遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:三重:伊勢神宮( 1 )


三重では伊勢神宮参拝

京都から約3時間で三重県は伊勢へ到着。
まず最初に訪れたのは、二見ヶ浦の「夫婦岩」。

清めの水場には、水を掛けると願いが叶うという、満願カエルが・・・
f0155477_1618153.jpg

f0155477_16182121.jpg

f0155477_16184774.jpg

福岡の我が家のすぐそばに糸島半島という地域がある、その突端にも、二見ヶ浦の地名があり夫婦岩が祀られている、それがまさに伊勢の夫婦岩とほば同じ形状をしている。
なにか関連があるのかな?

さて、祖国日本の礎が固められた伊勢神宮には、外宮(げくう)と内宮(ないくう)がある。
外宮と内宮は、車で20分くらい離れている。
外宮には、内宮に祀られている「天照大神」のお世話をする神が祀られている。

今回の旅の行程は、外宮をお参りしたあと、内宮に一番近いホテルにチェックインをし、内宮参拝をする。
さらに翌早朝、ホテル・スタッフに内宮の案内と説明を願った。

まずは伊勢神宮・外宮の参拝と思ったが、外宮門前で名物・伊勢うどんを見つけたので食い気が先。

f0155477_1516254.jpg

伊勢うどんは少量のタレがかかっているだけで、ツユもなければ具もない。
それで私はトロロ芋をトッピングし食べた。

伊勢うどんは、我が町、うどん発祥の地・博多のうどんに似て、コシがないふわふわのうどん麺なので、違和感がなく美味しく頂戴した。
うどんに、コシはいらない。

 〝伊勢神宮・外宮参拝〟
f0155477_15224053.jpg

f0155477_1523478.jpg

f0155477_15233833.jpg

f0155477_1524496.jpg

ここから先は撮影禁止、塀の外から、黄金に輝く大御神(おおみかみ)の社(やしろ)を撮影。
f0155477_15242698.jpg

f0155477_15244720.jpg

外宮参拝のあと、内宮へ車で移動しホテルへチェックイン。
泊まったのはホテル・神宮会館で、目の前の門前通りが参道へと続き、内宮へと導かれる。
でも、ホテルというより、清潔な普通の旅館。

f0155477_15431718.jpg

f0155477_15434819.jpg

食事はなかなかの料理と味だったが、UPカット。

内宮へ向かう門前町の参道は、日本内外からの参拝者で溢れかえっていた。
平日だというのにすごい人出である、週末や祭日は身動きが取れぬのでは。
ここは年中、盆と正月だね。
f0155477_15492297.jpg

f0155477_15495225.jpg

f0155477_155014100.jpg

お伊勢参りといえば、やはり「赤福」に寄らねばなるまい。
f0155477_15511759.jpg

f0155477_15514626.jpg

 〝伊勢神宮・内宮〟
f0155477_16182520.jpg

f0155477_16185091.jpg

f0155477_1619125.jpg

f0155477_16211489.jpg

この階段の上の社(やしろ)に、日本人の大御祖神(おおみおやがみ)である天照大神が祀られている。
もちろん社内部の撮影は禁止。
f0155477_16213537.jpg

日本の礎に関わる天照大神が祀られる内宮は、強烈に神聖な空気が流れ、漂う霊力はただものではなかった。

だからか、宮内の参道にいくつか建つ鳥居をくぐる時には、自然と頭が下がり、礼をした。
それは、外宮でも同様であった。
伊勢神宮はまさに、Tis is 日の本(ひのもと)である。

日ごろ無信心な私でも、神社仏閣の前では頭を下げ敬意をはらう、人として当たり前である。
京都から始まり、今回の旅では、私のぼんくら頭が下がりぱなしであった。


by hiriver | 2014-11-15 20:50 | 三重:伊勢神宮