遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

カテゴリ:日本あれこれ( 249 )


一流寿司処と食のルール

新居と同じ町内に、折り紙付きの寿司の名店がある。
昔は西日本一の寿司店といわれた、西中洲にある河庄の暖簾分け店である。

このクラスになると、夕食時にカウンターに座り、小鉢類と刺身と握りとお酒数本で一人2万円といったところだ。

ヨメは夕飯は食べぬので、お昼に行った。
お昼のいいところは、少々贅沢をしても一人一万円はしない。

まずはおまかせで、ビールと冷酒にあう肴をお願いした。

f0155477_15411234.jpg

f0155477_1541297.jpg

f0155477_15415299.jpg

そして、握り。

f0155477_21521610.jpg

少しお腹に余裕があったので、ちっちゃなちらし寿司と赤だしをお願いした。

f0155477_15474646.jpg

f0155477_15451288.jpg

お昼はともかく、高級すし店の夜には、30歳以下の若者や子供が行くところではない。
そこには暗黙のルールがあり、大人の男の世界に入るには、子供や若者には経験不足なのだ。

君らは、当分の間は回転寿司屋でじゅうぶんである。
そのあと安い寿司屋に通い修行を積み、ある程度の収入を得るようになって一流店にデビューするといい。

なにも気取って書いているのではない。
高校球児がいきなりプロ野球にデビューしても、はた迷惑であり場違いである。
差別する気はないが、とくに女性は30歳を越えるまで出入り禁止だ。

若い女が集まると、ウルサくてケツが重く長居する。
寿司と天麩羅の高級店は、黙ってサッと食べ終えるのが決め。
そんなことは、あたりまえである。

最近のブロガーは、食事処の料理のウマいマズいをやたらしつこく書いているが、味覚は人それぞれだからほおっておけ、そんなことより食事処における自分の食事のマナーを勉強したほうがいいゾ、と言いたい。

オレは街の定食屋しか入らぬヨ、と云われたら返す言葉はないが・・・

コメント欄がなくてよかった。
私の読者は多いので、たぶんどえらいひんしゅくをかうだろう。


by hiriver | 2017-09-19 20:50 | 日本あれこれ

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産

2017年7月10日、福岡県に新たな世界遺産が誕生した。
『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産登録決定したのである。

宗像大社(むなかたたいしゃ)に関連する8資産が世界遺産に認定登録された。
その中のでも秀逸なのが、沖の島。

沖ノ島(おきのしま)

4世紀後半から約500年間にわたり、ヤマト王権による国家的な祭祀が執り行われた遺跡があり、出土した約8万点の遺物は、全て国宝に指定され「海の正倉院」と呼ばれている。
島全体が信仰の対象だった沖ノ島は、「神宿る島」として厳しく入島を制限するなど、自然崇拝に基づく古代祭祀の変遷を示す遺跡がほぼ手つかずの状態で遺されている。
今でも宗像大社の神主のみの入島が許され、一般人の立ち入りは禁止。

ちょっとかたすぎる文章から始まり過ぎたかな・・・
でさっそく、我が家から車で1時間の距離にある、宗像大社関連の施設を廻ってみた。

まずは宗像市の少し手前に位置する、福津市のシンボルである宮地嶽神社(みやじだけ)に立ち寄った。

f0155477_20295092.jpg

f0155477_2030877.jpg

宮地嶽神社は、福岡県民ならだれもが知る、けっこう由緒のある神社だが説明は省く。
上の写真を見ると思い出すだろう、嵐のCMでお馴染みの「光の道」の参道である。
年に2回だけ、この参道を一直線に夕陽が落ちてゆく。

次は、世界遺産群8資産の内の一つである、宗像大社へ車を走らせた。

 宗像大社

f0155477_2114878.jpg

f0155477_212832.jpg

f0155477_212275.jpg

本殿は改装中。

日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。
また、あらゆる道の神としての最高神が祀られ、道主貴(みちぬしのむち)と称す。
伊勢神宮と同格であり、裏伊勢とも称される厳かなる大社。

なお、沖の島は宗像大社から離れること60~70km、海上の孤島に存在するので、宗像大社資料館にて、他の世界遺産群も含め長時間のガイドを受けたのだが、一冊の本になるくらいのボリュームと密度があるのでここでは省略する。

でこの日、家を出発したのが朝8時で、帰り着いたのが夕刻6時。
一日で、少し知識が増えたような気がする。
あくまでも、気がするだけかも知れぬが。

最初に訪れた「光の道」がある宮地嶽神社から宗像大社へ移動の途中で、昼食に立ち寄ったのが、魚料理が美味く温泉もある玄海ロイヤル・ホテル。

10日前に、メニューにないオリジナル海鮮コースを予約しておいた。

 刺身5点盛り

f0155477_8464644.jpg

 カワハギ薄造り

f0155477_8472484.jpg

 小鉢2点

f0155477_8475094.jpg

 メバル煮付け

f0155477_8484027.jpg

 葛かけ茶わん蒸し

f0155477_8492713.jpg

 海鮮釜めし

f0155477_8495758.jpg

f0155477_8501772.jpg

 鯛つみれの吸い物
f0155477_8522246.jpg

 天麩羅4点盛り

f0155477_8505223.jpg

 焼きアナゴ

f0155477_8512169.jpg

 サザエつぼ焼き

f0155477_8515738.jpg

 とろろ蕎麦

f0155477_8541951.jpg

 デザート:グレープフルーツのジュレ

f0155477_855040.jpg

さすがに玄界灘産の海鮮コース、抜群の鮮度と美味しさに文句なしの大満足。

食後は温泉に入り、内湯と露天風呂を満喫。

f0155477_945319.jpg

上記もしたが、実際には、昼食と温泉を満喫した後に、宗像の世界遺産群へと車で移動したのである。

今回は神社仏閣の神聖な話なので、すこしかたい話に始終したが、たまにはそれもよかろうと思う。

秋模様の季節となり、あと1か月もすると、待ちに待った、湯と大自然と寒さを味わう温泉三昧の日々がやって来る。

温泉と食事と自然を堪能する日帰り温泉ドライブ、いや~極上の喜びは、もうそこまで来ている。


by hiriver | 2017-09-15 20:50 | 日本あれこれ

晩夏のきらめくシルエット

昼間の残暑は厳しいが、朝夕に秋の気配をのぞかせるようになってきた。
気温もそうだが、雲が多い夏空から、天が高く澄みきった青空に変わった。

大濠公園での朝のウォーキングとスロージョギングを終え、シャワーのあと、バルコニーのチェアー・セットで熱いブラックコーヒー飲みながら風景を眺めるのが日課となった。

f0155477_949513.jpg

福岡市の中心地である天神のすぐ横に、この広大なオアシス、大濠公園はある。
それを眼下に見ながら憩いのコーヒータイムは、至福であり、人生の最良の日々を迎えたな~ァ、としみじみ思う。

さて、そのうちに10時30分となり、昼食にはまだ早いが、そわそわとダイニングでお昼の準備を始めた。

なぜかというと、きのうデパートの食の北海道展に行きズワイガニを買ったので、さっそくまずはカニを食べ尽し、そのあとに通常の食事の支度をしようというわけだ。

f0155477_102343.jpg

一人でこの程度の量だが、これでも二人前となると7千円もした。
二人とも無言でむさぼりつき、黙々と皮をむき、すすり、パクつき、カニを堪能した。

カニが終わったので、次の調理。
キュウリとワカメの酢の物と、味噌汁と、豚バラのしょうが焼きの下に敷くキャベツの千切り、付け合わせのほうれん草、などはカニを食べる前に準備済み。

あとは、糸島ポークの薄切り豚バラを焼き、タマネギ・スライスも入れ、しょうが焼きの味付けをするだけ。

f0155477_15593498.jpg

15分足らずで出来上がり。
しょうが焼きの下にたっぷりと敷きつめたキャベツの千切りに、甘いしょうが焼きのタレがしみ、食べる時にマヨネーズと合わさる、これが私のしょうが焼き。
ビールをグ~ッとあおる、たまらぬ。

食事が終わると、また熱いコーヒーをドリップした。
またバルコニーに座りコーヒーを飲む、ふと時計を見るとまだ11時45分。

降りそそぐ陽射しを抱きかかえるように、大濠公園の木々が、晩夏のきらめくシルエットをまとっている。

今日はいつもより、ゆっくりと時間が流れ心地いい。

ある映画のワンシーンを思い出した。


by hiriver | 2017-09-11 20:50 | 日本あれこれ

各所でキレる老人と、バカな一般人が増え続ける

感情が抑えられぬ高齢者が、すざましく増えている。
感情バランスがとれぬ結果、人前をはばからず、突然キレたり子供帰りをするという。

先日、我が家から少し離れたイオンモールで買い物をしていたときの話である。
帰りがけにモール内のパン屋でパンを選び、ヨメはレジに支払いに、私はパン屋の入り口付近で買い物カートを押し、ヨメを待っていた。

その時、事件は起きた。
私が立っている4~5m先で突然大声がしたので、そちらの方に振り向いた。

原因は判らぬが、70歳そこそこの男性老人二人が、ヒステリックな大声で言い争っているのである。

やがて取っ組み合い、一人が押し倒された。
その間10秒くらいだが、驚いた見物人がすでに数十人集まっていた。

とっさに私は、この喧嘩は危険だと思い、買い物カートにバックも買い物品もその場に置いたまま、立っている方の老人に走り寄り、それ以上の暴力を止めた。

喧嘩慣れしていない素人の喧嘩は、手加減を知らぬので、骨折とかときには命にかかわることもある。

私はだいぶん年下だが、「危ないからヨセ!!」と一喝した効果か、いったんは収まり二人は離れたので、私も買い物カートが急に心配になり戻った。
と、私が離れると、いつの間にかまた二人が近寄り口論となり、再びお互いに手を出そうとしていた。

私はあきれ、あとはど~ぞクソジジイども、死ぬまでやってくれと思い、レジが済んだヨメも来たので、その場を離れた。

じつを言うと、年齢に関係なく暴力をふるっている男の喧嘩の仲裁はすごく危険で、喧嘩をしている当人二人が、仲裁に入った者に襲いかかることが多いのである。
なぜかというと、喧嘩をやめる口実が出来るからだ。

まあ日本は税金が足らずに大変だし、高齢者も増え過ぎたようだし、バカ親もバカ大人も多いし、バカな暴走族もいるし、喧嘩や事故でどんどんあの世に行ってくれ、それが世のため人のためだろうよ、と私はあとで開き直った考え方をした。

さて・・・
食品庫をみると、カット・トマト缶とホール・トマト缶がけっこう残っていた。
スープ、煮込み、ハヤシ、スパゲッティ等々、けっこう用途があるし安いしでつい買い置きが増える。

で、今日明日で3缶ほど使おうと、ハヤシライスと煮込みハンバーグを作ることにした。

まずは、ハヤシ。
牛肉、タマネギ、シメジ、トマト缶、トマトケチャップ、ウスターソース、トンカツソース、コンソメ、砂糖、等々でハヤシの出来上がり。

f0155477_10341790.jpg

f0155477_10343365.jpg

付け合わせは、軽く茹でたオクラとトマトのサラダ、キュウリとワカメの酢の物、味噌汁、漬物。
デザートは、イチジク、ナシ、巨砲とこの季節の果物。

翌日は、煮込みハンバーグ。
もちろんハンバーグはミンチから作り、煮込みソースはシメジ、コンソメ、トマト缶、トマトジュース、ケチャップ、ウスターソース、ハチミツ、赤ワイン等々。

f0155477_10422518.jpg

ハヤシも煮込みハンバーグも上出来で、ビールとシャルドネを飲みすぎた。

トマトソース系とかトマトスープ系って、私は大好きである。
サバのトマト煮なんか、もうよだれが出るほど好きで、これとアルコールだけで一週間でもOKと思うほどだ。


by hiriver | 2017-09-07 20:50 | 日本あれこれ

やはり新居の生活環境は思った通り完璧

新居に移り、ヨメのたっての願いであった、大濠公園での朝のウォーキングを朝食後に毎日しているのだが、心地よさと嬉しさとで心が幸せで満たされている。

大濠公園の湖は、海水と真水が混じり合い循環しているので、汚れ知らずの美観がいつも保たれている。
その湖の一周は2kmあり、ウォーキングとスロージョギングで2~3周する。

f0155477_16193733.jpg

f0155477_16195729.jpg

f0155477_16201917.jpg

f0155477_16204261.jpg

f0155477_16211847.jpg

f0155477_16214218.jpg

f0155477_1622325.jpg

f0155477_1623552.jpg

トレーニングが済むと、湖沿いのウォーキング・ロードにあるスタバか、ボート乗り場のカフェテラスで、アイスコーヒーを飲みながらのんびりとするのが日課となった。

私はホットコーヒーを毎日3~4杯は飲むのだが、アイスコーヒは年に1~2回しか飲まぬ人間であった。
が、ヨメに、トレーニングのあとにアイスコーヒを飲むと、体がシャキーンとするからとススメられ、試すとなるほど目から鱗でいつしかアイスコーヒのとりことなった。
プルプルと汗をかいた体に、アイスコーヒの合うこと合うこと、たまらぬ。

カフェテラスでアイスコーヒを飲みながら、30分ほど湖水を走る風に身をまかせ、のんびりと風景や他のジョガー連中や鳥たちを見ているのが至福の時間となった。

それからマンションに戻りシャワー。
今度はホットコーヒーをドリップし、自室で再度朝刊を読み直す。

書斎テーブルのお洒落な出窓の前に広がる景色は、いままでトレーニングをしていた大濠公園がキラキラと美しく輝いて見える。

9時を過ぎたころからパソコンを開き、本日の株式状況や、おもだった国の為替レートをチェック。
ついでに、日本と海外の総合最新ニュースを拾う。
で、ドル買いかドル売りか判断。

ヨメが今日も天神に出て、散歩しながらウィンドー・ショッピングをしたいというので、10時過ぎにぷらりと出発。

11時に天神で昼食。
オーダーしたのは、チキン南蛮定食とアジフライ定食。

f0155477_9181445.jpg

f0155477_9183763.jpg

普通程度に美味しく頂戴。

食後、岩田屋デパートに行き、デザート用に地階の蜂楽饅頭で白あんの太鼓焼きを買い、1階のスタバでコーヒーを飲みながら食べた。
スタバは持ち込み禁止だろうが、頻繁に利用するお得意様特権でまあよかろう、ダメなら追い出してくれ。

そのあといつものようにデパート巡り。
帰りに私の夕食の酒の肴用に、総菜売り場で豚味噌串カツとキュウリの糠漬けを、野菜売り場でトマトと枝豆を購入し帰宅。

こうしていつのもなにげない一日が過ぎていった。


by hiriver | 2017-09-03 20:50 | 日本あれこれ

のっぺりとした同じ顔のバケモノばかりで気持ち悪い

腰を悪くするまでは、ゴルフ漬けの日々を過ごしていた時代もあったので、テレビでゴルフの試合はときどき見ている。

アメリカで戦っている男子プロゴルファーの松山英樹は、パワーも技術も度胸も実力もケタ外れで、見ていて気持ちがいい。
彼の凄さを、ここでくどくどと書くことはしないが、活躍を今後とも陰ながら応援したい。

日本人女子プロゴルファーの実力については、お粗末すぎて触れる気にもならぬ。
今回触れたいのは、日本女子プロゴルフで戦っている、韓国人女性プロゴルファー連中の顔のことだ。

み~んな見事に同じ顔をしている、ゆで卵みたいにのっぺりとした同じ顔をしている、朝鮮人女子プロゴルファーの顔のことである。

セメントを厚塗りしたようなツルリとした顔と、作り過ぎてストローの穴くらいになった小さな鼻の穴(例えばオカマのミッツマングローブの鼻の穴)だ、もうその顔はバケモノにしか見えぬ、いわゆる整形お化けである。
たぶん本人の地の顔は、すでに100%残ってはいまい。
これを美人と、ファンもマスコミも表現するのは止めてくれぬか、気持ちが悪くてたまらぬ。

朝鮮は整形天国の国なので、女も男もほぼみな顔を整形するのが当たり前だと聞く。
目的は、就職用、結婚用などさまざまだという。

ソウルやプサンで、朝鮮人夫婦が連れている子供の顔を見るとよくわかるが、まったく親の顔とはかけ離れた顔をしている。
親はモデル顔、連れている子供は肉マンを踏んだような顔。
この子たちも、適齢期が来たら美容整形に走るのだろう。

顔の整形は、その時代の流行があるのだろう。
人気俳優や、ミュージシャンの顔だろうが、一斉に流行の顔の整形をするものだから、クーロンみたいにみな同じ顔になってしまう。

だから朝鮮人の男が、日本人の女性を好むというのは理解できる。
彼らだって、マネキンよりも自然の美しさを好むのは当たり前だ。

朝鮮人は男と女でだまし合いをしているのと同じで、だからか朝鮮のプロサッカーでもプロ野球でも八百長ばかりしており、その国民性はまさに腐りきっている。

朝鮮の国家や国民の歴史に品格など感じることは皆無で、慰安婦や竹島の問題も、何十年とウソの思い込みを重ね、ほとんど狂気の沙汰の事ばかり繰り返す。
この問題は、今後1000年経過しようと、朝鮮人が相手ではなにも解決すまい。

さて本日の昼食は、ウチで健康食。

f0155477_15385739.jpg

サニーレタス、オクラ、トマト、スライスタマネギ、スィートコーン、グラノーラのサラダ。

焼きシャケ、ナスと豚バラの味噌炒め、キュウリとワカメの酢の物、キュウリの糠漬けと紫蘇本干しタクワン、豆腐と大根とタマネギと麩の味噌汁、納豆とご飯。

イチジクが美味しそうだったので買ってきた。
イチジクはヨメの好物、というか、彼女はなんでも好物なのだが・・・

f0155477_15532622.jpg

このイチジクは日本イチジクで巨大、どれも私の握りこぶしくらいある。
甘いイチジクの糖度はどれくらいあるのかわからぬが、ほとんど砂糖かジャムの甘さだ。

季節的にとうぶんの間、果物はイチジクとナシと巨砲が食べ頃だ。
みな福岡の特産品ということもあるが、どれもとびっきり甘くて美味しいので、セッセと食べなきゃもったいない。


by hiriver | 2017-08-30 20:50 | 日本あれこれ

夏はやっぱりカレーだね

夏場のスタミナ食といえば、うなぎの蒲焼と焼肉とカレーがまず浮かぶ。

うなぎの蒲焼は数日前に食べたし、煙が出る焼肉は外の食事処で食べた方がいい。
で、カレーを作った。

まずはサラダ。
食材は、サニーレタス、トマト、茹でたオクラ、スイートコーン、オーガニック・グラノーラ、ゴマ・ドレッシング。

f0155477_9441569.jpg

カレーは市販のルーを3種(バーモントカレー、ジャワカレー、極旨カレー)を使用し、豚バラとタマネギとジャガイモで普通に作る、隠し味は、すりおろしたリンゴ、ハチミツ、牛乳、ケチャップ、醤油、ウスターソース、カレー粉。

それに焼いたナス、さっと茹でたオクラ、目玉焼きをトッピング。

f0155477_9493128.jpg

まずはキンキンに冷やしたビールをグ~ッと一息で。
そしてサラダとカレー、いや~最高。

ヨメのカレーの食べ方を見ていると、皿のご飯はなかなか減らず、カレーとトッピングだけがどんどんなくなる。
そして皿のルーがなくなると、ルーだけを何度もお代わりするヘンテコリンな食べ方をするのだ。
ヨメにとってカレーは、スープかシチュー感覚なのだろう。

カレーだけは、それぞれの家庭で作ったものが、一番ウマいと感じる料理だろ。
いつも書いているが、カレーって、不味く作りようがないからね。

外食で、噂の美味しいカレー屋って言ったって、味はたかが知れており、ド肝を抜かれる一品は存在しない。
スパイスが効きすぎているカレーはウマいと思わないし、作るのに何日もかけたカレーも凝り過ぎていて、オーナーの自己満足が鬱陶しく、ちっともウマいとは思わない。
アンタさ~普通の市販のルーでカレーを作った方がいいゾ!と、言いたくなる店が多過ぎる。

だから、カレー専門店のカレーより、学校給食や学食のカレーの方が断然美味しかった気がする。
私の身の廻りの実話だが、日本の市販のカレールーで作るカレーが世界で一番美味しい!と、言ったインド人の話も頷ける。

すでにお中元の品は送られてきているのに、さらに段ボール箱に入った荷物が息子から届いた。
なんだろうと思い開けてみると、案の定、いろんな調味料類とウィスキーが数本入っていた。

f0155477_15525541.jpg

f0155477_15531589.jpg

f0155477_1613082.jpg

いつも私が料理をしているので、年に数度、この手の調味料類が息子から送られてくる。

なんであれ頂戴すると嬉しいが、その中でも多いのが中華の調味料で、トウバンジャン、テンメンジャン、チーマージャン、XOジャン、オイスターソース、シャンタン等々、こんなもの年に3度も4度も貰ったって使うより処分する量のほうが多い。

「オレは、中華料理屋のオヤジじゃないゾ!」たのむぜ、ホント・・・

酒類ならば、腹の中になんぼでも捨てられるのだが・・・


by hiriver | 2017-08-26 20:50 | 日本あれこれ

魚沼産コシヒカリ

過去何度も書いてきたが、我が家の食事のメインは昼食である。

朝食は、野菜サラダと、果物(3~4種類)と、トースト半分と、コーヒー3杯と、R-1ヨーグルトと、トマトジュースで、必ずヨメが用意してくれる。

トーストの上には、チーズ、マヌカハニー、アーモンドとクルミを砕いたものとレーズンなどが乗り、トマトジュースには、ミルにかけたチアシードと粉末コラーゲンが大さじ1杯づつ入っている。

それと朝は、総合ビタミン、フィシュオイル、ビタミンC、カルシュウムのサプリメントを飲む。

昼食と夕食は私が作る。
昼食は外食が週に1~2回で、あとは私が家で調理する。

夕食はヨメは食べぬので、私が自分自身の分を作るのだが、ごく簡単な酒の肴を1~2品用意する程度である。

だからヨメも私も、昼食が一日の食のメインとなるので、バランスよく食べたいものを好きなだけ食べている。

とはいえ、ご飯は二人で一合しか炊かず、一合を二人で分け合う。
一合のご飯を二人で分け合うと、茶わんに半分程度の量である。

だからお米はいいものを選ぶ。
このところ長年食べているのが、新潟の魚沼産コシヒカリである。

f0155477_1015415.jpg

さすがに魚沼産コシヒカリは高価だが、一日にたった一合しかお米を食べぬ我々夫婦にとってみれば、どんなに高価だろうと一日一合のお米代はたかが知れている。

一日一回の茶わん半分のご飯は、うま味と甘味が強い魚沼産コシヒカリをどうしても味わいたい。

この日は特別に1合半と、少し多めのご飯を炊いた。
特別な日とは、うな丼とカレーの日である。

カツ丼や玉子丼やマーボー豆腐丼などは、1合しか炊かぬ。
なぜか、うな丼とカレーのときは、少しだけ多くご飯の量が欲しい。

ヨメも私も、うなぎの蒲焼が大好物である。
それを承知の息子が、夏場は頻繁に鹿児島産の特上うなぎを送ってくれる。
送られてきたうなぎの蒲焼を、私が焼き直をしてうな丼にしているのだが、月に2~3度は食べている。

で、この日は、まずは酒の肴を作りビール。
酒の肴は、これまた夏場は頻繁どころか3日に一度は作る、大葉とオクラとミョウガとトマトの和え物。

f0155477_16463223.jpg

和え物と書いたが、麺つゆを少量かけて和えるだけ、これがさっぱりして夏場にはもってこいの一品。

この酒の肴でビールを飲みながら、送られてきたうなぎの蒲焼を焼直すのだが、うなぎの両面に大さじ1杯づつの日本酒をかけ、さらにうなぎのタレも少量かけ、それをグリルで焼き、うな丼にするだけである。

f0155477_16562837.jpg

f0155477_1656473.jpg

うな丼の付け合わせに、キャベツとリンゴのコールスローという不釣り合いの組み合わせだが、甘めのサッパリしたコールスローが、案外とうな丼を引き立ててくれる。

ちょいとおかしな話をするが、週に1~2度の外食の際は、ヨメも私もご飯の大盛りを注文して食べている。

外食になると、なんで二人とも不摂生になるのかは理解不能。
だから、旅行の際は、昼食を外食しかしないので恐怖である。

福岡にいても運動オタクのヨメは、ウォーキング、スロージョギング、自転車、ダンベル、マシン、ヨガ、太極拳、ストレッチをストイックにやっているが、旅に出るとなお一層運動量が増える。

私は腰が悪いので、ヨガと太極拳はやらない。


by hiriver | 2017-08-22 20:50 | 日本あれこれ

ヨメが快気祝いをしてくれた

ハワイ帰りのあと、年中風邪をひいている私が、超ド級の風邪をひいて41度を超える熱を出し、おまけに血まで吐き、病院で点滴をうけ、死神にも逢い、本人は生死をさまよったと思っている苦痛を味わった。

倒れてから完全回復するまで約二週間を要した。
まあその間、熱があるのに毎日、寝酒にウィスキーは飲むし、早朝ウォーキングやジム通いはするし、イカレたオヤジのやることは訳が分からぬ。

ボケとトボケは違うぞ!と、人に話すと怒鳴られそうである。

なにはともあれ全快したのでうれしい。
で、ヨメが快気祝いをしてあげるヨ、と言った。
ヨメは夕食は食べぬので、昼食をヨメの手料理にするか、外食に行くか、ということである。

う~ん、どうしょうかなと考えたが、天神にある行きつけの食事処:博多廊に決めた。
となると善は急げで、ヨメがすぐに博多廊へ予約を入れていた。

で当日、天神まではウチから目と鼻の先で歩いても行けるが、汗をかかぬようにとタクシーを利用した。
ちょいとだけお洒落していたのと、昼間の残暑は狂気の沙汰なもので・・・

さて食事。

 クラゲの中華風和え

f0155477_946196.jpg

 呼子の活イカ造り

f0155477_948585.jpg

 ゲソの天麩羅

f0155477_9484747.jpg

 熊本辛子レンコンの素揚げ

f0155477_9495041.jpg

 糸島野菜と卵のポテトサラダ

f0155477_9511712.jpg

 鹿児島枝豆とモズク入り薩摩揚げ

f0155477_9544345.jpg

 糸島豚のトンカツ

f0155477_9552121.jpg

 糸島地鶏のつくね

f0155477_9565460.jpg

 有明海アナゴの棒鮨

f0155477_957321.jpg

九州の選りすぐりの地産地消で舌鼓。
ジョッキビール3杯とウィスキーハイボール5杯。

ヨメにアリガトウと告げ、うれしい快気祝いとなった。

食後は、ほろ酔い加減でデパートなどでウィンドー・ショッピング。
そのうち休憩しようということになり、いま我々夫婦のマイブーム、淡雪のフラッペを目指した。

本日は、盛りだくさんチョコレートのモチとアイスクリーム入りフラッペと、きな粉とナッツ類のアイスクリーム入りフラッペ。

f0155477_10244386.jpg

f0155477_1042745.jpg

f0155477_1025062.jpg

以前にも書いたと思うが、この器はラーメンどんぶりくらいあり、半端な量ではない。

毎度こうなるので、よせばいいのだが・・・でも、半端なく美味しいもので・・・
半分くらい食べたころには震えあがり、完食と同時に外へ飛び出し、警固公園の太陽の下で暖を取った。
まるで海イグアナの心境である。

なにはともあれ、本日も充実の楽しい一日となりました。


by hiriver | 2017-08-18 20:50 | 日本あれこれ

今年もあっという間にお盆だものね

2017年がつい先日始まったと思ったら、もう8月のお盆を迎えた。
ということは、すぐに年末が来よう。

一年365日の毎日が、日曜日の遊び人夫婦にとっては、時の流れは油断も隙も無く、異常に早く感じる。

本来のスケジュールからいくと、8月1~8月31日までの丸1か月間は、北海道は登別の天然温泉付き一戸建3LDKの、さらにBBQテラスが付く敷地200坪の素敵なロッジで暮しているハズであった。

ところがいろんなことが重なり、泣く泣く登別のロッジを、7月中旬にペナルティーを払いキャンセルをした。
航空券代は、福岡、千歳の往復2人分は全額ペナルティーとなった。

過去何十年も旅行三昧をしてきたが、自分から決定済みの旅行をキャンセルしたのは、今回が初めてである。

キャンセルの理由は、ハワイ暮らしから福岡に戻り、風邪から高熱を出し、あげく血を吐き点滴を受ける日々が続き、体調を壊したことも多少あるが・・・

一番の要因は、せっかく誰もがうらやむ素敵なマンションに引っ越してきたのに、越してすぐハワイ暮らしをしていたし、戻るとマンション暮らしを堪能する間もなく風邪に倒れ、回復したかなと思ったら、今度は北海道行きのタイミングとなり・・・まあこれは、つい先日、突然にマンションへの引っ越し思い立ち、エイヤーと実行したことが原因なのだが・・・

そのため最後は、素敵なマンション暮らしと、北海道登別ロッジ暮らしを天秤にかけ、ペナルティーを払ってでも福岡暮らしをチョイスしたわけである。

そして福岡暮らしを決定付けた最大の要因は、北海道への出発日の8月1日が福岡大濠花火大会で、我がマンションのバルコニーの目の前で咲く、美しい花火の大輪をどうしても引っ越し初年度に見たかったことだった。

その美しい花火大会の模様は、先日UPした通りであり、我が家のバルコニーから見た圧倒的な迫力の花火は、その一発目で福岡に残ったことを感謝するほど感動した。

ハワイ帰り即、風邪でブッ倒れ、40度を超える高熱と血を吐き点滴を受けたその日に、以前から約束していた飲み会に行き、さらに翌日から死ぬほど苦しむ天罰を受ける日々を過ごしたのだが、バカは懲りずに、熱が37度台になった日から大濠公園の早朝ウォーキングは開始していた。

私のバカは元々なので、その翌日からはスポーツジムにも行き始めた。
いわゆる相撲取りが、ケガは稽古で直す、という格好いいというか、バカげた教訓と同じである。
何が同じか判らぬが・・・

ジム帰りの昼食に体に精を付けようと、肉系の食事処に行った。
私がステーキで、ヨメがハンバーグ。

f0155477_1619178.jpg

f0155477_16193852.jpg

二人とも、付け合わせの野菜もパスタも増量を願い、そのうえご飯も大盛りでオーダー。
いや~、食った食った、お腹パンパンで大満足。
これだけ食べられるということは、ほぼ体調は回復気味であろう。

でさらに天神に行き、いまハマっている淡雪のフラッペへと一目散。

 きな粉とアーモンドスライスのアイスクリーム

f0155477_16253190.jpg

 丸ごとメロンの淡雪フラッペ

f0155477_16265223.jpg

f0155477_16271397.jpg

まずメロンをナイフで少し切り、果肉を口へ運ぶ、スゲ~甘い。
メロンを少し開けると、なんと中は玉手箱。
刻んだ大福餅、バニラアイス、餡子の小豆、練乳、淡雪のフラッペなどが次々と出てきた。
一つ1500円も取るのだからウマくて当たり前だが、いまは当たり前でない食事処も多いので安心した。

きな粉とアーモンドスライスのほうは、すでに何度も食べているので超ウマくとも驚かぬ。

この店はいつも満席状態で、95%が女子客で占めているが、みなフラッペの写真を撮りながら嬉しそうに食べている。

淡雪のフラッペのメニューは豊富なので、夏の終わりまでまだまだ私は通いそうである。

そう、私の気分は女の子である。
というか、ヨメが、パフェとかフラッペとかケーキとかに、超が付くほど目がなく、私は無理矢理付き合わされているわけなのだが・・・

私もすごく嬉しそうにしていたほうが、ヨメもルンルン気分で行きやすいだろうから。
なんという夫婦愛。


by hiriver | 2017-08-14 20:50 | 日本あれこれ