遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:アメリカ
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:グアム
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

アメリカ東海岸二週間冬物語① ビジネスラウンジでくつろぎビジネスクラスで出発

自分たちで段取りする個人旅行しか興味がない我々夫婦が、インド周遊のツアー旅行に続き、去年二度目の海外ツアー旅行に参加した。
行き先はアメリカ東海岸の都市だった。

個人旅行で、今年あたりニューヨークで1か月間暮らしをしようと計画し、去年の夏場からコンドミニアムなどをチェックしていたところ、去年11月の沖縄1か月間暮らしに旅立つ10日くらい前に、新聞で今回参加したアメリカ東海岸を廻るツアーを知り、衝動的に申し込んだ。

なぜ衝動的に申し込んだのかというと、飛行機がビジネスクラス使用(ビジネスクラス利用客だけでのツアー)で、ツアー旅の割には2週間と長く、今年あたりにニューヨーク1か月暮らしを計画していたので、最近のニューヨークがチェックができるし、なんといってもクリスマスシーズンのニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、ボルチモア、ワシントンなどを見てみたいし・・・などなど逆に行かぬ理由が見つからぬ!とヨメが張り切つてしまったからだ。

個人旅行とは違い、ツアー旅行はなにもかもすべておまかせ旅行だし、ヨメはなんの手間いらずということで、あらよ!っと即決した。

いつもだと我々夫婦は、どこへ旅をするにも個人旅行しかしないと書いたが、そのかわりヨメの負担は大変で、訪れる都市のコンドミニアム予約の日時選定をし、
飛行機とコンドミニアムの日時をつなぎ、飛行チケット予約や座席を決め、その街でのタクシー、バス、電車等の乗り物の事前チェックをし、観光地や食べ物などなどのチェックをし等々で、ヨメは毎度、ミスが許されぬ大仕事をすることになる。

それでも私もヨメも、添乗員に案内され、さらに見知らぬ人間と同行の、ただ行って帰ってくるだけのツアー旅行は好みではなく、とくにヨメは面倒でも長期の個人旅行の下調べや段取りをすることが面白いというし、旅先での楽しさの密度がツアー旅行とはまったく別物だという。

たしかにその通りで、ただ上っ面をナメてゆくツアー旅行は旅とは言えぬし、まあしいていえば添乗員同伴見学会と思っている。
と能書きを垂れながら、今回はANAのビジネスクラス利用のクリスマスシーズン2週間アメリカ・ツアーに、ちゃっかり参加した。

さてさて出発。
福岡空港のビジネスラウンジでくつろぎ、成田へ飛んだ。
アメリカ2週間のビジネス客だけのツアーとなると、全国からたった6組12人の客が成田で集合することになった。
アメリカで、この少数12人ということが、現地の大型観光バスを利用する際に、1人で4席も使用できる超楽さと贅沢さを味わうことになる。

成田空港の搭乗チェックインカウター前に各自集合だが、その前に成田空港のANAのビジネスクラス・ラウンジで1時間ほどリラックスして集合場所に行った。

成田のビジネスクラスラウンジは、世界有数のゴージャスなラウンジなので利用せぬともったいない。
寿司、サンドイッチ、お握り、カレー、うどん、焼きそば、サラダ、パン、ケーキ、お菓子、などなどの食事に、各種アルコール、ソフトドリンク、さらにシャワー室利用などすべて無料。
このラウンジで、優先搭乗の時間になるまでのんびりと過ごす。

f0155477_10264687.jpg

f0155477_10270500.jpg

f0155477_10283533.jpg

f0155477_10284774.jpg

f0155477_10290824.jpg

f0155477_10294939.jpg

f0155477_10311433.jpg

f0155477_10313546.jpg

f0155477_10314589.jpg

f0155477_10315566.jpg

f0155477_10342345.jpg

ヨメは、シャワーがあるビジネスラウンジを利用すると、必ずシャワーを使う。

時間となり、私は、ほろ酔い加減で機内へ優先搭乗。
ボーイングの最新機のビジネスクラスは、おのおの座席が完全ボックス型なので、自由で素敵な時間が過ごせる。


f0155477_10491672.png

f0155477_10493263.jpg

f0155477_10494785.jpg

f0155477_10500029.jpg

シートには、フルフラット時に使用するマットレスと上掛け布団、スリッパ、洗面具など10種入りバック、枕など最初から用意されている。

ちなみにフルフラットシートとは、座席が完全に平ら(180℃)になるまで伸びるもの。
これは航空会社や航空機材により変わり、160℃や170℃などの座席仕様もあるので事前にフルフラット(180℃)仕様かどうか確認したほうがいい。
ビジネスクラスはフルフラット仕様以外、まったく有り難味がないし捨て金同然である。
たかが10℃の違いだが、されど大きな10℃、まっ平らの素晴らしさは、実際に利用するといやっというほど判る。

ボーイング社のフルフラット仕様の紹介画像をUPすると。


f0155477_11042543.jpg

完全にベットができあがるので、さらにここにマットをひき、布団をかけ、枕を置く。
それまではシートを自在に傾け、アルコール類を飲みながら最新の映画を数本観るのが、私の過ごし方。

成田からニューヨークまでは12時間半、リラックスする時間はいくらでもある、というかビジネスクラスで旅をする時は、なるべくフライト時間が長いほうが嬉しい。
ビジネスクラス機内では、飲んだり、食べたり、映画鑑賞をしたり、仮眠したり、いくらでも楽しむことがあるので2~3日間乗り続けていたい気分になる。

そして食事、アメリカ往復のヨメと私の分を一気に。
まずは、食前酒とアペリティフから始まり・・・
私の食前酒は決まっており、ジントニックとトマトジュース。
搭乗中はいろんなアルコールを飲むが、とくにジントニックは何杯も飲む。

f0155477_10471002.jpg

f0155477_15302794.jpg

f0155477_15304120.jpg

f0155477_15305123.jpg

f0155477_15315190.jpg

f0155477_15320330.jpg

f0155477_15322353.jpg

f0155477_15331287.jpg

f0155477_15340659.jpg

f0155477_15352258.jpg

f0155477_15354096.jpg

f0155477_15374768.jpg

f0155477_15365204.jpg

f0155477_15380542.jpg

メイン料理などのメニューは豊富で、アペリティフからデザートまでのコース料理が、2時間くらいかけ一皿づつ運ばれる。

その他、好きな時間にオーダーできるメニューが20種くらいあり、たとえばサンドイッチ、果物やチース、一風堂ラーメン、銀だこのタコ焼き、かき揚げうどん、ハーゲンダッツ等々・・・

私も夜中に映画を観ている時に、一風堂ラーメンと銀だこのタコ焼きをオーダーした。


f0155477_10560545.jpg

とうぜん美味しいが、こんなことを夜中にしていると身体に悪いと反省。

こうやってアメリカツアーが始まった。

機内の気分はルンルンで、楽しくてしかたがない。


by hiriver | 2019-01-12 20:50 | 旅行:アメリカ
<< アメリカ東海岸二週間冬物語② ... 初春から女優に囲まれどうしたらいいの >>