遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
タグ
画像一覧

京都、和歌山2週間ドライブの旅⑤ 清水寺から八坂神社を散策

早朝の世界遺産:清水寺の境内に入った。

さすがに朝8時の境内は、観光客もまばらなので静けさの中あり、寺は樹々に抱かれているせいか、清々しい空気が流れていた。

f0155477_09215399.jpg

f0155477_09241481.jpg
f0155477_09243473.jpg

肝心の「清水の舞台」は、現在修復工事がなされており、見学不能であったのが残念。

いわせてもらうと、肝心な物が工事で見れぬのなら、参拝料を払うときに、現在は工事中なので清水の舞台は見えませんけれども、という参拝者への説明が必要であろうよ。

だまし討ちみたいなことをして金を稼ぎやがって、神社仏閣はすべての税金が免除されているのに、やることが姑息でふざけている。

これは以前から思っていたことだが、神仏にたずさわる者はみな
金への執着心が強よ過ぎて、うさんくさく見えてしょうがない。

せっかくなので、2年前に参拝したときの写真を一枚UPしておきたい。


f0155477_09284227.jpg

参拝をおえ、1時間後に帰る時の山門は、すでに観光客がたくさん押し寄せていた。

f0155477_09285226.jpg

この日は、清水寺から三年坂、二年坂を抜け高台寺へ、さらに、ねねの道を歩き八坂神社をめざす。

さて、清水寺の参道に並ぶ店を見てまわり、参道の途中で産寧坂(三年坂)へと曲がる。


f0155477_10213568.jpg

f0155477_10221397.jpg

産寧坂(三年坂)の途中で、今度は二年坂へと曲がる。
すると目の前に、映画やドラマやドキュメンタリーでお馴染みの風景である、五重の塔(八坂の塔)が見えてくる。


f0155477_10294575.jpg

f0155477_10303098.jpg
家並みの間から、当然のようにお寺や五重の塔が見えるのが、さすがに京都である。

二年坂を抜けると、世界遺産:高台寺が厳かにあらわれる。


f0155477_08551563.jpg

高台寺の横道には「ねねの道(秀吉の正妻)」が、当時の趣のままの木漏れ日の中にあった。

f0155477_08585734.jpg

ねねの道を抜けると、すぐに朱色が目に鮮やかな世界遺産:八坂神社がある。

f0155477_09015383.jpg

f0155477_09021318.jpg

f0155477_09022704.jpg

神社仏閣のいわれは詳しくは書かぬ、ここに詳しい説明を書いても読みなくもなかろうから省く。
歴史家でないのであまり知る必要もないと思うし、実際に参拝した際に本人がパンフレットなどで学べばいい。

実際に京都の神社仏閣を参拝すると、凛としてたたずむ神々しさ、厳かさ、神聖さ、清らかな空気感などに心打たれ感動する。
目の当たりにすると、静かだが心揺さぶる圧倒的なパワーのほとばしりを感じ、そのパワーに包み込まれるのを実感できるのだ。

それは、私の持論だが、神仏にたずさわっている坊主などの偽パワーとは無縁であり、長い長い年月のなかで幾億人もの信者や参拝者の祈りや信心の魂が、神社仏閣に霊を注入させた結果だと思う。

昼食といこう。
この日は徒歩なので、「京都おばんざい」でビールと冷酒を好きなだけ・・・

f0155477_09262212.jpg

おばんざいとは、いわゆるおふくろの家庭料理のことであろうから、味は日本中そんなに大差はない。
おばんざいは、京都のいろんな食事処で食べても、別段、京風な味でもなく、九州で一般的に食べる美味しい家庭料理となんら変わらぬ。
だから、ご飯もアルコールもすすむ。

さて街歩きの続きだが、せっかく京都に訪れて八坂神社の前まで来たのだから、京菓子の老舗である鍵善良房・四条本店に寄り休憩せねばなるまい。


f0155477_12065497.jpg

注文は、水ようかんセット、わらび餅、葛切りのセット。

まずは、ほうじ茶と落雁が出てくるので、それをいただきながら自分のオーダーしたものを待つ。
昔のまずい落雁の味しか知らないので、いまどきの落雁の上品な美味しさに驚いた


f0155477_12083593.jpg

やがて、水ようかんとお薄(すこし薄めた抹茶)のセット、とわらび餅が運ばれた。
水ようかんは、竹筒の中に入っている。
お薄の美味しさに感動。

f0155477_12090729.jpg

f0155477_12180641.jpg

そして、鍵善の代名詞である「本葛切り」が出てきた。
金工芸の蓋付き現代漆器の二段重ねで、黒蜜と本葛切りに分かれて入っていた。
私が知る葛切りとは別物がそこにあり感動。


f0155477_12251916.jpg

f0155477_12253690.jpg

毎日食べるわけでもないので、少々の値を払っても本物の味を知ることは、自分の味覚の引き出しが増えるので惜しくはない。

ほんま、美味しい、どすえ~~



by hiriver | 2018-09-22 20:50 | 京都
<< 京都、和歌山2週間ドライブの旅... 京都、和歌山2週間ドライブの旅... >>