遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
タグ
画像一覧

京都、和歌山2週間ドライブの旅(最終話) 車は高野山、那智、熊野古道、白浜へ

今回で、この旅を一気に終わらせよう。

10泊した京都をあとにし、高速を走り抜けた車は和歌山県に入り、太平洋に突き出す近畿の長い海岸線を、2日間かけぐるりと一周した。

1泊目は那智勝浦で、熊野那智大社、那智の滝、高野山、熊野古道などを見て廻り、2泊目は白浜まで走り観光した。

1泊目の那智勝浦の宿に入る前に、世界遺産:熊野速玉大社へ立ち寄った。

f0155477_09175532.jpg

f0155477_09181661.jpg

私もよくはわからぬが、熊野速玉大社は熊野本宮大社熊野那智大社とともに、熊野三山を構成する大社ということらしい。
わからぬが、熊野とうだけで深く首を垂れ参拝。
バカは、気分と雰囲気に弱い。

この日は遠距離をドライブしたので、PM3:00に予約していた那智勝浦の立派な温泉ホテルにチェックイン。

f0155477_09284558.jpg

f0155477_09292576.jpg

f0155477_09293305.jpg

翌日は、熊野那智を見て廻った。
まずは日本三名爆にも数えられる、高さ133mの雄大な、日本一といわれる那智の滝へ。

熊野那智大社に参拝する、道なりの途中にある滝なので立ち寄ったのだが、栃木県日光のあの華厳の滝が、小学生に見えるくらいの迫力と美観であった。

f0155477_09425927.jpg

f0155477_09431278.jpg

f0155477_09433968.jpg

次は、熊野古道の中にある熊野三山の一つ、世界遺産:熊野那智大社へ。

f0155477_09392541.jpg

f0155477_09511242.jpg

サッカー日本代表のトレードマーク「八咫烏」。
神の使いである八咫烏(ヤタガラス)が祀られているのが、まさにここ。


f0155477_09512021.jpg

熊野那智大社から見る那智の滝は、迫力満点で荘厳である。

f0155477_09513480.jpg

そして、熊野古道へ。
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録された高野・熊野は「パワースポット」としても注目されている。

f0155477_10170804.jpg

f0155477_10175208.jpg

f0155477_10182249.jpg

悠久の修験道だからなのか、暗示による気のせいなのか、これだけ霊気が漂うところはそうはなかろう。

それは、樹々の、あるは大自然の精霊を感じているのかも知れぬ。

ついでに、吉野熊野串本の海岸線にある国立公園:橋杭岩に立ち寄った。
ここは海岸線に、杭を打ったような奇岩が並んでいた。

f0155477_15475622.jpg

f0155477_15481802.jpg

この日は2日目の宿泊先である、南紀白浜の素敵な温泉付きコンドミニアムへ。

f0155477_15255374.jpg

f0155477_15261095.jpg

f0155477_15263698.jpg

温泉大浴場は人がいて写真は撮れず、もちろん自室にもバスタブはあり温泉は出る。

どんなに素敵なホテルでも、広く明るい素敵なサービス・アパートメントやコンドミニアムにはかなわぬ。
価格が張ろうと、私の旅は、やはりサービス・アパートメントやコンドミニアムが好みとつくづく思った。

チェックイン後、南紀白浜を観光。

千畳敷を見に行ったが、海にせり出している岩場が広いと言うだけでたいしたことはない。

f0155477_15411676.jpg

f0155477_15414327.jpg

最後は、吉野熊野国立公園:三段壁で終わろう。

f0155477_15520834.jpg
f0155477_15523262.jpg

千畳敷も、この三段壁もそうだが、たかが岩場を見せられても、島国の日本の海岸線にはなんぼでもありそうな景色で驚かぬし、逆にこの程度で国立公園かい、と思ってしまう。

今回の予定していた旅もすべて終え、翌朝は福岡へ向けて車を走らすのだが、まずは7時間ほど高速をすっ飛ばし、岡山で1泊し休憩する。
岡山で利用するホテルは、行きにも泊まった、もとはオークラホテルという素敵で格式高い岡山国際ホテル。

岡山から福岡までは、また7時間のドライブ。
行も帰りも、長時間を走る時は、ヨメと約1時間半ごとにSAで運転を交代する。

世界中どこでも、家からヨメと、自家用車で自由気ままにドライブ旅ができたら、どれだけ楽しい事かといつも思う。
今はナビがあるから、昔みたいに地図を広げ道に迷うこともないので、ほとんど自動運転みたいなものだ。
ガソリンの減り具合だけ心配してればいい。

さて、半月間にもおよぶ、京都、和歌山ドライブの旅は無事終わった。
毎日毎日、観光や街歩きや食を堪能でき最高であった。

今回の旅は、次々と神と信仰を目の当たりし、いろんなものを学んだ。
無信心な私は、行く先々で、ただ手を合わせ、これまで無事にヨメと生きてこれたお礼をするだけだった。
それだけで満足感に浸れた。

次の旅まで、自宅で日常生活にもどる。



by hiriver | 2018-10-01 20:50 | 和歌山
<< 最低だった朝鮮への旅 京都、和歌山2週間ドライブの旅... >>