遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:旅行:スマトラ島(メダン)( 4 )


スマトラ島  メダンの旅 (4) 最終話

メダンのJW・マリオット・ホテルのランチ・ビュッフェには驚いたが、モーニング・ビュッフェも負けていなかった。

私の朝食は、どこにいようとパンと果物とコーヒーだが、今回ばかりはヨメにつられて頑張ってみた。

それは食後に、ジムやプールやサウナでしっかり汗を流せる安心感があったからだろう。

料理は、写真が撮れた範囲だけでもこれだけあり・・・

f0155477_958747.jpg
f0155477_9583055.jpg

f0155477_1002375.jpg
f0155477_1015724.jpg

f0155477_104340.jpg
f0155477_1042643.jpg

f0155477_1062812.jpg
f0155477_1065385.jpg

f0155477_1075548.jpg
f0155477_1082125.jpg

f0155477_1012277.jpg
f0155477_10215596.jpg

f0155477_10133763.jpg
f0155477_1014468.jpg

f0155477_10233859.jpg
f0155477_102359100.jpg

f0155477_10245613.jpg
f0155477_10252418.jpg


では、まずは100%フレッシュ・ジュースを運び・・・
f0155477_1037454.jpg


サラダから始め・・・
f0155477_1041558.jpg


お粥と、おかずを取り合わせ・・・
f0155477_10432854.jpg
f0155477_1044591.jpg


別の皿も・・・
f0155477_1744135.jpg

f0155477_10472754.jpg


鍋も、と・・・
f0155477_10485132.jpg


果物も食べ・・・
f0155477_10523542.jpg


あっ、パンもあった・・・
f0155477_105347100.jpg


〆は、デザート。
f0155477_1056518.jpg

f0155477_10563619.jpg



メダンの旅の最後の記事が、ホテルの朝食という変な話になったが、街歩きや観光でこれといった事もなく、まあ、これもありか・・・

どの旅でもそうだが、旅先の街の雰囲気や、ホテルの良し悪しも、実際に現地に行って見ないと解らない事が多い。

そして、どこでもそうだが、その意外な展開が、逆に面白いこともある。

それと、街や、観光地や、食事や、ホテルなどの何か一つでも満足できることがあると、それだけで旅へ出かけて良かった思うこともある。

今回は、その典型かもしれなかった。


by hiriver | 2010-08-08 08:43 | 旅行:スマトラ島(メダン)

スマトラ島  メダンの旅 (3)

メダンの街歩きも、少し記したい。

といっても、他のインドネシアの国や島と同じで、改めて特別に記すべきものはなにもないのだが・・・

都会と田舎、喧騒と静寂、そして、東南アジア料理。
以前にも書いたが、東南アジアはどの国やどの島に行こうと全てが五十歩百歩で、同じ景色に同じ雰囲気、そして似たような料理。

すべて美化して記せば、なんぼでも書けるが・・・毎度のことで飽きたしナ~
まあそうは云え、少しだけ。


街並みはこんなもの・・・
f0155477_10521971.jpg
f0155477_10524815.jpg


そして、移動はベチャ(オート・リキシャー)に乗り・・・
f0155477_10575087.jpg
f0155477_10581752.jpg


絵になりそうな所を2,3紹介すると・・・
 (マイムーン王宮)
f0155477_1134566.jpg
f0155477_1144982.jpg

f0155477_116533.jpg
f0155477_1175950.jpg


あとはね~ッ、存在感といえばモロッコ様式のモスク。
 (マスジャ・ラヤ)
f0155477_1114697.jpg
f0155477_11143665.jpg


次は、街かどで食べた東南アジアの定番料理を2,3・・・
 ディム・サム(飲茶)
f0155477_11312614.jpg

 ミー・ゴレンにナシ・ゴレン
f0155477_1132992.jpg

f0155477_11323498.jpg

 パダン料理(イカとジャガイモの煮付けカレー味)
f0155477_11325638.jpg

街歩きの紹介はこの程度、他にはもう、ナシ・ゴレン???


アッ、それと、スパーで、色取り々の変なパスタが気になり・・・
f0155477_1154163.jpg



ある日のメダン、夕間暮れの街並み・・・空が落ちてきて・・・
f0155477_11465588.jpg


by hiriver | 2010-08-06 07:57 | 旅行:スマトラ島(メダン)

スマトラ島  メダンの旅 (2)

スマトラ島メダンの、JW・マリオット・ホテルの豪華な昼食の話。

ホテル1階にあるランチ・ビュッフェの、料理の種類と、品数と、美味しさに驚いた。

インドネシア、中華、コンチネンタル、寿司、インド、イタリアン、麺、パン、ケーキ、チョコレート・ファウンテン、果物などなど、20コーナー、数百種類の料理やケーキが並ぶ、極悪非道なレストランだった。

そして、この料理が毎日、ほとんど変わるというのだ。
このランチを食べる目的だけに、月一回はメダンのマリオットへ泊りに行ってもいいと思った。

ただでさえよく食べるヨメはさらに際限なく食べ、昼食だけはしっかり食べる私も、デザートまで何皿も食べた。

そして、象のように食べたヨメが、一言云った。
「並んでいる料理の、ほんの一部しか食べれなかったのが、悲しい~ッ!」と。
「どうして、このくらいでお腹が一杯になるのだろ~う?!」とも。

「バカめ~ッ!このレストラン、本気でブツかっていったら、死ぬゾ~!!」

カメラ禁止のため、一部のコーナーを紹介。

f0155477_1521254.jpg
f0155477_1553541.jpg

f0155477_1573375.jpg
f0155477_1581712.jpg

f0155477_15142574.jpg
f0155477_15154590.jpg

f0155477_15173514.jpg
f0155477_15184226.jpg

f0155477_15204448.jpg
f0155477_15212752.jpg



プチ・ケーキに・・・
f0155477_1523791.jpg

f0155477_15235389.jpg


チョコレート・ファウンテンに・・・
f0155477_1526145.jpg


カット・ケーキに・・・
f0155477_15271177.jpg

f0155477_15275082.jpg



さ~て覚悟して、二人がかりで食べてみようか~
f0155477_17383336.jpg

f0155477_17392183.jpg

f0155477_17411065.jpg

f0155477_174298.jpg

f0155477_17441955.jpg

f0155477_1745189.jpg

f0155477_17454187.jpg

f0155477_17461710.jpg


果物で気分を変えて・・・
f0155477_17501477.jpg


チョコレートをブッかけて・・・
f0155477_17521267.jpg


そろそろ仕上げ、と・・・
f0155477_17552646.jpg
f0155477_17554856.jpg

f0155477_17564127.jpg


え~ッ、オマエ!?アイスクリームまで喰うか~~ッ?!
f0155477_1757524.jpg


狂気の沙汰ほど、二人で食べたが、それでもほんの一部だった!

そして、料理も、チョコレートも、ケーキも群を抜いて美味しいかったから、これだけ食べれたのだ。

味、種類、量など、どれも文句の付けようがなかった。
ハッキリ言って、これほどのホテルのレストランは、お目にかかったことはない。

とくに、ヨメのお気に入りは、ソフト・シェルクラブを調理しものだった。
「美味しいネ~!美味しいネ~!!」を連発していたので、最高だったのだろう。

そしてこのランチ・ビュッフェの値段が、通常1800円。(税込)

私が滞在している期間はズ~ッと、な、な、なんと1000円!!!
サービス期間中だったのだ!(こんなん!ありかよ~~ッ!!)

どこの食事処に行こうと、1000円では一皿も食べれぬ、うまい物ばかりがである。

毎日行かねば、損である!
大損である!!

1000円なんてバカげているし、冗談もほどほどにしとけヨ~!である!!

だが、ヨメも私も、同じことを考えいた。
もう、行かぬと・・・(後ろ髪が、千切れ抜けるほど引っ張られたが)

だって、こんな処に4日も通ったら、死にますゼ~、皆の衆!

それこそ、食前食後にマラソンのフルコースを走り、10km泳ぎ込み、自転車で50kmを疾走せねばならぬだろう。

何度も書くが、スマトラのような僻地に、こんな豪華で、恐ろしいホテルがなんであるのだろう??

恐れ入りました!!

ばってん、いつか、また行こぉ~~っと!!


by hiriver | 2010-08-03 08:17 | 旅行:スマトラ島(メダン)

スマトラ島  メダンの旅(1)


メダンへ、4泊5日の旅をした。

メダンはインドネシア第三の都市で、マレーシア半島の南に横たわる巨大な島、スマトラにある。
目の前は、マラッカ海峡である。

ペナンからは近いので、一度はスマトラ島とメダンの街を観てみようと思い、出かけた。
ペナンから直行便で、一時間弱で着く。

メダンでは毎日、ベチャ(オート・リキシャー)を利用し街歩きをしたが、これといって観光すべきものはなにもなかった。

メダンも、他のインドネシアの街々となんら変わりがなく、雑然とした街並みだった。

観光するものが少ないため、ホテル・ライフを楽しみに行ったようなものになった。
そして、今回泊ったホテルの中だけが、メダンの雰囲気とは別世界だった。

だから今回の旅の模様は、ホテルの中の記事が中心になりそうである。


ホテルは、〝JW・マリオット・ホテル〟
(メダン唯一の高層ビルだろう)
f0155477_1875472.jpg

さすがに横綱、同じ5ッ星でもシェラトンやヒルトンやマンダリンなどとは、サービスも食事もレベルが違った。

旅をする前は、いくらマリオットでも、僻地スマトラ島では大したことはなかろうと思っていたのだが・・・

なんの!他所のマリオットと同じで、全く手を抜いたところはなく、特に、レストランのビュッフェ・ランチや、17階ワン・フロアー全てをスポーツ施設にしているところや、ホテル・スタッフの質などは、過去泊ったどのホテルよりも満足した。


まずは、部屋。
室内は、造りや、備品や、じゅうたんが清潔で、とても気持ちが良かった。
ホテル全体がそうなのだが、常に磨き上げている感じがとてもいい。
f0155477_2110165.jpg


バスタブの横は透明ガラス、寝室から丸見え。
でも、スイッチ一つで、自動的にブラインドが降りてきた。
シャワー室は別造り。
f0155477_21114524.jpg

f0155477_2112593.jpg



先に少し書いたが、ここのマリオット・ホテルの17階ワン・フロアーは、全てスポーツ施設であった。
スポーツ施設にこれだけの広さを備えるホテルは、世界にそうはあるまい。

プール、トレーニング・ジム、スポーツ・スタジオ、室内ジャグジー、ミスト・ルーム、サウナ、マッサージ・ルーム、休憩室などだ。

そのどれも本格的で広く、そのうえ四六時中掃除がなされ、清潔というより美しいと感じた。

プール。
一見、プールの水は、14階から街へ流れ落ちていくように見える造りだった。
f0155477_1057143.jpg

f0155477_1192870.jpg

f0155477_11203382.jpg


トレーニング・ジムの一部
f0155477_1115411.jpg


ジャグジー
f0155477_11161287.jpg


もっと色んな所を撮影したかったのだが、マリオットはプライベートを重視しているため、ホテル内での写真撮影が全面禁止。

だから、知らぬ振りをして撮影していた私は何度も注意されたし、スタッフやお客がいない隙に、素早くこっそり撮った。


話を戻すが、スポーツ施設は非常にありがたかった。
毎日午前中にジムなどで3時間、夕方はプールで1時間利用した。

ちなみに午前中の利用は、毎朝6時に朝食へいき、7時からジムで2時間ストレッチやランニングなどをし、9時から30分プール、そのあと10時までの30分間は、ジヤグジーやサウナで身体をマッサージ。

10時を過ぎると、ショッピング・モールなどがオープンするので、街歩きちょうど良い時間になった。


マリオットの褒めついでに・・・

私は日に2~3度、客室からアイス・キューブを電話で頼む。
とくに夜は、寝酒にウィスキーを飲むため、必ず頼む。

この時の、電話サービス・スタッフの対応が皆、素晴らしいかった。
完璧だった。

どう完璧だったかを書くと長くなるので止めておくが、要するに今までの5ッ星ホテルにない対応だった。

「おもてなし心」を大切にする、日本の一流処のホテルや旅館でも適わぬものだった。
全てのホテル・スタッフの教育が、厳しくなされているのであろう。

僻地でこれほどのホテルに出逢うとは、夢にも思わなかった。

スマトラのマリオット、私の中では、世界初の8ッ星を捧げておきたい。

それは、次回の食事にも、つながっていくのだが・・・

お昼のビュッフェの記事に、あ然!!としていただきたい。


by hiriver | 2010-07-31 22:52 | 旅行:スマトラ島(メダン)