遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:アメリカ
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:グアム
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

初春から女優に囲まれどうしたらいいの

正月三が日も明け、バルコニーのテーブルセットに座り、小春日和の陽光にキラキラと輝く大濠公園の湖を眺めながら、熱いコーヒーを飲んでいた。

すると左側のイスが動き、タバコの煙をフゥーと吐きながら、片手にコーヒーカップを持った小泉今日子さんが、当然のようにす~っと座った。

エッ!!と思っていると、今度は右側のイスが動き、深津絵里さんがショートケーキを乗せた小皿と紅茶をもって現れ、「少し食べる?」と私に聞く。

そういえば、深津絵里さんはなかなかテレビに出ないし、彼女くらい私生活が不明な女優はいないという噂だ。
なるほど、深津さんは私んちに住んでいるから世間には判らぬはずだ、と私はフッと思った。
ん、そりゃ~、ここに住んでりゃ判らぬハズだな・・・

と、再びエ~ッ!!今度は40代の一番色っぽかった頃の大原麗子さんが、リビングから今日子さんと絵里さんに「冬場はお仕事、忙しいの~?」と聞いてきた。

すると今日子さんも絵里さんも、冬場は寒いから仕事はしないの、ここで暮らすの、と言った。

私は黙ってコーヒーを飲んでいる。

次に麗子さんが「お昼は何食べる~??」と突然言った。

すると今日子さんが、寒くなったからみんなで鍋でもつつきながら熱燗でも飲もうよ、と言い、絵里さんも、うん、それいいネ~、と言った。

「じゃ~ぁ、4人で買い物でも行こうか~」と麗子さんが云う。

黙って聞いていた私は内心、うわ~、これからず~っとこの3人と暮らすのかしら?と下心が満開になったところで、ほんと~に残念ながら目が覚めた。
贅沢な初夢だった。

次の話は事実である。
私は、40代の頃の大原麗子さんと、銀座の高級クラブで一緒にカクテルを飲み、会話をしている。

もちろん二人きりではないが、私の連れの男性と大原麗子さんとその事務所の男性、の4人で2時間ほど飲みいろんな話しをしたことを覚えている。
話の内容は、彼女はすでに故人なのでここでは伏せる。

40代の強烈な色気とオーラを放つ生の大原麗子さんは、異次元の美しさであった。
その頃、「すこし愛して、なが~く愛して!」のウィスキーのコマーシャルが、男性陣に超話題のときであった。

その大原麗子さんの若い頃に、出逢った頃のヨメはよく似ていた。
だからヨメに惚れたのか、惚れて気が付いたのかは忘れたが・・・

もちろん大原麗子さんにお会いしたときに、失礼なのでそんなバカな話はしていない。
でも逆に、やっぱり似ているナ~、と確信したのを覚えている。
しかし、この話はヨメにしたことはなく、いまここで初めて暴露する。
だからどうした、という話だが。

大きな新鮮で瑞々しいナスが手に入ったので、二日に分けナスの料理を二品作った。
もうすでに正月料理は飽きているので・・・

一品目は、明太スパゲッティーに焼きナスを添えた。

f0155477_15195693.jpg


もう一品は、大好きな揚げ出し豆腐。

f0155477_15215003.jpg


野菜が多くて豆腐は隠れてしまっているが、豆腐はじっくりと揚げ、ナスとオクラとプチトマトは揚げずにフライパンで軽く焼き、器に盛って甘く濃いめのダシ汁をかけ、たっぷり大根おろしとショウガを添えた。

揚げ出し豆腐は
ヨメが大好きだし、ビールにも合うしで、しょっちゅう作る我が家の定番料理である。

初夢の続きが毎夜見れると幸せなのだが・・・
そしたら夜半、ダラダラとウィスキーなんて飲まずに、毎晩9時には寝ますけど。



by hiriver | 2019-01-07 20:50 | 日本あれこれ
<< アメリカ東海岸二週間冬物語① ... あけましておめでとうございます... >>