遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:アメリカ
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:グアム
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

2019年ホーチミン1か月間暮らし① 最高のコンドミニアムに到着

2月中旬、寒中の福岡を離れべトナムはホーチミンへ飛んだ。
待ちに待った毎年恒例の、ホーチミン1か月間暮らしの始まりである。
福岡からのフライト時間は5時間強、もちろん直行便だ。

毎年この時期に常夏ホーチミンで1か月間暮らしをする目的は、寒さにことのほか弱い私の風邪防衛対策のためと、ゴージャスな最高級のコンドミニアムに泊まり、まさに遊び放題食べ放題をするためと、さらにいろんな買い物をするためである。

ホーチミンの食については、一昔前はフランス領だったので、フランス人の食通達により高水準の食文化が作り上げられたおかげなのか、とても東南アジアとは思えぬ美味しいもので溢れている。

それとアルコールが世界一安いのがいい。
ビールなんて水より安いので、レストランではビールを飲まなくては損をする、というか水なんて飲んでいる場合ではない。

もちろんビールはなんぼ飲んでもいいのだが、私の場合ホーチミンにいると、寝酒にウィスキーを飲み過ぎる危険がともなう。
ウィスキーボトルを二日で1本は、いかんだろうと思う。
なにせ部屋に、ウィスキーボトルがゴロゴロ状態になる。

アルコールが安いということは、すべての物価が安いということであるから、ホーチミンでは海外の他所以上に買い物三昧となる恐れがある。
たとえばシルク製品なんて、日本のゆうに3分の一以下なので、衣食住で日常に必要な掘り出し物を買いあさる。
シルクでいえば、シーツ類、パジャマ、クッションカバー類などなど・・・

さらにたとえば、スポーツシューズやスポーツウエアなども。
ナイキでいえば、ナイキはもともと自社では商品デザインをするだけで自社工場は一切持たない、だから製品化は海外に委託し、そこから世界中にばらまく仕組みの会社である。

ナイキの製品化はほぼべトナムの工場でなされており、だからその横流し商品が(シューズやウエア)が安く出回っている。
純正のナイキ製品を作っている工場からの横流しなので、バッタ物ではなく本物が安く当たり前に市場に出回っている。
どのくらい安いかというと、一般的な値段の5~10分の1、日本で1万円の物が2千円以下で手に入るということだ。

ベトナムにはスポーツメーカーだけではなく、フランスやイタリアやアメリカのいろんなブランドメーカーの工場がたくさんあるので、同じように横流しが当たり前に出回る。
なぜべトナムで作るかというと人件費が安いからであり、横流しについては、工場はメーカーから発注される倍の量を作り、半分は正規のルートで世界中に発送し、あと半分は横流しをする(このぶんは工場の丸儲け)・・・これ昔から当たり前に繰り返されている既成事実。
もちろんニセ物もいたるところで売っているのでご注意を。

ただし、タイや中国や朝鮮などで売られているブランド品のバッタ物は、100%完全なコピー商品なのでそんな品と勘違いせぬように。
あたりまえだが、コピー商品は見つかると税関で即没収。
まあそれらのことは、ここでは置いといて・・・

まずは今回利用する、ホーチミンでトップクラスの最高級コンドミニアム:シャーウッドスィーツから紹介したい。
もちろん5つ星。

f0155477_19541988.jpg

f0155477_19114962.jpg

f0155477_19120279.jpg

f0155477_19121526.jpg
1か月間暮らす部屋は2LDK最上級のグランドスィーツ130㎡。
2ベットルーム、2バスルーム、2トイレット、ワーキングルーム、リビングルーム、ダイニング、キッチン、洗濯室。
1か月50万円の部屋、ちなみにホーチミンの物価は日本の三分の一くらいなので、部屋のグレードたるやすごい。
室内は総大理石造りで、部屋の調度品などはすべてイタリア製仕様とのこと。

チェックインの際にウエルカムドリンクのウォーターメロンジュースが運ばれた。
それを飲み終わるとレストランに案内され、今度はウエルカムスィーツセットで歓迎。

f0155477_09335872.jpg

やがて部屋へ案内、エレベターも5基と豪勢だし美しい。

f0155477_10210266.jpg

部屋に入るとダイニングテーブルにはウエルカムフールツが・・・

f0155477_09395774.jpg

すると今度は、サービスだというキンキンに冷えたシャンパンのフルボトルが運ばれてきた。
それではと、さっそく栓を抜き頂戴。

f0155477_09430370.jpg

まずは、リビング、ダイニング、キッチンなどを紹介。

f0155477_10143252.jpg

f0155477_10144970.jpg

f0155477_10150313.jpg

f0155477_10155382.jpg

f0155477_10170766.jpg

f0155477_10173313.jpg

マスターベッドルームとバスルーム。

f0155477_10362249.jpg

f0155477_10235056.jpg

上記の写真の奥にあるのがバスルームで、その間の左部にウォーキングクローゼットがある。
バスルームを。


f0155477_10302089.jpg

f0155477_10303771.jpg

f0155477_10305694.jpg

セカンド・ベッドルームとバスルーム。

f0155477_10395000.jpg

f0155477_10401446.jpg

f0155477_10410636.jpg

f0155477_10412600.jpg

洗濯室とワーキングルーム(書斎)。

f0155477_10433837.jpg

f0155477_10440418.jpg

この書斎のテーブルを頭の高さくらいまで上げると、ガバっとベッドが出てくる仕様。
リビングのソファーを含め、今回の部屋はいったい何人泊まれるのだと驚く。

さて、このゴージャスな最高級のサービスアパートメントのグランドフロアーには、ラウンジ、カフェ、レストランもそろい、もちろんプールやサウナやジャグジー、スポーツジムや娯楽室もある。

f0155477_10595151.jpg

f0155477_11001038.jpg

f0155477_11005421.jpg

f0155477_11011423.jpg

f0155477_11013198.jpg

ヨメも同意見だが、このサービス・アパートメントは、我々夫婦が世界各国で利用した豪勢なサービス・アパートメントやコンドミニアムの中でも、トップクラスというかほとんどトップといってよいほどすべてに圧倒的である。

ここはすべてがそろう最高級ゴージャスマンションといったほうがいいのかも。
もちろん毎日ハウスキーピングが入るので、ベッドメーキングも室内掃除もキッチン清掃などおこなわれ気持ちがいい。

ここをベースに1か月間を暮らすと思うと非常に嬉しい。
さて2019年ホーチミンでの、遊び放題、食い放題の始まりである。




# by hiriver | 2019-02-19 20:50 | 旅行:ベトナム

鍋料理の定義って、なんなのよ

冬場の定番料理といえば鍋だろうが、ヨメも私も鍋料理はあまり好みでない。
と、私は長年、勝手にそう思っていた。

しかし、ど~もそうでもないらしい。
そうでもないというのは、ヨメは鍋料理が案外好きらしいということが先日判ったのだ。

ヨメが突然、ぽろりと、寒いから常夜鍋が食べたいな~、と言った。
え~ッ!な、な、鍋、好きなのか~!!と私は目を最大限に見開き、つぶらな瞳で叫んだ。
え~ッ!す、好きだよ~!!とヨメは、当然のように訴えたのだ。

そうだよな~、ヨメに嫌いな料理はないものな~。
私が好みでないため、ほとんど鍋料理は作らぬので、いつのまにかというか長年の間に、ヨメも鍋料理は好みでないと勝手に決めつけていた。

な~んだ、たまには鍋料理が食べたい!と早く云ってよバカタレが・・・
いや、バカタレは私である。

鍋料理ほど簡単な料理はない。
出汁の種類を決めて、なんでもいいから材料をブチ込めば出来上がりで、いわゆる主婦の手抜き料理の代表だ。

常夜鍋だって、昆布で出汁を作り、基本の食材は豚バラとほうれん草を放り込むだけ。
あとは好みで、白ネギ、エノキ、豆腐など入れる。

あちゃ~、豆腐で思い出したよ。
私は寒くなると、夕食は、電気コタツの上で二日と空けず湯豆腐でビールだ。
利尻混布と豆腐を放り込むだけで他は何も入れぬが、湯豆腐も厳密には鍋だろうか。
いや~違うと思うよ、だって私の湯豆腐は鍋は鍋でも、土鍋じゃなく面倒だからホーローのIH調理鍋で作るもの。
だから、電気コタツの上には卓上コンロは出さず、出来上がった湯豆腐の調理鍋をコタツの上に置いているだけだ。

そりゃ~もちろん、ダイニングの食卓でイスに座って食べるときは、料理の種類により土鍋や調理鍋に卓上コンロを使うさ。

たとえば常夜鍋。
皿に豚バラやほうれん草や豆腐を盛り、自分のペースで少しづつ食材を入れ食べる時は、もちろん土鍋と卓上コンロは必須だし、ぐらぐら沸いている混布出汁に食材を入れなきゃ美味しくは食べれぬよ。

そういや~、私は冬場に頻繁におでんを作るが、おでんって鍋で作るから、やっぱり鍋料理なの・・・
土鍋であれ調理鍋であれ、鍋で作る料理は全部鍋料理に分類するのかな・・・土鍋限定かな・・・

じゃ~聞くが、カレーやハヤシも鍋で作るから鍋料理かね。
微妙に違うと思うが・・・

なぜなら、私はカレーを月に一度くらい作るが。
ヨメと私の一食分だけということもあり、私の場合、フライパンでカレーを作る。
要領は、フライパンでそのとき冷蔵庫にある野菜やキノコや肉を炒め(ようするに野菜炒め)、そこに水を入れ煮込み、2~3種のカレールー(ひとかけらづつ)を入れ、隠し味にガランマサラ、ハチミツ、醤油、ウスターソース、ケチャップ、牛乳などをほんの少量づつ入れ出来上がり。
20分もあれば出来上がるが、極上にうまい。
これは私の中では、フライパン料理である。

シチューは鍋料理で問題ないが、肉じゃがは鍋で作るが鍋料理じゃないよね。
そうか~!判ったよ、カレーや肉じゃがは、ただの煮込み料理だ!
じゃ~、シチューも鍋料理ではなく、煮込み料理ということに・・・
もう全然判らん・・・

そうか~!今度こそ判ったよ!いわゆるぜ~んぶ、なにもかも、鍋煮込み料理でどうだ!まいったか!!

おあとがよろしいようで・・・チャン・チャン。

でもな~、私はなんでも各種のフライパンで調理してしまうのだが・・・
しつこい!!ってか・・・

で、なにか昼食をUPするわけだが、鍋料理がくると思った人はまだまだ素人で、寒いし自分で作るのも面倒だし、過去に何度もUPしているが、私が日本一の美味しいチャンポンだと確信する安全食堂から。


f0155477_10161032.jpg

熱々の、唇に触れると大やけどするほど熱々の、究極の美味しいチャンポンを、フウフウしながら食べると、たった3口目で、もう汗が体じゅうに吹き出す。

なんてったって、あーた、私がこの店にチャンポンを食べに行くときは、真冬でも必ず着替えの下着(Tシャツ)を持参する。
そのくらい、食べ終わったら下着がグショグショになるほど汗をかいている。

もし着替えないと、とくに冬場は、私の場合、一発で風邪を引く。
そんなにしてまで行くなよ!とお思いだろうが、いやいや、ここのチャンポンの魅力には勝てるハズがない。

安全食堂のチャンポン、半端ないって~~ッ!!・・・少し、古いかね?

もうすぐこの時期の恒例行事、ホーチミン1か月間暮らしに旅立つ。
次回からは、南国ホーチミン暮らしを現地よりUP。
衣食住、さらに買い物と、今年も楽しみでしかたがない。
もうすでに、来年(2020年)は2か月間暮らそうかな?、と思案しているくらいだ。




# by hiriver | 2019-02-14 20:50 | 日本あれこれ

アメリカ東海岸二週間冬物語:最終話 ホワイトハウスのワシントン

ワシントンの象徴の一つである、空へとそびえ立つ尖塔と、その正面のリンカーンの殿堂「リンカーン・メモリアル」へ行った。

f0155477_15461434.jpg

f0155477_15463312.jpg

f0155477_15311128.jpg


f0155477_15312459.jpg


f0155477_15313766.jpg


まあこのリンカーン像の大きいこと、大仏さんじゃないのだからと思う、ちらりと横に黄色い服の人間が見えるが比較を。
リンカーン・メモリアル館も向いに立つ尖塔も大迫力であった。
世界一の国有面積を誇るアメリカは、国内に時差があるほど広大なのでか、形なす物はなんでもけた違いに大きく造りたがるようだ。
なんでも大きければ自慢できると思っているところが、ど~も軽い。

次も巨大な、ジェファーソン記念堂。
アメリカ合衆国第3代の大統領であるトーマス・ジェファソンを記念する建物であり、ジェファソン大統領は、アメリカ独立宣言の起草者として知られている。


f0155477_15560677.jpg

f0155477_15562489.jpg

次は、ホワイトハウスへ。

f0155477_09221511.jpg

ホワイトハウス前の広場では、クリスマスツリーが飾られており、夕食後にも立ち寄るとツリーはネオンに輝いていた。

f0155477_09244993.jpg


f0155477_09251111.jpg

クリスマスシーズンのアメリカは、クリスマスの準備で、みな気分が高揚し舞い上がっている。
まあアメリカ人にとっては、年間最大のイベントだろうからね。

話は飛ぶが、そいうや中華料理も食べたので・・・

f0155477_09533847.jpg

f0155477_09535869.jpg

f0155477_09541216.jpg

f0155477_09542670.jpg

f0155477_09550894.jpg

f0155477_09552283.jpg

なんだかたまに中華料理なんて食べると、懐かしくてみょ~に胃が喜ぶというか落ち着くというか、つい食べ過ぎ飲み過ぎちゃいました。

さて・・・
このツアー3つ目の美術館「ナショナル・ギャラリー」へ。 

f0155477_09413561.jpg

ワシントンDCのナショナルギャラリーは、13世紀から現代までの絵画や彫刻を中心とする西洋美術のコレクションからなり、その規模は世界でも5指に入るといわれる。
とくに印象派の油絵が圧巻の数。

フェルメール、ルノアール、モネ、セザンヌ、ゴッホ、またレンブラントなどなども・・・まずは、圧巻の2枚のフェルメールから。

f0155477_09422013.jpg

f0155477_09424652.jpg

f0155477_09431254.jpg

f0155477_09440677.jpg

f0155477_09442449.jpg

f0155477_09444368.jpg

一枚一枚の絵の迫力に魅せられ、ここにいたら時間の感覚はなくなり、あっという間に集合時間がきていた。
どれだけいようと、まだほとんど見てないゾ!!という寂しさが残った。

今回のツアーで見て廻った、ボストン美術館、メトロポリタン美術館、ナショナル・ギャラリーは、ふたたび個人旅行でこようと強く思ったほどの感銘を受けた。

そりゃ~そうだろう、大迫力の本物の絵画がガラスケースなどでガードもされず、時空を超え生で見れるのである。
それもその枚数たるや、これでもかと大量に展示されているのだ。
こんな高尚な時の流れは、そうはなかろう。

国会議事堂もUP。

f0155477_10002540.jpg


スミソニアン博物館へ。
アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然史の博物館群・ 教育研究機関複合体の呼び名とのこと。
技術科学館では、宇宙船や飛行機、とくに零戦には見入った。


f0155477_10084222.jpg

f0155477_10085793.jpg

f0155477_10094690.jpg

f0155477_10100074.jpg

最後の写真は、日本の零戦だが・・・
当時、世界一の戦闘機と恐れられた零戦は、たくさんの誇るべき技術があるのだが、その中の一つが、高速で回転しているプロペラとプロペラの間から速射砲を連射するという、考えられぬ技術を持っていた。
コンピューターもない時代に、手計算で、高速で回転するプロペラとプロペラの間から、寸分の狂いもなく弾を打ちだすのを可能にしていたのだ。
もちろん寸分の狂いでもあれば、プロペラは粉々となり墜落する。
冗談だろう!というくらい凄い技術と頭脳と思わぬか。
私は、このことを中学生のとき本で知り、理工系へ進む元になったことを思い出した。

そしていよいよ旅の締めくくりの最後の晩餐となった。
ここはアメリカ、やはり最後はステーキ、高級ステーキ専門店で美味しいアンガスビーフのステーキを食べた。
もちろんヨメも私も、ベリーウエルダンでオーダー。


f0155477_10235976.jpg

f0155477_10240927.jpg

f0155477_10251298.jpg

そしてこのツアーに乾杯。

f0155477_10323369.jpg

今回のアメリカ東海岸の旅はここで終わりたい。
いつもは大嫌いなツアー旅行であったが、思いのほか充実していたし、大いに楽しめ満足できた。

それは、参加者が12名と少数のビジネスクラス専用客のツアーであったこと、このクラスに集える年配者の客層で上品であったこと、二週間と長めの旅だったこと、最新のトイレ付大型観光バスの座席を一人で4席も使用できたこと、望んでいた三つの美術館巡りができたこと、使用ホテルがヒルトンとマリオットと高級であったこと、クリスマスシーズンのアメリカが一番輝く時期の旅であったこと、食も充実しどの銘柄の生ビールも美味しかったこと、ニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、ボルチモア、ワシントンのたくさんの観光地を廻れたこと、などなど充実した満足する思い出ができたことだ。

このビジネスクラス客専用のアメリカ東海岸ツアーと、その少し前に行ったやはりビジネスクラス客専用の北部インドツアーがきっかけで、このレベルのツアーならば年に1~2回くらい参加してもいいかな、と思い始めた。
もしヨーロッパかクルーズで、よほどお気に入りのツアー旅行が出たら考えようと思う。

もうすぐ毎年恒例の、ホーチミン1か月間暮らしに出かけるので、いまはスーツケースに入れる荷造りに忙しい。
ホーチミンには、1人40kgまで機内荷物の預け入れができるので、なんでもかんでも持ち運べるのがいい。
ヨメも私も大量の文庫本を持ち込み、読み終わると帰りにホーチミンで処分してくるのがいつものパターンだ。

帰りは処分した大量の本の代わりに、ホーチミンで買った大量の物が収まる。
ホーチミンは、なんでも安すぎるので困る。

食と買い物の街ホーチミンは、何度訪れても飽きることはない。



# by hiriver | 2019-02-09 20:50 | 旅行:アメリカ

アメリカ東海岸二週間冬物語⑦ フィラデルフィア、ボルチモア、ワシントンへ

大型バスはニューヨークに別れを告げ、フィラデルフィアへ向かった。
ニューヨークからは2時間半の行程だ。

まずはアメリカ独立宣言が行われた合衆国誕生の地、世界遺産「独立記念館」へ。

f0155477_09333404.jpg

f0155477_09351667.jpg

この鐘は独立宣言の際に打ち鳴らした、アメリカ独立のシンボル「自由の鐘」らしいが、そこに込められた精神の本質は、アメリカ人以外判るはずもない。

そしてアメリカ最古の住宅街「エルフレス小径」へ。
最古の住宅街とはいえ、お洒落なのには驚いた。

f0155477_09462536.jpg

f0155477_09463693.jpg

f0155477_09464787.jpg

なかなか趣があり素敵で、日本の木造の長屋やアパートに比べると、赤レンガと木の調和がクラシカルでよかった。
観光スポットの一つになっているのも判る。

独立記念からの伝統料理「ターキーポットパイ」を、有名専門店から紹介。

f0155477_10103922.jpg

f0155477_10080500.jpg

f0155477_10081820.jpg

f0155477_10083932.jpg

f0155477_10085494.jpg

f0155477_10113048.jpg

この4種のビール、ぜ~んぶ私の。
飲み過ぎ。
ターキーポットパイは、すごく美味しいクリームシチューといったところ、全員ペロリと食べ評判が良かった。
ターキーはよほど安いのか、私にいわせるとターキーがゴロゴロ入り過ぎ、過ぎたるはである。

次は、全米屈指の港町ボルチモアへ移動、ボルチモアは星条旗発祥の地として名高い。
当時の星足らずな星条旗から・・・


f0155477_10241433.jpg

f0155477_10254733.jpg

f0155477_10255944.jpg

f0155477_10261015.jpg

先を急ぐので、一気にワシントンまで入り、ジョン・F・ケネディも眠るアメリカ最大の軍人の墓地であるアーリントン国立墓地を。

アメリカの国民的英雄と政治家、30万人を越える戦死者、その家族が眠っている国立墓地で、美しい緑の芝生に覆われた丘に、白い墓碑が整然と並ぶ。ダラスで凶弾に倒れた第35代大統領ケネディの墓もある。

f0155477_15120017.jpg


f0155477_15122107.jpg


f0155477_15145933.jpg

アーリントン墓地は映画で何度も観ているので、始めてきた感じがまったくしなかった。

今回は、一気にワシントンに入り、連泊したホテル:ダブルツリー・バイ・ヒルトンまで紹介しておきたい。

f0155477_15182727.jpg

f0155477_15202929.jpg

f0155477_15204237.jpg

f0155477_15205278.jpg

次回はワシントンのUPを予定。
ホワイトハウスなどたくさんの名所があり、連泊して観光したワシントンだが、出来れば次回でアメリカの旅の最終話としたい。
なにせ次の旅がすぐそこに迫っている。



# by hiriver | 2019-02-05 20:50 | 旅行:アメリカ

アメリカ東海岸二週間冬物語⑥ マンハッタン五番街のクリスマス

世界金融界の中心、ニューヨークのマンハッタン島を巡った。

f0155477_15502486.jpg

超高層ビルに囲まれたセントラルパークを抜け・・・

f0155477_15521189.jpg

まずは、9、11貿易センターテロ事件のツインタワーがあった跡地、グランドゼロへ。

f0155477_15562626.jpg

そしてせっかくなので予定になかったトランプタワーへ行くことに。
だがトランプタワー内に入るためには、空港なみの厳重なセキュリティーチェックを受ける必要があった。
タワー内を巡り、記念にトイレに寄り、犬のようにマーキングをしてきてやった。

f0155477_16092524.jpg

f0155477_16102945.jpg

f0155477_16110323.jpg

トランプタワー内は、どこもクリスマス気分で大いに盛り上がっていた。

トランプタワーを出る頃には日も落ち、ますますクリスマスにむけ街は浮かれていく。
そんな熱気が最高潮の五番街と、狂気漂うロックフェラー・センタービルのあの有名なクリスマス・ツリーの人混みへと向かう。

f0155477_18504326.jpg

f0155477_18510331.jpg

f0155477_18511929.jpg

いや~、驚き、桃の木、ポール牧!
ロックフェラーセンタービルへ行くために、10m進むのに10分以上かかる状態の人混みに揉まれながら、ツアー客の必死の行進が延々と続いた。

ツアー客がはぐれぬように、我々を先導する現地ガイドの大声が、騒音の夜空にこだまする。
だがロックフェラーに近ずくにつれ、大混雑の人混みに身体がもみくちゃにされ、どうしても一歩も動けぬ状態になった。
そりゃ~そうよ、ずうたいが大きな外国人に囲まれたら、日本人なんて身動きなんてできぬよ、そしてみんな連れがどこにいるのかも判らぬ状態。

山手線の通勤ラッシュの、身動きとれぬ混雑ピーク時の電車内を想像願いたい、人間おしくらまんじゅうで、自分の意志とは関係ない方向へどんどん引きづられたよ。

f0155477_18570381.jpg

f0155477_18573401.jpg

f0155477_18575391.jpg

あのツリーに、ここまで近づくので精いっぱい。
結果、ロックフェラーセンタービル前のクリスマスツリーは、噂ほどたいしたことないというのが私の感想。
それでも高さ20mはあるだろう。
まあしかし、あれだけ大きな「もみの木」を毎年探し出し、飾り付ける努力は買わなくてわ。

必死の格闘の後で、私はもう汗まみれのずこずこ、着ているダウンの前を開けるとシャツと胸の間から、もわっと湯気が出てきたよ。
ずこずこ下着を脱ぎてェ~!ビール飲みてェ~~!!と、第一声というか、大声の独り言。

と、タイミングよく夕食だと。
やった~~!

マンハッタンの5番街の高級レストランにて食事。
メシはいつでもいいから、まず生ビールを持って来るようにオーダー。
ビールを待つ間、トイレでずこずこの下着を脱いで、あ~気持ちイイ。


f0155477_19192495.jpg

これを二息で飲みほし、もう一杯オーダー。

食事は、オマール海老のスープ、赤手海老のなんとか、キングサーモンのムニエル、デザート。

f0155477_19231430.jpg

f0155477_19233240.jpg

f0155477_19235281.jpg

f0155477_19240669.jpg

全部、美味しかった。
キングサーモンには、日本の空港ラウンジでいつも手に入れる小さなビニールケースの醤油をかけ食べた、うまさ5倍増し。

普段は夕食を食べぬヨメも、ツアーに出ると夕食をペロリと食べる。
他のツアー客の手前、自分だけ食べぬのは場がシラケるからであろう。

でもしかしツアー旅でも、ヨメはときどき夜10時頃にホテルのジムで1時間ほど汗を流していた。
もちろん私は部屋で持参のウィスキーをあおり、一日の疲れもありほとんど意識不明、いつもヨメがいつ戻ってきたかは知らぬ。

ニューヨーク滞在中のある夜、タイムズスクエアのブロードウェイにて「オペラ座の怪人」のミュージカルを観た。
総席数1700の巨大な劇場だが、年中いつも満席の超ロングランらしい。


f0155477_19394423.jpg

f0155477_19400392.jpg

正直にいうと、私は根っからのミュージカル嫌い。
私は年間100本も200本も映画を観るが、アカデミー賞を取ったミュージカル映画以外、まずミュージカルを見ることはない。
だからミュージカル映画だけは、映画館で封切を観たことがないということだ。

歌舞伎も舞台劇もほんのたまに観に行くが、ミュージカルだけは券を頂戴しても行くことはない。
そのくらいミュージカルは興味ない。

今回の「オペラ座の怪人」は、ツアー行程の一部なので、なかば拉致されたように観たのだが、恥ずかしいことに感激し見入ってしまった。
なるほどロングランしているミュージカルだけあり、歌のうまさがハンパなかった。
ようはスターたちの歌に魅了されたのだ。

だいぶ前になるが、ブロードウェイで15年もの超ロングランをし、それを映画化した「コーラスライン」というミュージカル映画には確かに感動した記憶がある。
あとは、ドレミの歌、マイ・フェア・ レディ、レミゼラブルなどか。


最近ではアカデミー賞作品賞を射止めた、「ラ・ラ・ランド」という素晴らしい一本もあった、これも受賞してから観て感動した。

な~んだ、ミュージカル好きじゃん!とお思いになろうが・・・

まあしかし、本質的にはミュージカルは肌に合わぬ、というか、歌わずに話したほうが早くないか!?と思ってしまうのだ。

変な方向に話はいっているが、次の旅(ホーチミン1か月間)が控えているので、このあたりでニューヨークは切り上げ、次回からはボルチモア、フィラデルフィア、ワシントンへとUPを急ぎたい。


# by hiriver | 2019-02-01 20:50 | 旅行:アメリカ