遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:トルコ
旅行:グアム
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド 
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
和歌山
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

大好きな糸島半島へドライブ

糸島は福岡県の西の端にある、佐賀県との県境の玄界灘に突き出た半島で、「島」という文字が入っているがアイランドではない。

糸島市は、九州最大の都市である福岡市と隣接しており、美しい海岸と山河があることから、 福岡の日帰りレジャーやドライブとしても活用されている。

糸島半島の海山には、陶芸家や木工やガラス細工やステンドグラスや革工芸などの作家などが、日本全国から多く移り住む人気の地である。

私も以前、糸島の土地や家屋を不動産屋と見て廻り、移り住む寸前までいったことがあるが、あまりにも日本全国からの移住者が絶えぬし、その中の一人になるのは嫌なので止めたいきさつがある。

それと、都会派のヨメが、住むところを変えるなら糸島ではなく大濠公園廻りしかダメという一言で、糸島行きはあきらめたというほうが正確かもしれぬ。

とはいえ、まえに住んでいた家から糸島までは車で10分、現在の住所からでも車で20分程度だから、自然豊かな糸島は九州最大の都市である天神から、ほんの目と鼻の先といっていい環境にある。

だから逆に言うと、そんな恵まれた環境の地に、大自然の海と山をあわせもつ糸島はあるから、移住者が魅了されてしまうのだろう。
そんな移住者の中には、上記の作家さんたちだけではなく、お洒落なカフェやレストランやパン屋さんをオープンさせる人々も多く集まって来ている。

もともとはサーファーに人気のサーフスポットでもあるのだが、 今は美しい海岸線や山脈とともに、県外からも多くの人が訪れる観光地としても人気となっている。
例えるならば、東京の葉山、鎌倉みたいな地域だろう。

糸島の産業は、農林水産業や畜産も盛んで、地域の特徴を生かした農産物、畜産物が作られていて、 糸島で農業を目指す若者も増えている。
地方の田舎は、閉鎖的なところがあると思うが、 九州の土地柄か糸島はオープンな地域で、行政が糸島への移住の支援を行っていることもあり、 老若男女を問わず移り住んでいるようだ。

こんなに糸島のPRをして、これ以上移住者を増やしてどうするのだ、とこの文章を書きながらふと思う。
オレは糸島行政の広報か?

f0155477_15570906.jpg

f0155477_15572278.jpg

f0155477_15573315.jpg

最後の写真は糸島一番の見どころ夫婦岩があるところだが、ここを見下ろす場所に我々夫婦は、すでに「夫婦墓」を購入している。

すでにもすでにで、それも若い時分、といっていいくらいの時にである。
夫婦墓とは、その名の通り夫婦二人だけで入る墓のことである。

その二人の墓からの景色が、これ・・・


f0155477_16062017.jpg

こんなに美しい景色をもつ墓が、他のどこにあろうか。
たまたま若いときに見学した際、この景色を見て迷わずに即決し購入した。

将来、いつかどこかの時点で、この美しい風景を見下ろしながら、ヨメと二人で永眠する。
ある意味、楽しみなくらいだ。

ここがある、というだけで安心である、とても安心で、逆にこの先、永遠に死ぬ気がしない。
備えあれば患いなし、だ。

いままでに何度この地に来て、自分たちの名がすでに刻まれた墓をお参りしたことか・・・準備万端、あとは納骨するだけだ。
じつに笑わせる・・・

f0155477_16313315.jpg


by hiriver | 2018-05-29 20:50 | 日本あれこれ
<< 私の人生のかけらがある懐かしき... 楽しんで帰ってもらえたら良いこ... >>