遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:有馬温泉、六甲山( 1 )


三重から兵庫・有馬温泉と六甲山へ

三重県・伊勢神宮から兵庫県・有馬温泉へ車は走る。
SAやPAで休憩を数度入れても、伊勢から3時間半程度で有馬だから軽いもんである。

途中、目の前に琵琶湖が広がった。
 びわ湖大津SA
f0155477_929271.jpg

f0155477_9295749.jpg

そして兵庫県の有馬温泉に到着。
f0155477_93446100.jpg

f0155477_9323448.jpg

有馬の湯は、道後温泉、白浜温泉と並び称される日本三古湯のひとつである。

有馬の赤褐色の湯は「金泉」とよばれ、海水より濃いという塩分が肌に薄膜を作り、体をじわりと温める。
f0155477_104562.jpg

この湯船はホテルの金泉の風呂のだが、無色透明の硫黄分が強い「銀泉」と呼ばれる湯船もあった。

有馬温泉には2泊したが、チェック・アウトまでに10回以上は温泉に入った。
私が温泉に行くと、1日に5~7回程度の入浴は普通である。
だって、温泉に入るために温泉に泊まっているのだから、当たり前だろう。

 ホテル
f0155477_155255.jpg

f0155477_1552875.jpg

このホテルは驚くほど料理が美味しかったので、ある日の夕食メニューを紹介。

 食前酒:金木犀酒(きんもくせい)
f0155477_1594521.jpg

 先付:鮪南蛮、菊名菊花和え、銀杏豆腐
 向付:お造り三種盛り
 煮物:人参蒟蒻麺 黒毛和牛生姜
 焼物:黒毛和牛鉄板焼き
 箸休:キュウイすり流し
f0155477_15182924.jpg

 温物:鯛巻菊花蒸し
f0155477_1518746.jpg

 酢物:蟹蕪巻き
f0155477_15202384.jpg

 食事:季節の御飯
 香物:三種盛り
 果物:洋梨プリン
f0155477_15222914.jpg

食前酒から始まり、こちらのペースに合わせ、一料理ごとテーブルに運ばれてくるのだが、どの料理もこちらの想像以上に素晴らしい味だっので、少々驚かされた。
上に数品UPした品は、コース中とくに強く印象に残ったものである。

有馬の2泊3日は、温泉と料理を大満喫できた。

さて、これから泊まりに行くところは六甲山。
有馬温泉から車でたった30分の場所である。
ここには皇室御用達で有名な六甲山ホテルがある、ここに2泊しようというわけだ。

 六甲山ホテル
f0155477_1613176.jpg

f0155477_16131753.jpg

f0155477_16133858.jpg

こちらの事前注文通り、神戸の街並みが見下ろせる最高の部屋を用意してくれており、支配人がわざわざ案内してくれた。

f0155477_1615564.jpg

 夜景
f0155477_16162935.jpg

部屋から見下ろす神戸の街並は、陽が落ちると100万ドルの夜景と変わり、色とりどりに光輝いていた。
このホテルに泊まり、漆黒の闇の向こうの輝きを肴に、ウィスキーを飲みたかった。

この夜景を見ていると、約7年間住んでいたペナンのコンドのペントハウスとダブった。
夜景の遠近の違いはあれど、七色に輝く息を飲む美しい景観を思い出した。
このことだけでも、このホテルに泊まった甲斐があった。

ここで今回の半月におよぶ、ドライブ旅行のUPを終わるのが一番いいだろう。
神戸の街の散策や中華街の食事は、ありきたりのことなのですべてカットし、夜景の思い出で終わるのがいいと思う。

それにしても、ヨメとの自由気ままなドライブ旅行は最高に楽しかった。
福岡を出発し、岡山:倉敷、京都、三重:伊勢、兵庫:有馬温泉、六甲を半月かけ廻ってきた。
日本を再認識する旅、病みつきにありそうである。

実は、いま沖縄の那覇にいる。
11月15日から12月20日までの、1ヶ月強を沖縄で暮らす。
来年も同じ時期の予約をすでに入れ、この先もこの時期の沖縄暮らしは続くと思う。

今年と来年は、クリスマスと正月は福岡の我が家で過ごすが、数年後は11月から2月くらいまでを沖縄で暮らしたいと考えている。
ハマりそうな訳は、今年の3月に沖縄に2週間暮らした際に、人の良さと気候の良さに惚れ込んだ。

過去にも、沖縄本島、石垣島、宮古島、西表島など何度も訪れているのだが・・・
長年ペナンに暮らし、さらに世界中を旅して廻り、あらためて沖縄の良さを再認識したのだと思う。

もちろん沖縄暮らしの間は、レンタカーを借り東奔西走している。
か、日なが一日、部屋で料理を作り、のんびりと過ごすのもいい。
旅先の、どこでどのように暮らすも、慣れたものである。

そろそろ、沖縄暮らしのUPを始めなくてはいけないが・・・
11月23日くらいから始めたい。


by hiriver | 2014-11-19 20:50 | 有馬温泉、六甲山