで楽しめた。

f0155477_04441452.jpg


f0155477_04444620.jpg


ビビンバは自分で作る・・・

f0155477_04452837.jpg


f0155477_04454222.jpg


コチジャンをいっぱい入れて作るビビンバはビールもワインもすすむ、ヨメのテンダーロインステーキは写真を撮り忘れたが美味しいかったと言っていた。

食事中はバスケットに入れた、白、赤、ロゼ、ポートワインを何度もそそぎにに来る。
もちろん他の各種アルコールも・・・

f0155477_04532529.jpg

デザートは、いろんなチーズや果物がのせられたワゴンがくるので、食べたい物をチョイス。
最後は、ハーゲンダッツとソフトドリンク。

f0155477_04541358.jpg


食事が済めば、映画やアルコールなどで好きな時間を過ごし、寝る準備となる。

爆睡後、目が覚めると朝食が運ばれてきたが断り、クロワッサン1個とコーヒーと紅茶だけをオーダー。

朝食後、ハワイホノルル空港(いまは改名され、ダニエル・K・イノウエ国際空港)に到着。
チャーリー・タクシーでワイキキのヒルトンホテルへ。

ちなみに他のタクシーならばワイキキまで50ドルはかかるが、チャーリータクシーならば空港からワイキキのどこへ行こうと一律35ドル。
チャーリータクシーの利用方法は自分で調べなさい、そんなことまでは面倒なので書かぬ。

タクシーはヒルトンホテルへ到着、チェクインし部屋へ。

f0155477_03093582.jpg

f0155477_03095703.jpg

f0155477_03114082.jpg

f0155477_03123540.jpg

f0155477_03130318.jpg

f0155477_03141045.jpg

f0155477_03142796.jpg

f0155477_03145289.jpg

さあ今年もハワイ遊びが始まった。

ハワイの、カラッとした陽を浴び、突き抜ける空の青さと、マリンブルーに輝く海を見るたびに心がウキウキする。

毎年来ているとと、ハワイの景色をみるだけで、昨日までここで暮らしていたような気分。

まさに「ただいま!」と言いたくなる。

夜はホテルのバーにいき、夕陽を見ながらカクテルで乾杯。
また来れたことに感謝・・・

f0155477_13043103.jpg



by hiriver | 2018-06-30 20:50 | 旅行:ハワイ

2017年、ハワイ暮らし 最終話 観光と食

コオリナとワイキキがあるオアフ島には過去何度も訪れているので、いまさら観光に行くところはないのだが、コオリナに行く際にレンタカーを長期借りているので、昼食とドライブをかね、数か所行ってみた。

 カイルア・ビーチパーク

オワフ島をコオリナから真横に横断するとカイルア・ビーチパークはある。
全米No.1に選出された絶景ビーチは、エメラルドグリーンの海に真っ白な砂浜という理想的な美しさである。

f0155477_5364976.jpg

f0155477_53794.jpg


 モアナルアガーデン

日立のコマーシャル「この木なんの木~♪」の歌で知られるモンキーポッドの木(ネムの木)がある人気の観光地公園。

f0155477_545089.jpg


 ノースショワ

世界有数の大波ができることで知られ、サーファーのメッカである。
場所はオアフ島の最北端。

f0155477_5513278.jpg

f0155477_5514554.jpg

f0155477_5515869.jpg

ハワイの魅力は、平均気温28℃で湿度が少ないカラリとした気候と、圧倒的に美しく輝く海とビーチ。
そのうえ世界中の美味しい食までそろっているのだからたまらぬ。

次は食。
私のハワイ一押しの食は、アンガスビーフを使った料理。

 ステーキとロコモコ

f0155477_91987.jpg

f0155477_921086.jpg

ステーキといえば世界屈指のビーフ・レストラン:ウルフギャング。

f0155477_1442824.jpg

ただしこのクラスになると、ランチ・タイムでもドレス・コードがあるのでそこそこの服装を。

f0155477_1461019.jpg

f0155477_1474156.jpg

f0155477_1464582.jpg

f0155477_1482491.jpg

名店で食べる世界最高のステーキは、それなりの値段がするが、ただただ脂を食べているような神戸牛や松坂牛よりは断然うまいことだけは確かである。

ハワイといえばパンケーキも有名。
No1は前回紹介したコア・パンケーキハウスだが、その次はやはりエッグスンシングスのパンケーキかな。

f0155477_16275936.jpg

でもここのパンケーキは美味しいというより、この糖質量は毒を喰らっている恐怖感がある。

最後はカクテルでも飲みながらハワイに別れを告げよう。

 ブルーハワイとチチ
f0155477_167977.jpg

どれだけ長くいようと、楽しい時は一瞬で流れ去る。
この寂しさがあるからこそ、また次も来るのである。
後ろ髪を引かれつつ荷造りを始める。

バルコニーに出ると、今日もラグーンは輝き、私に精一杯誘いかける。

f0155477_712019.jpg

早速、次回のスケジュールを検討している。


by hiriver | 2017-07-25 20:50 | 旅行:ハワイ

2017年、ハワイ暮らし⑧ 食べて飲んで

マリオット・クラブの、他に類を見ない圧倒的なコンドミニアムとラグーンとプールのUPが済めば、もうほぼ他のことはどうでもよく、記事にしなくてもよいのだが、あと2回くらいで食と観光をUPし、2017年のハワイ暮らしの記事を終わりたいと思う。

毎日の朝食は、コンドのバルコニーで美しいラグーンを見ながら、果物とパンとジュースとヨーグルトとコーヒー。

f0155477_8531598.jpg

昼食は100%外食、どこに美味しいレストランがあるかはほぼ把握しているので、お気に入りに再訪することが多い。

エッグスンシングスもコアパンケーキハウスも同じハワイの人気パンケーキ店だが、ハワイでは味も人気もコアパンケーキハウスが長年No1にランクされている。

コアパンケーキハウスに行くと、私はいつもパンケーキと骨付きカルビーを食べる。

f0155477_1619035.jpg

f0155477_16192564.jpg

日本で普段パンケーキを食べることはないが、この店のパンケーキはハワイに来ると必ず食べるから不思議だ、美味しいからだろうが・・・

コアパンケーキハウスは日本にも支店があるが、このウマい骨付きカルビーはメニューにない。

二軒目は、これまた日本に支店がある極旨本場イタリアンレストラン:アランチーノ。

 イタリアン・ビール
f0155477_15353379.jpg


 サラダ
f0155477_15383414.jpg

 ラザニア
f0155477_1539860.jpg

 イカとキャビアのシーフード・パスタ
f0155477_15404714.jpg

イタリアンシェフが作る本格イタリア料理で、味は文句なし。
ハワイは世界的な観光地なので、世界中の美味しいレストランがたくさん集う、もちろん日本からも。

三軒目は、ここも毎年ハワイに来るたびに通う店だが、バーガー・チェーン店:ビガー・バーガー・

f0155477_1638591.jpg

サイズは、ビッグとビガーとビッゲストがあるのだが、日本人には一番小さなビック・バーガーでも持て余す。
コンボにし、ポテトとドリンクを付けるといい。
味は、私は毎年通うほど好き。
マックと違い、パテもポテトも本物を使用しているので、本当のバーガーとポテトの味がする。

夕方はコンドのプール・サイドでのんびり過ごすことが多いのだが、だいたいアイス楽しむ。

ハワイのアイスといえば、レインボー・アイス。

f0155477_15543365.jpg

プールを移動し、ラグーンサイドのラウンジでカクテルのときも。

 フルーツパンチとチチ。
f0155477_1531298.jpg

ビーチサイドでたそがれながら夕陽を見、カクテルを飲んでいるとハワイ気分満点。

夕食は・・・
どこで暮らそうと、ヨメは夕食を食べぬので、私も簡単なものを肴にビール。

たとえば・・・
ガーリックシュリンプとポケ(マグロのマリネ風)。

f0155477_15341651.jpg

f0155477_15362445.jpg

あるいは、サンドイッチを作りビール。

f0155477_1674135.jpg

結局、食に関していうと、コンドのバルコニーでラグーンを見ながらの朝夕の食事が(料理がなんであれ)、一番美味しく感じる。

何本目かのバドワイザーを飲んでいると、やがて日が陰り・・・
そして、ビーチは落陽で紅と群青に染まる。

f0155477_17243489.jpg


by hiriver | 2017-07-21 20:50 | 旅行:ハワイ