遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
タグ
画像一覧

カテゴリ:久住温泉( 1 )


久住温泉

二週間の沖縄旅行を終え帰ってきたので、その旅の模様をUPしたいのだが、沖縄へ行く数日前に、大分県の久住温泉へ一泊二日のドライブ旅をしていたので、その記事を先にUPしておきたい。

九州は温泉のメッカなので、温泉地の数をあげると数十も数百もある。
その中でも由布院の温泉地や、そのお隣の黒川温泉は、湯質の良さや、お洒落さでは全国屈指である。

その近隣に九州一高い久住連峰があるのだが、この山々の中腹に抱かれるように湧き出しているのが、名湯:久住温泉である。

その地に「ザ・ガンジー・ホテル&リゾート」がオープンしたというので、泊りがけで出かけた。
一人一泊二食付き、20,000円也。

ザ・ガンジーの名のいわれは、イギリスの牛牧場だけからなる小さな島「ガンジー島」から命名したという。
なるほど久住のこのホテルのそばには、当然だがガンジー牧場なるものがあり、肉やソーセージはもちろん、チーズ、牛乳、ケーキ等々、いろんな加工品が作られていた。

さて・・・
訪れたのは三月初旬の頃だったが、全国的に平地でもまだまだ寒さが厳しく、九州の峰といわれる久住連峰に入るころには、案の定小雪が舞いだし、一気に絵に描いたような温泉日よりとなった。

チェック・インを済ませ、予約していたツインルームの洋室へ案内された。

f0155477_8461552.jpg

まずはなにをさておき、貸切家族風呂へ直行。

 露天風呂
f0155477_8535850.jpg

f0155477_8542525.jpg

 内風呂
f0155477_8545989.jpg

小雪舞う露天風呂は天国の風呂、身も心もトロけてゆく。
ヨメと二人、ゆっくりと湯に浸かっていた。
露天の湯けむりの中に浮かぶ、しなやかで白い女体は、ヨメといえど色っぽく、エロスが漂い官能が刺激される。

翌日の11:00のチェック・アウトまでに、いつも通り6回の入浴をした。
温泉に入るために泊りがけで遠方まで足を運んでいるので、一泊二日の旅で5~7回の入浴は、我が家ではごく普通である。

このホテルの自慢は風呂は当然だろうが、隣接する広大な牧場で飼育されている、牛肉や乳製品を使った料理がお薦めと聞き、今回それを楽しみに私はこのホテルに予約を入れた。

そして、自慢のディナーが、1Fレストランで始まった。

 食前酒 (柚子酒と地ビール)
f0155477_12325811.jpg

f0155477_12332720.jpg
 
 前菜 (鮑酒蒸し フキのとう味噌 空豆 サーモン黄身寿司)
f0155477_12371291.jpg

 前菜 (ナマコポン酢 アマダイ香草焼き)
f0155477_1238948.jpg

 吸い物 (蛤とタケノコの澄まし仕立)
f0155477_12393557.jpg

 造り (ボタン海老 マグロ ホタテ 真鯛)
f0155477_12461933.jpg

 温物 (魚介類のクリーム煮 銀鍋仕立)
      カキ ホタテ 海老 野菜三種
f0155477_12493811.jpg

 メイン魚 (鯛のポアレ サフランソース)
f0155477_1251176.jpg

 メイン肉 (黒毛和牛:豊後牛ロースステーキ・赤ワインソース)
f0155477_12524325.jpg

 ご飯 (香の物 ほうじ茶)
f0155477_12555142.jpg

f0155477_1257742.jpg

 止碗 (鶏と根物野菜汁)
f0155477_12542026.jpg

 デザート (イチゴムース チョコケーキ 栗のアイス)
f0155477_12573256.jpg

厳選された新鮮な食材をいかし、シェフの腕が冴えた料理は、どの皿も文句なしに美味しかった。
日本はいろんな処に、ビックリするような味自慢のレストランがあり、嬉しいかぎりである。

和食が世界遺産に登録されたが、当然過ぎると思う。
腕の確かな日本人料理人が日本国内で作る、和・洋・中の料理は、すべて和食といっていいと思うが・・・

そして、朝食。
 サラダ
f0155477_13122718.jpg

 盛り皿
f0155477_1313435.jpg

 茶碗蒸し
f0155477_13142018.jpg

 味噌汁
f0155477_131456100.jpg

 鰆の焼き 辛しメンタイ 卵焼き
f0155477_13153714.jpg

 ヨーグルト
f0155477_13162582.jpg

 コーヒー
f0155477_1316587.jpg

温泉も食事も部屋も素敵であった。
そしてなにより、ホテル・スタッフのおもてなしと、心遣いが最高であった。
これだけすべてに満点のホテルはあまりない。
そのうち、必ずまた行くヨ!

満足と清々しい気持ち一杯で、冬枯れの久住高原を後にした。
f0155477_1326663.jpg


そして、本日は3月28日快晴。

福岡は、桜満開。

f0155477_17362239.jpg

f0155477_173611.jpg

f0155477_17365943.jpg

春爛漫を迎えた。



by hiriver | 2014-03-28 20:50 | 久住温泉