遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

ドライブで富士山・伊豆を三週間で① いよいよ福岡から出発

ドライブで富士山・伊豆を廻る三週間の旅が始まった。

行程は福岡から出発し、岡山(1泊)、名古屋(1泊)、富士山麓の須走にある高級別荘地が立ち並ぶ一角にあるコンドミニアム2LDK(12泊)、伊豆の伊東温泉の温泉付コンドミニアム2LDK(5泊)、浜名湖(1泊)、岡山の倉敷(1泊)、で福岡に戻ってくる三週間におよぶドライブ旅である。

ドライブ旅の醍醐味は、衣類や日用品など必要と思われる物をなんでも車に放り込んでいけることと、道中まったく時間にとらわれないでいいことである。

なので、気楽な長期のドライブ旅こそ、旅の理想といえなくもない。

で、福岡の自宅を愛車に乗り、いざ出発。

九州自動車道に乗り、まずは下関の「めかりパーキング」のレストランを目指した。
なんでかって?
そりゃ~あなた、めかりパーキングといえば「下関港焼きカレー」を食べるためでしょう!
そのために、自宅での朝食は、トースト抜きで果物3種とコーヒーだけにセーブ。
そして、めかりレストランのランチ・オープンタイムのAM10:00に飛び込み、朝食と昼食をかねた焼きカレーをオーダー。

f0155477_19513612.jpg

焼きカレーとは、鉄皿の上にご飯を乗せカレーをかけ、真ん中に生卵を乗せ、さらに廻りにトマト、ナス、ブロッコリーをのせ、その上から全面にチーズをのせオーブンで焦げ目が付くまで焼いたもの。
熱いこと、ウマいこと、病みつきになる料理である。

私はこの料理は、カレー・ドリアだと勝手に思っている。
この焼きカレーって、下関港のとあるレストランが発祥で、数年前に出来たメニューであり、その後徐々に下関全般に広がり人気が出た。

だがね、これとまったく同じ料理、ウチのヨメが30年も前に作り、我が家の食卓に二日目のカレー料理メニューとしてよく出ていたよ。
だからちょいと気が利いた主婦なら、焼きカレーに似た料理を昔から家庭で出していたと思うがナ・・・
だからいまさら下関港が発祥というのは、ちょいとおこがましい気がするが、違うかね!?

まあそれはそれとして、話を先に進めなくては・・・
下関めかりパーキングをあとにし、第一日目の宿泊地である岡山県の津山へ。
高速道路では、二つ目のSAが来るごとにゆっくりと休憩を取り、ヨメと運転を交代することに。
で、自宅から約6時間半で、この日予定していた津山城の横にあるホテルに到着。

f0155477_1605164.jpg

小山の上のちっちゃな城が津山城。
津山はあくまでも休憩のために1泊しただけなので、格別に書くこともない。

二日目の目的地は名古屋の温泉地、岡山県の津山からのんびりと高速を走っても4時間で到着。
ここのホテルの部屋はベリーグッドだった。
最上階の広く綺麗で物音一つしない静かな部屋を割り当ててくれた。
というか、パソコンでの予約時にそういうツインの部屋を指定していたけどね。

f0155477_16444441.jpg

f0155477_17215248.jpg

この洋室は電動マッサージ機付きで二間あり、洗面所やお風呂やトイレは隣の別室。
それよりもここは温泉施設なので、大浴場には5つの内風呂に2種のサウナに露天風呂に岩盤浴などもあり、翌朝の出発までに5度も温泉に浸かり、疲れを完全に抜いた。

f0155477_17271593.jpg

f0155477_17282816.jpg

名古屋なのでもちろん、きし麺と味噌カツは食べ、そのあと車は高速を一路、静岡の御殿場インターへ、そこから須走の富士山麓へと一気に突っ走る。

そして、次回はいよいよ富士山麓の須走の高級別荘地が立ち並ぶ一角に建つコンドミニアムに到着からUP。

いよいよ12日間におよぶコンド生活が始まる。
なんと、部屋のベランダの目の前に、絶景の富士山が圧倒的な存在感でそそり立っていた。


by hiriver | 2016-07-20 20:50 | 富士山・伊豆
<< ドライブで富士山・伊豆を三週間... 2016年度ハワイ旅⑧ 最終話... >>