遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:足立美術館、出雲大社( 1 )


鳥取の足立美術館へ行ってきた

他人の旅の文章ほど読んでいて面白くないものはないから、今回の旅も前回の大分県の由布院温泉の旅同様、一回のUPで終了させたい。
旅の話って、語る側の自己満足そのものだものね。

ではさて、多少長くなると思うが一気に・・・
今回の旅の最大の目的は、鳥取県にある〝足立美術館〟であった。

が、その前に岡山県に入り、日本三名園の一つ〝岡山後楽園〟を訪ねた。

f0155477_165056.jpg

f0155477_16505719.jpg

f0155477_1654756.jpg

夏の強烈な陽射しが辛く、園内全部は廻れなかったが、なるほど岡山藩主が造らせた大名庭園の風格が今も漂い、その雅さに魅せられた。

岡山といえば「祭りすし」が有名なので、お昼に食べた。

f0155477_172831.jpg

いわゆる「五目ちらし寿司」だが、酢飯のさっぱり感が、夏場の食欲が落ちる時期にも食をそそる。
じっさいにペロリと食べてしまった。
というか、ヨメも私も不味い物でなければ、なんでもペロリと食べてしまうのだが・・・

腹も満たされ、次は一気に鳥取までの約300kmを走り抜け〝鳥取砂丘〟へ。

f0155477_103538.jpg

くもり空が幸いし、さえぎる物がなにもない砂丘見物には最適であった。
それでも砂丘での体感気温は50℃を越え、観光客が熱中症にかかり連日数人は救急車で搬送されているらしい。
とはいえ、広い砂丘に海風が走り心地よかった。

そのあと「大山(だいせん)」の中腹まで走り、〝大山ロイヤルホテル〟にチェックイン。
大山は、夏は避暑やゴルフに、冬はスキー、春秋はやはりゴルフで有名ある。

さすがにロイヤルホテル系列で、部屋も食事も温泉も申し分なしの大満足であった。
このホテルでもスィート・ルームを提供された・・・この件を含め、ホテルの話だけでも一回分のUPができるのだが、長くなるしホテルの宣伝をしてもしかたがないのでバッサリとカットしたい。

 〝足立美術館〟
ここには、名園と名画が奏でる、ゆるやかな時間が流れていた。

f0155477_717136.jpg

f0155477_718153.jpg

f0155477_717526.jpg

f0155477_7185774.jpg

50,000坪にもおよぶ日本庭園の美しさは見る者を圧倒し、立ち尽くしてしまう。
なるほど10年連続、日本一の庭園に選ばれるはずである。

歩を進めるたびに眼前に広がる雅な風情は、館内の日本画などと相まって、訪れる人の心を静かにいやす。

近代日本画壇や陶芸の巨匠たちの作品約1500点が収蔵されていたが、館内撮影禁止であった。
日本画の横山大観、陶芸の北大路魯山人などの作品群を目の前にすると、時間を忘れ見入ってしまう。

そういえば、庭の景色が絵画という造りも・・・
f0155477_7345984.jpg

館内に、日本一の日本庭園を見ながら休憩できるゴージャスな喫茶ルームがあった。
場所代であろうが、なんと!コーヒー一杯が1,000円である。
飲む前に竹炭でコーヒーを混ぜるらしい。
f0155477_7464516.jpg

ヨメが記念にというので入ったが、目の前の圧倒的な景色を眺めて流れる静かな時間は、いい思い出として心に焼き付いた。

蒸し料理と出雲そば。

f0155477_14573626.jpg

f0155477_14583926.jpg


〝出雲大社〟

f0155477_152080.jpg
f0155477_1523064.jpg


最後に出雲大社の入り口に鎮座する〝さざれ石〟を紹介したい。

f0155477_15103298.jpg

f0155477_15115598.jpg

国歌である君が代の一節出てくる「君が代は~♪ 千代に八千代に さざれ石の~♪♪ 巌となりて~」である。
さざれ石とは、小さな石が奇跡的に結晶化し、大きな巌(いわお)になった様である。

終わりである。
ね~、人の旅のUPって、面白くも可笑しくもなかろう!

旅した本人は自分の興味ある所へ行き、実際に体感し感動しとるけん、たくさんの思い出作りが出来たとばってんね。

第三者がこれを読んでも、「それがどうした!」やろうね・・・
まあしかし、そこを我慢して読んで下さり、ありがとうございました。


by hiriver | 2013-07-28 20:50 | 足立美術館、出雲大社