遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:旅行:ジョグジャカルタ( 4 )


ジョグジャカルタの旅  (4)最終回

5月14日。

前回は、世界遺産の遺跡ツアーのところで話は終わっていました。
今回はその続きです。

遺跡見学の後ホテルに戻り、3時間程プールサイドでゴロリ。
昼寝をしたり泳いだり。
これはこれで、最上の時間なのです。
f0155477_14595624.jpg


夕方からは毎度のベチャに乗り、マリオボロ通りを散策。
そしてまたまた、民芸みやげ物店:ミロタへ行きました。
それでも、まだまだ色々と買いあさっていました。

夕食は、インドネシアの定番の鶏スープ:ソト・アヤンを食べました。
これは日本の雑炊に非常に似ており、スープの中にご飯やトリや野菜が入っていて、お代わりしたいぐらい美味しかったです。
f0155477_14465373.jpg

食べる世話をしてくれた女の子たち
f0155477_1449197.jpg

ソト・アヤン 3杯、飲み物 3杯、ジャガイモ揚げ団子 3個、焼き鳥 4本。
全部で 450円。

3日目の最後は、ジャワ伝統舞踊:Ramayana Danceへ行きました。

きらびやかな衣装をまとった踊り手たちが、ガムランの調べに乗ってラーマヤナの物語の世界へと誘います。
色んなパフォーマンスがあり、ガムラン・ミュージカルといった感じです。
f0155477_15241262.jpg

f0155477_15253578.jpg


3日目は早朝の日の出ツアーに始まり、夜のラーマヤン・ダンスまでこれでもかと目一杯楽しみました。

最終日の4日目の午前中は、目を付けておいた物を買いにベチャに乗ってまた、また、また、ミロタへGo-!

全てのスケジュールも無事終わりました。
今回の旅も、観るもの、買うもの、食べる物、ホテルと全てにおいて大満足の旅でした。

イヤー、格安個人旅行、止められませんなー!

(ヨメに)、旅行の手配、大変ごくろうさんでした。

全て、ベリー・グッドでした。

アリガトサン!
また、ヨロシク!!


by hiriver | 2008-05-13 23:02 | 旅行:ジョグジャカルタ

ジョグジャカルタの旅  (3)

5月13日。

今日は旅の3日目の模様。
2回目の個人ツアー
車(ボンゴ)を6時間貸切(運転手とガイドの2名付き)。
4800円。

まずはボロブドゥール大遺跡と、日の出見学。

日の出を見るとのことで早朝AM5:00、ホテルを出発。
AM6:00前に世界遺産ボロブドゥール遺跡に着きました。

木々の間から、山間から、雲の間から、その姿を見せた太陽が、静かで澄み切った空気を切り裂いて、グン、グンと天空を目指し昇って行きます。
しばし息を呑む美しさでした。
f0155477_15322759.jpg


振り向くと目の前は、世界3大仏教遺跡の一つボロウドゥール遺跡、そそり立つ壁のように、山のように、そそり立つ古代色の遺跡は圧巻です。
f0155477_15473668.jpg

f0155477_15483682.jpg


遺跡はお釈迦様の一生を描いた彫刻の壁で囲まれています。
f0155477_15562632.jpg

その他にも色んな彫刻が
f0155477_1601791.jpg

横の景色を観ると、遺跡は大自然と一体に
f0155477_165937.jpg

鐘の形をした物は、それぞれが一つの寺院を表すという
f0155477_16123811.jpg

f0155477_16135827.jpg


AM7:30に遺跡見学が終わり、まだ早いので一回ホテルに戻り、朝食のビュフェを食べたいという無理をガイドさんに聞いてもらい、AM9:30に次の遺跡見学に行くことにしました。

次は、これも世界遺産でヒンズー教の聖地ブランバナン寺院です。

紀元800年代に建立された寺院は、過去2度ほど地震で破壊され、その度に復元したとのことで、現在もその作業は続いてます。

まるで塔のようにそそり立つ寺院は、時を切り裂いてそこにあり、圧倒的な存在感を示しているのです。
f0155477_16425156.jpg

f0155477_16441910.jpg

今にも壊れそうな所も
f0155477_16481365.jpg

色んな表情をみせる寺院
f0155477_16521170.jpg

f0155477_165481.jpg

f0155477_16552739.jpg


ツアーが終わりホテルに戻り、買い物、夕食、ジャワ伝統舞踊などを楽しむのですが、その様子と最終日の様子は、今日は長くなりましたのでまた明日のブログで・・・


by hiriver | 2008-05-12 23:02 | 旅行:ジョグジャカルタ

ジョグジャカルタの旅  (2)

5月12日。

今日は旅の2日目の模様。

最初の個人ツアー
車(ボンゴ)を6時間貸切(運転手とガイドの2名付き)。
6、000円。

まずは片道2時間をかけ、王宮と共に古の時を刻む古都:ソロへ行きました。

インドネシア第2の都市ジョグジャカルタは思っていたよりも大きく、100Km以上はあるソロまでの道筋は、街並が途切れることはありませんでした。

マレーシアとは違うインドネシア独特の屋根様式の家屋が建ち並び、緑の木々に守られ、寺院や遺跡も緑の中に見え隠れしていました。

2時間後、最初の目的地:カスナナン王宮に着きました。
(半ズボン、ノースリーブ、帽子、ビーチサンダルでは入れません)

広大な敷地の隣には、後ほど見学するクレウェル市場がどこまでも広がり、ソロの街は静けさと雑踏が混在していました。

王宮回廊
f0155477_13263658.jpg

来客用玄関口
f0155477_1331295.jpg

玄関口の装飾
f0155477_13353100.jpg

歴代王の馬車
f0155477_13383034.jpg


次は、現王族の住まい:マンクヌガラン王宮へ行きました。
(日本語での案内あり)
ここも広大ですが、王族の生活の匂いを感じました。

来客用玄関口
f0155477_13513444.jpg

来客休憩所
f0155477_13552195.jpg

庭に咲いていた花の芯(ウサギさんの形をしています)
f0155477_13595388.jpg

ここから先は、王族が生活されているので行けません
f0155477_14449.jpg


きょうのツアーの最後は、クレウェル市場です。

約1Km四方に混沌とした迷路が、縦横無尽に広がっています。
この市場では、生活に必要なあらゆる物が売られていました。

我々が迷子にならないように、ガイドさんがピッタリとくっ付いていました。
実際に、10m進んだら迷子になりそうな所です。

市場
f0155477_14174625.jpg


夜はマリオボロ通りへ買い物へ行きました。

この通りもとても興味深く、通りの両側に商店、デパート、市場、屋台、食堂が数キロに亘り所狭しと並び、早朝から夜遅くまで、沢山の人並みが途切れることはありません。

商品は安く、宝石や家具など以外は、数十円から500円も出せば何でも買えます。
500円以上のものは高級品の感覚になります。

特に驚いたのは衣類店の多さ、たとえばデパート、各階の商品の90%は衣類が売られています。

我々が一番通ったのが、みやげ物店:ミロタ。

いつも観光客や地元の人で込み合っていて、広い店内にはバティック(ろうけつ染め)生地で作られたあらゆる種類の衣類や小物が揃っていました。

2階はジャワ特産の工芸品や、雑貨が所狭しと並んでいます。
その一つ一つが驚くほど安く、日用品やコンドに飾る物を買いあさりました。


by hiriver | 2008-05-11 23:01 | 旅行:ジョグジャカルタ

ジョグジャカルタの旅 (1)

5月11日。

ジョグジャカルタの旅に3泊4日で行ってきました。

仏教文化やヒンドゥー教文化が栄えたジョグジャカルタは見所も多く、特に王宮文化が色濃く残り、ボロブドゥール、ブランバナン寺院など、世界遺産に登録されている大遺跡が残っています。

また宮廷芸能:ワヤン・クリッ(影絵)や手工芸なども楽しみです。

通貨:10,000ルピア  120円

初日、ペナンからエアー・アジア航空でクアラルンプールへ(約50分)。
クアラルンプールからエアー・アジア航空でジョグジャカルタへ(約2時間半)。
ペナンとの時差1時間。

ホテルの送迎車(タクシーだと350円)に乗り、5ッ星ホテル:グランド・メルキュール・ホテルへ。
ペナンのコンドをAM6:00に出て、ホテルにPM4:00着(ペナンPM3:00)

良いホテルでした。
サービス、接客、食事、雰囲気等どれも一級品でした。
それでいて1泊:6,000円位。

これは物価の違いによるもので、ペナンの約半分、日本の約4~5分の1。後で我々は乗り物や、食事や、品物のあまりの安さに驚かされることになります。

ホテル・プール(プール・サイドのイスが一日中日陰になるようにホテルの建て方に工夫が・・・)
f0155477_14243436.jpg

中庭の噴水
f0155477_14340100.jpg


ホテル到着後、明日と明後日の個人ツアー申し込みと、マリオボロ通り散策とワヤン・クリッ(影絵芝居)見学へ行きました。

まずは、ホテル近くの旅行社(らしき所?)で明日のソロ(王宮と共に、古の時を刻む古都)とクレウェル市場(迷路)見学、明後日のボロブドゥール(世界3大仏教遺跡)から昇る日の出ツアーとブランバナン寺院(ヒンズー教の聖地)見学を申し込みました。

両ツアーとも車(ボンゴ)貸切。
明日のツアーが500、000ルピア(6,000円)/6時間。
明後日のツアーが400,000ルピア(4,800円)/6時間。

その後、何キロも商店、デパート、露天、屋台が続くマリオボロ通りを見て廻りました。
我々はあまりの安さに驚愕。
その4日に亘る、買い物ツアーの様子はまた今度。

途中夕食へ。

多分この通りでは最高級の部類に入ると思われるレストランへ入りました。

飲み物はビールにフレッシュ・ジュースなど2杯ずつ。
メニューの中ではまあまあ値が張る料理6品を注文しました。
それで、なんと2、800円位。

我々が普通の屋台で払っていた額は、たとえばフレッシュ・ジュース5杯と、インドネシアの代表的料理ミーパッソ(肉団子が入った麺)3杯を食べて、400円。

だいたい屋台では、ミネラル・ウォーターが1本30円、フレッシュ・ジュースが35円、料理が1品70円くらいです。

何度も、何度もこの国の物価の安さと人間の良さ、優しさに驚かされました。
とにかく、何処に行っても人に感心しました。
「あなたたちの、笑顔、礼節、優しさはすばらしかったです。」

驚いたと言えば、気候。
昼はどこまでも青く突き抜け、夜は星空。

昼間は35℃位になり当然暑いのですが、夕方から朝にかけては涼しく、寒いくらいです。
ホテルの冷房はいらず、寝る時はしっかり掛け布団が必要でした。

さて、夕食後はジャワの伝統芸能である影絵芝居へ馬車に乗って行きました。
この馬車とパシャとよばれる乗り物は毎日、何度も、何度も利用しました。

馬車(5人乗り:3~4Km乗って300~500円)
f0155477_1914953.jpg

パシャ(2人乗り:1Kmで120円が目安)
f0155477_19191287.jpg


馬車に乗り王宮北広場に建つ、ソノブドヨ博物館の敷地内にあるどの方向からも見られる影絵芝居に行きました。
ガムラン演奏も多人数で、暗めの灯りで、雰囲気Goodです。
f0155477_19321315.jpg
f0155477_19332682.jpg


この後パシャに乗りマリオボロを散策。
最後にまた馬車に乗りホテルへ帰りました。

今回はこのくらいで・・・


by hiriver | 2008-05-10 22:02 | 旅行:ジョグジャカルタ