遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

ビジネスクラスで飛ぶインド10日間の旅③ ジャイプール観光 

今回のツアーは、ゴールデントライアングルと呼ばれるインド北部の3都市を中心に周遊する。
3都市とは、デリー、アグラ、ジャイプールである。

5~6月のインドは気温40℃を超える日が当たり前だが、この時期の気温は35℃前後でほぼ極暑の日本と同じくらいであである。

ただし、湿度が90%を超えるので、サウナの中の汗だく状態で観光をすることになる。
この湿度で、直射日光を浴びる炎天下にいると、体感気温は灼熱の40℃を超えて感じる。

現地の人以外は、直射日光下には10分以上は立ってはいられない。
だから外国人には、帽子や日傘は必須となる。

私は過去のインド旅の経験から、そのことはすべて織り込み済みなので、体に熱がこもらぬように、外歩きの格好は半袖Tシャツ、短パン、サンダル、野球帽で10日間通した。

他の男性陣は、チノパンやジーパンの長ズボン、下着の上にポロシャツ、運動靴、無帽の連中がほとんどで、見ているだけでも苦しそうだった。
だって私の半袖のTシャツですら、汗を絞り出せそうなくらいビショビショだったのだ。

全員ビジネスクラスのツアー客なので、みな上から下まで夏のお洒落服しか用意していなかったのだろう。
だがね、旅行先はインドだから、お洒落はお洒落でも、もう少し考えた服装をしなきゃ~。
これを旅慣れをしていないという。

私の持参した足元は、3種のサンダルだけでクツは無し、真夏の暑い福岡を出発するときからサンダルであった。
そして服装は短パン、半袖Tと貧相なように書いているが、実はゴージャス。
短パンはNORTH FACE 、HOLLI STER 、A&F 、Super Dryを持参 、半袖Tシャツはエルメス、プラダ、バーバリー、フェンディー等で、サンダルといってもビーサンではなくTOMMY HILFIGER などの3種である。

個人旅行のときはアディダスやナイキなどのスポーツメーカーの衣類も多用するが、グループで行くような旅の時は、そんな貧相な恰好はしないようにしている。
ただし、野球帽はアンダーアーマーとポロを使用していた。

Tシャツは大袈裟なブランド名を列記したが、ブランド名は胸か袖か首筋の部分に小さなマークがあるだけで、色も汗で変色して見えぬ白と黒と紺をメインに持参した。

今回のANAビジネスクラスは、1人で32kgのスーツケースをなんと2個までOKだったので、どれだけでも衣類を持って行けたが、私の荷物は全部合わせても15kgくらいしかなかった。

さて観光は、赤い城壁に囲まれた、別名「ピンクシティー」と呼ばれるジャイプール市内観光から始めよう。


ピンクシティーのシンボルである、シティーパレス。

f0155477_09104792.jpg

f0155477_09110436.jpg

f0155477_09112058.jpg

f0155477_09121333.jpg

f0155477_09122600.jpg

ピンクシティーと呼ばれるだけあって、街はピンク色に彩られている。
ピンクの元は郊外で採れる赤土で造られる赤レンガのせいだ。

ピンクの城壁の廻りには、ピンクバザールが続く。

f0155477_09255784.jpg

f0155477_09260916.jpg

f0155477_09262977.jpg

f0155477_09264021.jpg

今回インドを周遊して改めて感じたのは、インドの街並みはほぼ東南アジアのそれであり、マレーシアに7年間ロングステイしていた私にはまったく違和感がなかった。
東南アジアとインドって、陸続きのお隣さんだものね。
違いは宗教だけだが、マレーシアにもいたるところにインド寺があり、インド人街があり、カレー料理がある。

ジャイプールには天文台・世界遺産の「ジャルタン・マルタン」があった。


f0155477_15534846.jpg

f0155477_15541003.jpg

f0155477_15542192.jpg

f0155477_15545457.jpg

f0155477_15551635.jpg

巨大なレンガやモルタルを使って精密に作られている天文台で、古代インド人がいかに優れた能力をもち、数学に強いかが垣間見えた。
まあこれはいくら説明しても、実際に見ないと理解できぬので、以下は省略する。

ラジャスタン民族舞踊をデイナーショーで見たのでUP。


f0155477_16171311.jpg

f0155477_16172610.jpg

f0155477_16173627.jpg

インド料理は、毎日3度3度食べても、飽きることはまったくなかった。
だって、どこで食べても美味しいもの。

王妃たちが装飾格子越に街を眺めた、ピンク色の外壁が印象的な「ハワー・マル(風の宮殿)」や、インドの街並みなどUPしたいところはけっこうあるが割愛する。

次回は、二つ目の5つ星ホテルからはじめよう。



by hiriver | 2018-08-13 20:50 | 旅行:インド 
<< ビジネスクラスで飛ぶインド10... ビジネスクラスで飛ぶインド10... >>