遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン) 


早期リタイア、毎日が日曜日
by hiriver
カテゴリ
全体
日本あれこれ
旅行:西カリブ海クルーズ
旅行:フランス・パリ 他
旅行:スペイン
旅行:イギリス ロンドン
旅行:スイス
旅行:イタリア
旅行:ドイツ
旅行:ハワイ
旅行:グアム
旅行:トルコ
旅行:ニュージーランド
旅行オーストラリア/メルボルン
旅行:ゴールドコースト
旅行:オーストラリア/パース
旅行:インド チェンナイ
旅行:バンコク
旅行:ベトナム
旅行:カンボジア
旅行:中国
旅行:プーケット島
旅行:コタ・キナバル
旅行:ランカウイ島
旅行:レダン島
旅行:ジョグジャカルタ
旅行:サムイ島
旅行:バリ島
旅行:KLとマラッカ
旅行:ボルネオ島
旅行:シンガポール
旅行:ゲンティン・ハイランド
旅行:ジョホールバル
旅行:コタ・バル
旅行:クアンタン
旅行:ジャカルタ
旅行:スマトラ島(メダン)
旅行:台湾
ペナン:日常ものおもい
ペナン:日常ドタバタ
ペナン:日常ごはん
ペナン:コンドミニアム
ペナン:散策・運動
東日本大震災
北海道
東北6県を廻る
東京
名古屋
大阪
京都
沖縄
富士山・伊豆
軽井沢・上高地
立山黒部アルペンルート
足立美術館、出雲大社
三重:伊勢神宮
四国 遍路の旅
有馬温泉、六甲山
岡山:倉敷
阿蘇、内の牧温泉
阿蘇、火の山温泉
久住温泉
佐賀
長崎
山口
未分類
以前の記事
画像一覧

コタ・バルへの旅  (1)

コタ・バルヘヨメと2泊3日の短い旅へ行って来ました。

今月中旬には、やはりマレーシアの東海岸のクアンタンへ行くので、クアンタン旅が済むとマレーシア全土の主な街は行き尽くすことになります。

ただ、現在マレーシア東海岸は雨季真っ只中で、数日前にも降り続く豪雨のため川が氾濫し、沢山の家屋が水害に遭ったり、道路寸断の被害が出たニュースが流れていました。

そして現地コタ・バルで、それを目の当たりにすることになりました。


ではコタ・バルの旅の模様です。

ペナンからファイヤー・フライでコタ・バル空港へ飛びました。

以前、東海岸のレダン島へ車で行った時は、ペナンからコタ・バルの近くの街へ車で横断するのに7時間半(平均時速90Km)かかり、疲れ果てました。
それに比べるとやはり飛行機は早く、1時間で到着します。

お昼頃にグランド・リバー・ビュー・ホテルに着きました。

このホテルはコタ・バルNo1のホテルで、ケランタン川を一望できる絶好のロケーションで文句なしです。
一泊 65USドル。

たまたま宿泊の夜、コタバルの王様が白バイ8台とパトカー5台に守られ、このホテルにやって来られました。(何の用かは??)

ホテル
f0155477_184016100.gif

f0155477_18423859.gif

ロビーは広く、いたるところ格調高い造りです
f0155477_18481157.gif

f0155477_19455656.gif

f0155477_1949558.gif

全てお菓子で作られた高さ3mくらいの家もロビーに・・・(クリスマス用)
f0155477_19534268.gif


東海岸はほとんどがモスリム(マレー系の住人)で、マレー文化が色濃く残りイスラム教徒が大多数です。
そんな街並みを見て歩きました。

ムルデカ広場
イギリスから独立したことを記念して造られた広場(ホテルから徒歩15分)
f0155477_206865.gif

f0155477_2082692.gif


イスラム博物館
「メッカの別館」と呼ばれるイスラム教育の中心だった場所
f0155477_2012493.gif


イスタナ・ハライ・ブサール
昔はケランタン君主の住居として使用されていたが、現在は州の職務を司る所で、立ち入り禁止
f0155477_20194020.gif


イスタナ・ハシャール
昔の王室の宮殿を改装し、王室伝統及び民族博物館として公開
f0155477_20241948.gif


ハンディクラフト博物館
手工芸品を展示販売している所
f0155477_20283851.gif


セントラル・マーケット
今回の旅の見所の一つで、コタ・バルの台所と呼ばれ、東海岸最大級のマーケットで三階建て。
一階が野菜、魚、肉、果物、米等が売られ、360度に広がっています
f0155477_2191571.gif

f0155477_21113536.gif


二階が日用雑貨
f0155477_2114366.gif

f0155477_2116405.gif


三階が衣料品
f0155477_21192586.gif

一階から三階までに数百の店が入り、迷路のようでした。

上記の全ての観光名所が、泊まったホテルから徒歩で10~20分の所にあり便利で、すごく有意義な時間を過ごすことができました。

イスラム色が強いマレーシア東海岸ではコーランの戒律が厳しく、アルコール類はどこにも存在しておらず、街の食堂、屋台、スーパーは当然のごとく、なんとホテルまでもアルコール類は一切ありませんでした。

この街ではビール一杯ありつけませんでした。

この事が事前に分かっていた私は、ペナンからウィスキーを持参していました。

お陰で、持参したウィスキーは格別に美味しく感じました。

明日は、水害状況と仏教寺院巡り等を・・・


by hiriver | 2008-12-07 11:47 | 旅行:コタ・バル
<< コタ・バルへの旅  (2) 終わり 笑っちゃうほど正確です・・・ >>