遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
タグ
画像一覧

他国で暮らす難しさ

テレビのBS 3を見ていたら、チョイ住み✖✖✖という、海外の都市で初対面のタレント二人が一週間暮らす番組をやっていた。

それはそれでいいのだが、年に数度は同じ都市で1か月間以上暮らしている自分の旅に置き換えると、オレの旅は最後の一週間あたりからもう荷物の整理を始め、帰る準備をしているぞと思い、一週間程度で住むなんて言葉を使うなよと笑ってしまった。

まあ、テレビタレントは忙しく、こちとら毎日が日曜日の暮らしをしているからであろうが。

私の場合、海外に住むとか暮らすで思い出すのが、やはりまずマレーシアのペナン島で約7年間ロングステイしていたことだろう。

ヨメとともに若いときから海外暮らしを夢見て、長年かけ世界中のロングステイ候補地を見て廻り(どの都市でも実際に2週間以上は生活した)、そして最終的に、いろんな条件を満たしていると思ったマレーシアのペナンに決めた。

決めた以上、超早期リタイアをし、ペナンへ移住した。

常夏ペナン暮らしは、最初は魅力あふれる約束の地と思った。
ところが数年間ペナンに住むと、世界最低最悪の都市だと判った。

なにが最悪かといって、マレーシア人の腐り切った国民性に嫌悪感を感じ出した。
彼らは、約束は守らない、ウソばかり言う、横柄で高慢である。

その代表格が銀行で、銀行が平気で嘘を付くのだ、金融機関がである。
銀行が通常の約束事も守らぬし、一番ひどかったのは、日本へ振り込んだ超高額(数百万円レベルではない)が行方不明となり知らぬ顔された。

だから一般人やお店や修理業者などが、約束の日時を守るはずがない。

多民族国家のせいか、それぞれの人種が、傲慢で横柄で恥知らずなのだ。
日常生活で、そんな彼らに毎日接していると、ウンザリしヘドが出そうになった。

交通ルールは車が最優先、人は轢かれ損で、犬猫よりも人の命は下と言われた。
だから道路を渡るとわかるが、人間めがけて車が飛んでくるし、パトカーも同じだから驚く。
とくにバイクは信号なんて守らない、鉄砲の弾みたいにどこからでも飛んでくるから、間一髪の命拾いを何度もした。
彼らは本当に平気で人を轢くし、人が跳ね飛ばされているのを何度も見たよ。

マレーシアの食の環境もひどかった。
料理はほぼ、中国産の毒性の強い安油を大量に使うので、私は身体じゅうに変調をきたした。
変調によりアレルギー症状なんてなかった私の体に、強烈なアレルギーが出、そのせいでいくつもの病院通いが続いた・・・このことを詳しく書き出すと、一冊の本になろう。

そんなところでよくも7年弱も暮らしたと思うが、それは、せっかく夢のセカンドライフを海外で始めた、という意地が災いしたのだろう。
いまでこそ言えるが、マレーシアは日本人が住める環境にはない。
マレーシアの環境は、あらゆるストレスで命を縮める環境だ。

もし他国でセカンドライフやロングステイを計画している人がいるなら、それらの人のために、私はハッキリと「マレーシア以外の国にしなさい!」と云いたい。



by hiriver | 2018-05-13 20:50 | 日本あれこれ
<< タケノコ料理とフレンチトースト 今年も博多どんたくフィーバーが... >>