遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

ブログ訪問者数に固執する恥知らずなジジィ

一年くらい前までは、他者のブログを定期的に読む習慣はなく、というか他者のブログにはまったく興味がなかった。

マレーシアでの7年間のロングステイを止め、日本に戻ってもう5年が経つ。
最低な国民性に嫌な思い出しかないマレーシアロングステイだったが、それでも多少はなつかしさがあるのか、マレーシアのロングステイヤーの地獄生活が、現在どう続いているのか垣間見たくて、1年くらい前からマレーシア発信の上位ブロガーの記事を、週に1~2回閲覧するようになった。

首位にいることが多い「マレーシアの田舎キッチン・・・」は、なるほどイラストレーターだけあり、イラストを混じえての文章はなかなか面白い。

で、誹謗中傷になるといけないので具体的なタイトル名は書かぬが、1~3位を行ったり来たりしている見苦しいジジィブロガーの話しを書く。

このジジィ、首位にいるときは意気揚々で調子に乗った文章を書いているが、2位や3位に順位が転落すると、すぐに泣きを入れ同情を買うようなことを書き出す。

決まりセリフが、「もうそろそろこのブログを止めます!」「突然このブログ閉じるかも!」と書き、読者の注意を引こうとする。
そしてたまに1位に返り咲くと、止めると言ったのは冗談で、ブログなしでは生きる楽しみはない、と言い出す。

さらに、たいした病でもないのに大病をよそおい、読者の同情を誘う。
たとえば、たかが大腸ポリープ(病気の内に入らぬ)をガンに見せかけ延々と同情を買う、こちとら実際に大腸ガンをやって生死の綱渡りをしているので腹立たしい。

それとこのジジイの株の話は、株のプロからいわせてもらうと、ほぼウソぱちの話である。
株をさわったことがある程度のド素人で、ほんとうはデイトレ(日々の株の売買)をやっていない見栄っ張りのジジイにすぎぬ。


こんな女々しい、ヘドが出るような、恥知らずジジィのブログはどうにかならぬのか。
そんなに嫌なら読むなよ!という御意見もあろうが、ハイ、気分が悪くなるのですでに読んでませんから。

今ここで何を書いているのかというと、今回のテーマは「恥知らずな年寄り」で、ジジィの子供帰りも含まれる。

最近は、巷に恥知らずなジジィが増殖している。
場所をわきまえずすぐにキレる、暴力を振るおうとする、他者の云うことをまったく聞かぬ、男のくせにすぐに泣きを入れ同情を請う、低能なくせに独裁的、たいした人生でもないくせに自慢話ばかりをする、優先席を我が物顔で使かおうとする、無礼で横柄な口をきく、等々・・・

こんなジジィ連中はいらぬから、早く逝ってくれと思う。
この連中、善良なジイさんに、大迷惑を与えていることを認識していない。
というか、痴呆と同じで、それが認識できるなら、世話ないか・・・

こんな恥知らずな連中は、いままでどんな生き方をしてきたのだろうか?
どう見ても無能なので、たいした出世もせず、たいしたヨメももらえず、自分に似たアホな子供を育てたのであろう。

ブログ訪問者を競うのは、個人の勝手なのでそれは別にいいのだが、たかがブログの訪問者数くらいで、男たるもの、人にすがり付き、情けをかけてもらおうとするような文章を書いてはいかぬ、それを恥知らずという。

話は変わる・・・
お盆前のことになるが、息子からお中元が数品送られてきた。

その中の一つに愛知県の長田農園の、トマトジュース720mlとプチトマトの箱詰めがあった。

f0155477_16020868.jpg

たぶんこの箱詰めは5000円くらいである。
ということは720mlのトマトジュース1本で3000円くらいか、このトマトジュースはまあまあウマかったが、プチトマトのほうは噛むと皮は固く酸っぱく、八百屋で普通に売っているプチトマトより不味かった。

こんなつまらぬトマトで大金を取るなんて、ほとんど詐欺商売みたいなものである。
自慢の商品というのなら、一度たりとも手を抜いたり、ありきたり以下の品を出荷してはならぬだろう。

長田農園の経営者には、お客様にたいするまごころは皆無のようだ。
私は息子に、こんなところの商品は、二度と人に送るな!二度と買うな!と言っておいた。
こんな下劣な物を人に送ると、バカにされるゾ。

今回は、つまらぬ人間に対しての、怒りの記事となった。

生きていると、ときどき交通事故みたいに、つまらぬ人間というか腹立たしくなる人間にブチ当たる。

こういうときは怒りをためずに、すこしガス抜きしたほうがいい。
わざと腹を立てたり、大食いをしたり、ドライブをしたり、旅をしたり、自分にあったガス抜きでいい。

何もせず、我慢をするのが大人という人もいようが、そういう人は死ぬまで、なんでも我慢するがいい。
あんた、ストレスがたまり、そうちガンで死ぬよ。

というか、あんた、怒る勇気がないだけだろう。
キレると、怒る勇気は、まったく別物だよ。



by hiriver | 2018-08-29 20:50 | ペナン:日常ものおもい
<< 美しい人 ビジネスクラスで飛ぶインド10... >>